モデルプレスのインタビューに応じたひめか(C)モデルプレス

“12時間で1億超”北新地No.1キャバ嬢ひめか、注目度急上昇で「日々プレッシャーとの戦い」悲しみ・怒りを乗り越える方法<インタビュー>

2022.10.13 18:00

“北新地No.1”と称されるキャバクラ嬢のHIMEKA(ひめか)が、大阪・なんばHatchにて行われた「FASHION LEADERS 2022」(9月24日開催)に出演し、バックステージでモデルプレスのインタビューに応じた。「まだ満足していない」と常々口にし「伝説を作ってみたい」と目を輝かせて話した彼女が内に秘めている闘志、野望に迫る。

“12時間で1億超”北新地No.1キャバ嬢・ひめか

ひめか(C)モデルプレス
ひめか(C)モデルプレス
現在21歳で、18歳からキャバクラで働き始めているひめかは飲酒ができないにも関わらず、その天性の美貌から、入店後約3ヶ月でNo.1まで一気に上り詰めたことでも話題に。“あざとかわいい”の愛称で知られており、4月に移籍した「CLUB RAISE」では3時間で5300万円を超える売上を達成したほか、約12時間で1億円超えの売上を記録した。

「FASHION LEADERS 2022」でひめかは、大人フェミニンな秋冬コーディネートを着こなし、美脚を披露。多数のモデルが出演する中でNo.1キャバ嬢としてトップバッターを飾り、脚光を浴びて輝きを放っていた彼女が内に秘めている闘志とは?今後の目標についても聞いた。

ひめか「日々プレッシャーとの戦い」

ひめか(C)モデルプレス
ひめか(C)モデルプレス
― ショー出演にあたり事前に準備してきたことや今日の衣装の1番のポイントは何ですか?

ひめか:今日に向けては、服に合わせたポージングを考えていました。ファッションのポイントとしてはスタイルが1番よく見えるようなコーディネートで秋らしさとカジュアルさを意識しています。

― スタイルもすごく良いです!ひめかさんに憧れる女性も多いですが、スタイルキープや肌ケアでこだわっていることはありますか?

ひめか:我慢しすぎないことです。私の場合は1日3食食べてお米も食べます。ただ、飲みものにあまりこだわりがないので、水を飲むようにしています。

ひめか(C)モデルプレス
ひめか(C)モデルプレス
― 最近は本職がモデルの方とも同じステージでランウェイすることが増えたり、雑誌に出演したりと、かなり活躍の幅が広がっていると思います。注目を浴びる機会も増えて、環境の変化を感じますか?

ひめか:すごく感じます。本職はキャバクラですが、モデルの仕事を通じて私のことを知ってくれた方やお店に会いに来て下さる方も増えて、それが1番嬉しいです。モデルとして頑張ることで美意識も必然的に上がるので経験としてもすごく楽しく、自分の中でもスキルアップになったなと感じています。モデルの方々とお仕事をしていると、綺麗な方が多いので刺激になりますし、頑張ろうと余計に思えます。

ひめか(C)モデルプレス
ひめか(C)モデルプレス
― また注目されることで大変なことなどはありますか?

ひめか:注目を浴びることで見られている意識は常にあるので、日々プレッシャーとの戦いです。そのプレッシャーには、自分に自信を持つようにして乗り越えています。

ひめか、新店舗移籍で芽生えた責任感

ひめか(C)モデルプレス
ひめか(C)モデルプレス
― 今年5月には新店舗「CLUB RAISE(クラブ・レイズ)」に移籍し、これまでと違いご自身でお店を管理するという責任が増えましたが、移籍前と比べて大変なことや変化したことは何ですか?

ひめか:移籍前の方が、自分1人との戦いで完全にプレイヤーという意識でしたが、新店舗の方は自分が看板として自分の見え方がお店の見え方になるので、責任感はすごくあります。

「最近あの子出勤してないな」や「ちょっと顔色悪いかな」など働いてくれている全てのスタッフの様子を気に留めるようになりました。移籍前は気にしていなかったですし、気にする必要もなかったことですが、最近は気になった人には声を掛けるようにしています。

ひめか(C)モデルプレス
ひめか(C)モデルプレス
― ひめかさんにとっての原動力は何ですか?

ひめか:良い意味でまだ満足せず、自分にはまだ伸びしろがあるなと思っていることです。今の自分にしかできないことだと思ってお仕事をしているので、後から「もっとこうしておけば良かった」と思わないように日々動いていることが原動力に繋がっているかなと思います。

ひめか、海外留学に興味

ひめか(C)モデルプレス
ひめか(C)モデルプレス
― Instagramを拝見したところ、海外を訪れていたようですが、海外で過ごしたことで心境の変化はありましたか?

ひめか:海外はやはり日本にはない独特の雰囲気や環境があり、すごく面白かったです。まだまだ違う世界があるなと感じたので、いずれ留学をしてみたいなと思いました。行ったことのない国に、今の仕事をやりきって未練がなくなったら、自分の自由な時間を作って行きたいです。

― 具体的にどのようなことに違いや魅力を感じましたか?

ひめか:食べ物や風景など全部が日本と違うので、全てに興味を持ちました。日本にいるよりもリフレッシュ感、休日感を感じることができてすごく良い時間を過ごすことができました。

ひめか、悲しみを乗り越えた方法・叶えたい野望とは

ひめか(C)モデルプレス
ひめか(C)モデルプレス
― ひめかさんのこれまでの人生の中で「悲しみを乗り越えた方法」もしくは「怒りを乗り越えた方法」を教えてください。

ひめか:自分の今の居場所だけが全てではないので、限界が来たら違うことをすれば良いと思います。可能性はほかにもあると思うので、そこに固執、執着しすぎないことが大事です。こだわることも時には必要ですが、自分の限界が来るまで頑張りすぎず、程よく手を抜くことで長続きすると思います。

ひめか(C)モデルプレス
ひめか(C)モデルプレス
― 先程も「まだ満足していない」と仰っていましたが、ひめかさんが今抱いている野望や目標について教えてください。

ひめか:目の前の目標で言ったら、誕生日がもうすぐなので去年を越えたいです。大きな目標だと、年間売上10億円を目指しています!キャバ嬢の中でもこの数字を出した人はいないと思うので、また伝説を作ってみたいなと思っています。

ひめかの夢を叶える秘訣

ひめか(C)モデルプレス
ひめか(C)モデルプレス
― 夢を抱きながらも一歩踏み出せない人もいると思いますが、そのような人に対してひめかさんならどのように言葉をかけて背中を押しますか?

ひめか:やってみないとわからないので「失敗しても良いんだ」という気持ちで「何事も挑戦してみたら良いよ」と声を掛けます。向き不向きは行動してみないとわからないと思います。

私はやってみて「自分に合わないな」と思ったらすぐに諦められるタイプなので、向いていることや楽しいなと思うことに特化して、重く考えずに挑戦します。海外に留学に行くことになったとしても合わないなと思ったらすぐに帰って来られるタイプなので、好きなことではないと続かないです。

― これからのご活躍も楽しみにしています!ありがとうございました。

(modelpress編集部)

ひめかプロフィール

ひめか(C)モデルプレス
ひめか(C)モデルプレス
生年月日:2000年10月27日
血液型:O型
身長:164cm
出身地:兵庫県
趣味:旅行・食べること・ショッピング・アウトドア・ゲーム・アニメ
所属店舗:CLUB RAISE
所属エリア:大阪・北新地
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 今最も注目のキャバ嬢・ひめか、私服も可愛い “1億5千万売上”に大倉士門も驚き「愛されすぎでしょ」<FASHION LEADERS 2022>
    今最も注目のキャバ嬢・ひめか、私服も可愛い “1億5千万売上”に大倉士門も驚き「愛されすぎでしょ」<FASHION LEADERS 2022>
    モデルプレス
  2. “12時間で1億超”北新地No.1キャバ嬢・ひめかがトップバッター 3年ぶり「FASHION LEADERS」開幕
    “12時間で1億超”北新地No.1キャバ嬢・ひめかがトップバッター 3年ぶり「FASHION LEADERS」開幕
    モデルプレス
  3. HIMEKA・三崎優太・みっき~ら出演「FASHION LEADERS 2022」見どころは?
    HIMEKA・三崎優太・みっき~ら出演「FASHION LEADERS 2022」見どころは?
    モデルプレス
  4. “12時間で1億超”北新地No.1キャバ嬢・ひめか、ミニ丈ニットワンピで美脚輝く 投げキッスも<関西コレクション2022A/W>
    “12時間で1億超”北新地No.1キャバ嬢・ひめか、ミニ丈ニットワンピで美脚輝く 投げキッスも<関西コレクション2022A/W>
    モデルプレス
  5. “12時間で1億超”北新地No.1キャバ嬢・ひめか、ピンクコーデでガーリーな魅力放つ<GirlsAward 2022 S/S>
    “12時間で1億超”北新地No.1キャバ嬢・ひめか、ピンクコーデでガーリーな魅力放つ<GirlsAward 2022 S/S>
    モデルプレス
  6. “12時間で1億超”北新地No.1キャバ嬢・ひめか、新たな伝説打ち立てる
    “12時間で1億超”北新地No.1キャバ嬢・ひめか、新たな伝説打ち立てる
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. FRUITS ZIPPER鎮西寿々歌、現在に活きる「天てれ」時代の経験 グループ活動は「怖いものがない」<「TGC熊本」フィッティングに潜入>
    FRUITS ZIPPER鎮西寿々歌、現在に活きる「天てれ」時代の経験 グループ活動は「怖いものがない」<「TGC熊本」フィッティングに潜入>
    モデルプレス
  2. TWS(トゥアス)YOUNGJAE(ヨンジェ)、“1番大きく変わった”メンバーは?原動力となっていることも明かす【モデルプレスインタビュー連載Vol.3】
    TWS(トゥアス)YOUNGJAE(ヨンジェ)、“1番大きく変わった”メンバーは?原動力となっていることも明かす【モデルプレスインタビュー連載Vol.3】
    モデルプレス
  3. 日曜劇場「アンチヒーロー」攻めの演出に込めた思い「世の中に蔓延っている毒の部分をしっかりと描かないことには伝わらない」<飯田和孝Pインタビュー>
    日曜劇場「アンチヒーロー」攻めの演出に込めた思い「世の中に蔓延っている毒の部分をしっかりと描かないことには伝わらない」<飯田和孝Pインタビュー>
    モデルプレス
  4. “ぱるたん”桜庭遥花がアイドルを目指す理由「辛いときに救われた」 現在の心境と強いファンへの想い<超十代2024インタビュー>
    “ぱるたん”桜庭遥花がアイドルを目指す理由「辛いときに救われた」 現在の心境と強いファンへの想い<超十代2024インタビュー>
    モデルプレス
  5. “現役大学生”日向坂46金村美玖、多忙な日々の支えとは?変化するグループへの思いも語る<モデルプレスインタビュー>
    “現役大学生”日向坂46金村美玖、多忙な日々の支えとは?変化するグループへの思いも語る<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  6. 日向坂46小坂菜緒“本気でとりに行きたい”決意の理由 選抜制度に戸惑いつつも「変化が必要」<モデルプレスインタビュー>
    日向坂46小坂菜緒“本気でとりに行きたい”決意の理由 選抜制度に戸惑いつつも「変化が必要」<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  7. TWS(トゥアス)DOHOON(ドフン)、先輩・SEVENTEENからの力になった言葉 夢を叶える2つの秘訣【モデルプレスインタビュー連載Vol.2】
    TWS(トゥアス)DOHOON(ドフン)、先輩・SEVENTEENからの力になった言葉 夢を叶える2つの秘訣【モデルプレスインタビュー連載Vol.2】
    モデルプレス
  8. <iKON・BOBBYインタビュー>活動休止前最後のライブに込めた思いとは 「みんなの顔を覚えておこうと…」
    【PR】<iKON・BOBBYインタビュー>活動休止前最後のライブに込めた思いとは 「みんなの顔を覚えておこうと…」
    株式会社オーヤマ
  9. TWS(トゥアス)SHINYU(シンユ)、SEVENTEEN・S.COUPSの言葉が“道”に【モデルプレスインタビュー連載Vol.1】
    TWS(トゥアス)SHINYU(シンユ)、SEVENTEEN・S.COUPSの言葉が“道”に【モデルプレスインタビュー連載Vol.1】
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事