朝比奈彩、パーフェクトスタイルへ必要なこと&“9頭身”の思わぬ悩み告白 モデルプレスインタビュー

0
“9頭身”のパーフェクトボディを活かし、モデルにグラビア、タレントや女優とマルチに活躍する朝比奈彩。3日には2nd写真集「AYA」を刊行するなど、その勢いは留まることを知らない。今回、写真集撮影のエピソードから、9頭身ボディへ思うことなどを語ってもらった。(前編)
朝比奈彩(C)モデルプレス
朝比奈彩(C)モデルプレス

朝比奈彩、写真集撮影のためにお尻を強化

朝比奈彩(C)モデルプレス
朝比奈彩(C)モデルプレス
― 2nd写真集の発売、おめでとうございます!

朝比奈:ありがとうございます。

― 写真集では水着も披露されていますが、撮影のために行った体づくりなどはありますか?

朝比奈:普段から運動はしていたのですが、写真集の撮影が決まった半年前ぐらいから、週1回ヒップアップジムに通い75kgのバーベルを腰で上げたり、家でもトレーニング用のゴムを使ってお尻のトレーニングをしました。ビーナスのえくぼを作りたかったのと、お尻をプリっとさせるように努力したので、そこにも注目していただけたら嬉しいです。

※ビーナスのえくぼ…腰にできるくぼみ

― そうなんですね。ご自身的には100点のボディで撮れました?

朝比奈:完璧とは言い切れないかもしれませんが、頑張ったので今の自分のベストだったと思います。健康的な体づくりを意識したのと、なるべく自然体で自分の魅力を最大限に出せるようにと心がけました。お尻がプリっとしていたらかっこいいなと思い、お尻を中心に鍛えて撮影しました。

朝比奈彩、ボディへの課題

朝比奈彩(C)モデルプレス
朝比奈彩(C)モデルプレス
― なるほど。まだご自身のなかでパーフェクトではない?

朝比奈:そうですね!まだまだですよ(笑)。見た目だけじゃなくて動ける体をつくりたくて、シックスパックとかもカッコいいですが、今は全体のバランスを意識して、運動した時に使える筋肉をつけていきたいですね。上半身を鍛えて懸垂をできるようにしたり、体幹をしっかりと鍛えて、体をすべての軸で支えられるようになりたいです。

― 課題はまだあると。

朝比奈:はい。学生時代に陸上を10年やってたので足の筋肉はしっかりついているんです。全体を見てもらってるトレーナーさんに筋肉測定をしてもらったとき、下半身がオリンピック選手並みの筋肉だと言われました(笑)。それとは逆に腕の筋肉が弱くて、一般女性と同じくらいと言われたんです。だから、上半身の筋肉を使う腕立てや懸垂が苦手だったので、今はそこを重点的にトレーニングしてます。

― 陸上をやっていた当時、脚の筋肉はどれくらいついていたんですか?

朝比奈:ボンって膨れ上がってる感じでした。いまは当時に比べてだいぶ落ちていますけど、力を入れるとしっかりと残っています。

― ご自身的にこれからも筋肉は残していく?

朝比奈:ファッション誌などでモデルさんを見たときに、綺麗に筋肉が付いている方が好きなんです。だから私もそういう体型を目指して頑張っています!

朝比奈彩、9頭身ならではの悩み

朝比奈彩(C)モデルプレス
朝比奈彩(C)モデルプレス
― 9頭身と呼ばれてから約3年経ちましたが、改めてこのキャッチフレーズをどう思います?

朝比奈:「9頭身といえば…」って覚えてくださっている方も多いと思うので、ありがたいです。

― その一方でプレッシャーもあるんじゃないですか?

朝比奈:プレッシャーは感じますね、実際に会って違う!と言われないようにいつも姿勢を正して頑張っています(笑)。グラビアに出させていただく時、9等身をいかそうとしてくださり、自然と全身の写真が多いような気がしますね。

― 9頭身ならではの悩みですね。確かに脚が一番手前にあって、顔が一番奥に映ってるカットを見たことがあります。

朝比奈:そうです、そうです(笑)!9等身を強調しようとすると、顔が一番奥になる構図とか、全身を撮ってくださる方々も多いので、もちろんありがたいことなんですけど、もうちょっと顔も大きく写ったらなって思うときもありますね(笑)。

― そう思うと今回の写真集の表紙は、顔オンリーですね!

朝比奈:そうなんです!顔だけっていうのは自分的には新鮮で、表現するのは難しかったのですが、頑張ったので注目してもらえたらうれしいですね。

朝比奈彩、2nd写真集はどんな仕上がりに?

朝比奈彩(C)モデルプレス
朝比奈彩(C)モデルプレス
―― 1st写真集のときの表紙は顔が半分くらい隠れていたので、今回の「私が朝比奈彩です!」って感じもいいですね。

朝比奈:ありがとうございます(笑)。私もとても気に入っています。自分で言うのは少し恥ずかしいのですが、最高の出来だと思います!前回はタイの町や海でしっとりとした感じでしたが、今回の雰囲気はガラリと変わって明るい感じに日常感が加わり、生の自分がたっぷり出ていると思います。

― 開放的な写真も多いですよね。

朝比奈彩:はい。去年の夏にハワイで撮影しました。ハワイ自体が始めてですごく楽しみだったんです。両親が結婚式を挙げた場所がワイキキビーチで、その時の写真が実家のリビングに飾られていたんですね。それで行ってみたいという願望をずっと持ってたので、同じ場所で撮影が出来たときは本当に感動しました!小さい頃からずっと見てた景色が現実になることってあんまりないと思うので嬉しかったですね。

― おぉ~!ご両親に報告しました?

朝比奈:しました!やっぱりワイキキは両親の結婚写真のイメージが強かったので、お土産に写真立てを買ってプレゼントしました。

― 素敵ですね。ちなみに撮影日数は?

朝比奈:3泊5日で行きました。海や山など自然の中で撮影することも多くて、特にダイヤモンドヘッドの近くの岩場で撮影した写真は印象的なものになりました。

朝比奈彩(C)モデルプレス
朝比奈彩(C)モデルプレス
― お気に入りの一枚?

朝比奈:はい。岩場をあがったところが、海の青と空の青、そこに流れる白い雲がすごく綺麗で、そんな中で赤い水着を着て撮影をしたんです。その場所に赤がすごく映えて…なんていえばいいんだろう、とにかく誌面を見ていただきたいです(笑)!

― 楽しみにしてます。写真集を見た周囲の反応はいかがでした?

朝比奈:母親に写真を見てもらったら、「地元にいたときのような素の表情」って言ってもらえました。全体を通して、作ってるというより、本当に笑っていたり、ぼーっとしている姿だったり、ふとした瞬間の表情だったり、日常っぽい私が多くなっていると思います。

― 楽しい時間でした?

朝比奈:めちゃくちゃ楽しかったです(笑)。

朝比奈彩(C)モデルプレス
朝比奈彩(C)モデルプレス
<後編へ続く>

(modelpress編集部)

朝比奈彩(あさひな・あや)プロフィール

朝比奈彩(C)モデルプレス
朝比奈彩(C)モデルプレス
生年月日:1993年10月6日
出身地:兵庫県洲本市(淡路島)
身長:171cm
趣味:映画鑑賞、料理、ロードバイク、ボクシング、ボルダリング、陸上
特技:陸上(100m12秒8/県大会ベスト8)
走り幅跳び(5m30㎝)

2014年10月13日に「第3回DHCシンデレラアワード」グランプリ。同年11月に「14代目三愛水着イメージガール」に選出され、女性誌の専属モデル加入。現在は
「Oggi」「andGIRL」「美的」「GQJAPAN」など幅広く出演している。

バラエティ番組やグラビアとしても精力的に活動を行い、2017年8月にAmazonオリジナルドラマ「東京アリス」で女優デビュー。2018年には、関西テレビのオムニバスドラマシリーズ「大阪環状線 Part3 ひと駅ごとのスマイル」の寺田町駅編「宇宙のタコヤキ」にてドラマ初主演を務める。Instagramアカウント@asahina_aya
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 朝比奈彩、パーフェクトスタイルへ必要なこと&“9頭身”の思わぬ悩み告白 モデルプレスインタビュー
今読んだ記事

朝比奈彩、パーフェクトスタイルへ必要なこと&“9頭身”の思わぬ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事