風男塾(左から)紅竜真咲、香月大弥、神那橙摩、愛刃健水、偉舞喜雅、桜司爽太郎、草歌部宙(C)モデルプレス

風男塾・愛刃健水、苦悩の過去を告白「本当に怖かった」<モデルプレスインタビュー>

2020.03.24 18:00

3月25日に24thシングル「ミュージック」をリリースする男装ユニット・風男塾がモデルプレスのインタビューに応じ、2020年末に卒業を迎える愛刃健水(あいば・けんすい)がこれまでの活動の苦労や思い出を振り返ったほか、メンバーが新曲の注目ポイントなどを語った。

愛刃ほか紅竜真咲(くりゅう・まさき)、草歌部宙(くさかべ・そら)、桜司爽太郎(おうじ・そうたろう)、香月大弥(かつき・だいや)、神那橙摩(かんな・とうま)、偉舞喜雅(いぶき・みやび)の7人からなる風男塾。「人を元気にする」を活動理念に、10~20代の女性を中心に支持を得て、集英社「マーガレット」での漫画化や全日本プロレスとのコラボ、男性ファッション誌へのモデル出演など幅広く活動している。

2020年1月から新メンバー神那、偉舞喜が加入し、新体制で迎える新曲「ミュージック」はポジティブかつキャッチーで、夢に向かって挑戦している人にエールを送る楽曲。愛刃のラストイヤーにふさわしいシングルになっている。

今回は新体制後のグループの変化や、愛刃にこれまでの活動の苦悩や忘れられない出来事を聞いた。

風男塾メンバーのアピールポイントは?

風男塾(左から)紅竜真咲、香月大弥、神那橙摩、愛刃健水、偉舞喜雅、桜司爽太郎、草歌部宙(提供写真)
風男塾(左から)紅竜真咲、香月大弥、神那橙摩、愛刃健水、偉舞喜雅、桜司爽太郎、草歌部宙(提供写真)
― まずはご自身のアピールポイントを一言で教えてください。

愛刃:楽しい空間が一番大好き浪速の優しさ番長、愛刃健水です(笑)。

紅竜:風男塾のヴィジュアル担当なので、一言で言うなら顔が良いです。

草歌部:マイペースなゆるふわ食いしん坊担当、草歌部宙です!

桜司:公式のメンバー紹介文には"リトルプリンス"って書いて頂いてるんです(笑)。体は小さいけどハートは誰よりもでかいと自負してます!包容力と無敵スマイルが武器の爽やか王子(桜司)です!(笑)

香月:見た目はチャラっぽく見られがちだけど、内面は料理好きで割と家庭的で落ち着いているギャップですかね。最近は自家製の燻製機にハマっています。でも、やる時はやるぞとギラギラしてます!

神那:普段の性格とパフォーマンス、俺のギャップでみんなのハート撃ち抜きます。噛めば噛むほど味が出る、スルメスタイル、みんな俺をたくさん噛んでくれー!

偉舞喜:風男塾の中でTHEマイペースでとことん突き詰めて愛するタイプです。ダンスとBIGSMILEは誰にも負けません!!

風男塾、新体制でグループに変化

紅竜真咲(提供写真)
紅竜真咲(提供写真)
― 1月に神那さんと偉舞喜さんを迎え新体制となりましたが、グループの変化は?

紅竜:フレッシュな感じがします。2人が一生懸命俺たちについてきてくれて、グループとしても自分としても初心に戻って「人を元気にする」というモットーをより考えるようになったと思います。

草歌部:メンバーそれぞれがグループというものを改めて意識して、一体感がより強まったのではないのかなと思います。後輩から先輩へと変わっていく姿を見られるのも風男塾の魅力の1つです。2人ともすごく素直で純粋で初心を思い出させてくれつつ、新しい風を吹かせてくれる存在なので、一緒に活動していくことでどんな化学変化が起こるのか楽しみです。

神那橙摩(提供写真)
神那橙摩(提供写真)
― 2人が良い変化をもたらしているようですね。神那さんと偉舞喜さんはグループにどのような印象を抱きましたか?

神那:最初、ライブではなまら(とても)かっこよくて、でもトークでは人を魅了させるほどの面白さでファンのみんなを惹きつけるグループだなと印象を受けました!人見知りの俺を、優しくて面白い兄さんたちが色々引き出してくれて助けられてます。普段もたくさん喋っていつも大笑いしてます!!!!

偉舞喜雅(提供写真)
偉舞喜雅(提供写真)
偉舞喜:加入前はステージ姿の風男塾を見ていたのでライブはすごく熱くてパワーをもらえる、そしてトークでは1人ひとりのキャラが強くて面白いという印象でした。加入してメンバーと一緒に過ごすことが増えてからは、ステージで見てた人たちとは全然違うギャップが面白いです(笑)。特に宙くんはステージ上ではお淑やかゆるふわキャラで、あまりガンガン喋る感じではないですが、普段だと1人でずっと喋っていていつも「え、みんな、無視?」と言ってます(笑)。メンバーの雰囲気を和ませてくれて、俺のツボでもある宙くんの存在は大きいです!!

愛刃健水「本当に怖かった」過去を告白

愛刃健水(提供写真)
愛刃健水(提供写真)
― 新体制の一方で、グループを長く支えてこられた愛刃さんは卒業を控えていますが、これまでの活動で苦労したことや、忘れられない思い出を聞かせてください。

愛刃:9年目になるので、ほぼ全ての感情を風男塾では見せてきたと思います。加入してから3年間くらいは振り返ることもせずひたすら前を見て必死で頑張りました。自分のキャラクターが何なのか、ずっと分からずやっていた時期でもありましたので、今映像を観ると必死すぎて面白いです(笑)。昔は緊張に自分が勝てない時とかがあって本当に怖かったです。でも、それを支えてくれたのもファンのみなさんなので、今は良い意味で自由に楽しくステージに立てています。心に残ってる場面は、初めて野音(日比谷野外大音楽堂)に立った時です。夢が叶ったって改めて思えた瞬間でした。今でもあの光景は忘れられません。

風男塾、男装へのこだわり明かす

香月大弥(提供写真)
香月大弥(提供写真)
― それでは新曲「ミュージック」の注目ポイントを教えてください。

香月:明るくキャッチーで世代を問わず、心に響く魅力があると思います。サックスを混えた爽やかでハツラツとした音に対し、歌詞が切なく、でも1本芯を持った強さが感じられて励まされる楽曲です。この楽曲が聴いてくださる方にとって、「寄り添ってくれる『ミュージック』」になりますように。

桜司爽太郎(提供写真)
桜司爽太郎(提供写真)
― MVでは誰もが踊りやすいように作られたという“タクトダンス”が特徴的でした。撮影エピソードについて聞かせてください。

桜司:とにかく風男塾らしい"人を元気にする"というモットーに沿った明るくて可愛いMVだと思います。メンバーのはじける笑顔につられて笑顔になってしまうような内容です。個人的には、みんなで巨大な恐竜に追いかけられるシーンがすっごい楽しかったです!(笑)7色のメンバーカラーの衣装が映える白バックで撮ったダンスシーンも見どころの1つです!

紅竜:MV本編はバッチリかっこよく決めましたし、今回はリップシングバージョンもあり、メンバーそれぞれのいろんな個性豊かな表現にも注目していただきたいです。メイキングも、たくさん撮りました。トータルしてかっこいい俺たち、可愛いとこだったり、面白いとこだったり、いろんな姿を見ていただけると思います。

草歌部宙(提供写真)
草歌部宙(提供写真)
― 今回も爽やかにパフォーマンスする皆さんが印象的でしたが、男装する際のこだわりやポイントは?

草歌部:外見で言うと眉毛はすごくポイントになります。少し太く濃いめに描くことでキリッとしてくると思います。

愛刃:特にこだわりはないですけど、衣装や曲によって表情やパフォーマンスの仕方を変えています!

風男塾の夢を叶える秘訣

風男塾(左から)紅竜真咲、香月大弥、神那橙摩、愛刃健水、偉舞喜雅、桜司爽太郎、草歌部宙(C)モデルプレス
風男塾(左から)紅竜真咲、香月大弥、神那橙摩、愛刃健水、偉舞喜雅、桜司爽太郎、草歌部宙(C)モデルプレス
― 最後に夢に向かって頑張っている読者に向け、夢を叶える秘訣を教えてください。

愛刃:夢を叶える過程が俺は大事だと思います。結果がどうであれそこに向かっている気持ちを一番大切にしてほしいです。自分も目標を決めて頑張っていますけど、ゴールだけ見てるとしんどい時が多いこともあります。向かっている時に途中で見つかるものもたくさんあると思いますし、コツコツ頑張れば必ず結果は出ます!と、俺もそう信じてます。一緒に頑張りましょう!

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

風男塾 24th Single「ミュージック」(3 月 25 日リリース)概要

・初回限定盤 A(CD+DVD)

【CD】
1.ミュージック
2.No one’s gonna stop us now

【DVD】
1.ミュージック MUSIC VIDEO
2.ミュージック MUSIC VIDEO(Lip-sync ver.)

・初回限定盤 B(CD+DVD)

【CD】
1.ミュージック
2.No one’s gonna stop us now

【DVD】
ミュージック MUSIC VIDEO メイキング映像

・通常盤(CD)

【CD】
1.ミュージック
2.No one’s gonna stop us now
3.ココア・パンケーキ・べイビー
+上記 3 曲 Instrumental

風男塾(ふだんじゅく)プロフィール

「人を元気にする」を活動理念とする男装アイドルユニットで、2008年9月にシングル「男坂」にてデビュー。日本のみならずアジアでCDデビューしたほか、2017年には東京・日比谷野外大音楽堂でワンマンライブを実施するなど、10~20代の女性を中心に圧倒的な支持を得ている。

集英社「マーガレット」での漫画化や全日本プロレスとのコラボ企画、男性ファッション誌のモデルを行うなどジャンルを問わずに幅広く活動。2020年1月には神那橙摩偉舞喜雅が加入して新体制となり、3月25日に24thシングル「ミュージック」をリリースする。
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 地下アイドル界一のビジュアル・月埜ヒスイ、水着姿でため息が出る“美ボディ”披露
    地下アイドル界一のビジュアル・月埜ヒスイ、水着姿でため息が出る“美ボディ”披露
    モデルプレス
  2. 藤原大祐、学校ではモテる?好きな女の子のファッションは?20の質問で素顔に迫る
    藤原大祐、学校ではモテる?好きな女の子のファッションは?20の質問で素顔に迫る
    モデルプレス
  3. アイドルグループ・カメトレ真田真帆、初水着グラビアでたわわバストあらわ
    アイドルグループ・カメトレ真田真帆、初水着グラビアでたわわバストあらわ
    モデルプレス
  4. ドラマ初出演の藤原大祐 竹下通り片道で4回スカウトされる武勇伝
    ドラマ初出演の藤原大祐 竹下通り片道で4回スカウトされる武勇伝
    モデルプレス
  5. 「R-1ぐらんぷり2020」野田クリスタルが優勝 異例の無観客開催は「やりやすい」
    「R-1ぐらんぷり2020」野田クリスタルが優勝 異例の無観客開催は「やりやすい」
    モデルプレス
  6. 現役成城大生・志田音々、迫力バスト&抜群プロポーションに釘付け
    現役成城大生・志田音々、迫力バスト&抜群プロポーションに釘付け
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 伊藤万理華「これが最後の作品でもいいや」衝撃の2日間 乃木坂46デビューから10年…気がついた“表現×コミュニケーション”の関係
    伊藤万理華「これが最後の作品でもいいや」衝撃の2日間 乃木坂46デビューから10年…気がついた“表現×コミュニケーション”の関係
    モデルプレス
  2. 乃木坂46田村真佑、前向きになれた久保史緒里からの言葉 “卒業”への思いと先輩から受け継ぐ姿勢<「たぶんこれ銀河鉄道の夜」インタビュー>
    乃木坂46田村真佑、前向きになれた久保史緒里からの言葉 “卒業”への思いと先輩から受け継ぐ姿勢<「たぶんこれ銀河鉄道の夜」インタビュー>
    モデルプレス
  3. 「silent」スタイリストに聞いた 紬(川口春奈)が想(目黒蓮)のために着た“新しいスカート”秘話・リアリティを追求した裏設定&色使いに迫る<インタビュー>
    「silent」スタイリストに聞いた 紬(川口春奈)が想(目黒蓮)のために着た“新しいスカート”秘話・リアリティを追求した裏設定&色使いに迫る<インタビュー>
    モデルプレス
  4. “憧れ”コムドットに宣戦布告?カップルYouTuber「かけまる」が企画打ち出す ばんばんざい・レイクレら豪華な交流関係にも密着<モデルプレスインタビュー後編>
    “憧れ”コムドットに宣戦布告?カップルYouTuber「かけまる」が企画打ち出す ばんばんざい・レイクレら豪華な交流関係にも密着<モデルプレスインタビュー後編>
    モデルプレス
  5. NCTドヨン「一緒に居れば良い」グループの絆 ジョンウとのやりとり&日本語を勉強する理由とは
    NCTドヨン「一緒に居れば良い」グループの絆 ジョンウとのやりとり&日本語を勉強する理由とは
    モデルプレス
  6. ツンデレ彼女×デレ彼氏カップルYouTuber「かけまる」って何者?交際4年目に訪れた破局の危機&親の反対を押し切って掴んだ“夢”に迫る<モデルプレスインタビュー前編>
    ツンデレ彼女×デレ彼氏カップルYouTuber「かけまる」って何者?交際4年目に訪れた破局の危機&親の反対を押し切って掴んだ“夢”に迫る<モデルプレスインタビュー前編>
    モデルプレス
  7. LE SSERAFIM、“初カムバック”の反響に「不思議な気持ち」来日してやりたいことは?<「CDTV」インタビュー>
    LE SSERAFIM、“初カムバック”の反響に「不思議な気持ち」来日してやりたいことは?<「CDTV」インタビュー>
    モデルプレス
  8. 「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」主演パク・ウンビンに聞く「夢を叶える秘訣」モデルプレスインタビュー
    「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」主演パク・ウンビンに聞く「夢を叶える秘訣」モデルプレスインタビュー
    モデルプレス
  9. Snow Man目黒蓮、俳優業との向き合い方とソロ活動への想い「泣きながら現場に行くこともあった」<「月の満ち欠け」インタビュー>
    Snow Man目黒蓮、俳優業との向き合い方とソロ活動への想い「泣きながら現場に行くこともあった」<「月の満ち欠け」インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事