日本デビュー決定の【NCT 127】とは?3つの“ここがスゴイ”&9人の個性を解説 モデルプレスインタビュー<前編>

【NCT 127/モデルプレス=11月21日】BoA、東方神起、少女時代らが所属するS.M.ENTERTAINMENTから昨年韓国デビューをした9人組ボーイズグループ・NCT 127(エヌシーティーイチニナナ)が来春、日本でもデビューすることが発表された。「SMTOWN LIVE」や「a-nation」など、日本でのライブ経験もあり、すでに多くのファンがついていることもあって、まさに“待望”のデビュー。発表とともに公開された「Limitless」日本語バージョンのミュージック・ビデオも熱い勢いで、注目の高さをうかがわせる。そんな彼らがモデルプレスに登場。しかも今回が日本のWEB媒体の取材を受けるのが“初”という、貴重なインタビューをお届けする。
NCT 127 (下段左から)ドヨン、マーク、テヨン、ジェヒョン、ヘチャン(上段左から)テイル、ユウタ、ウィンウィン、ジャニー(C)モデルプレス
NCT 127 (下段左から)ドヨン、マーク、テヨン、ジェヒョン、ヘチャン(上段左から)テイル、ユウタ、ウィンウィン、ジャニー(C)モデルプレス

目次

  1. NCT 127とは?
  2. NCT 127のここがスゴイ【1】メンバーが多国籍
  3. NCT 127のここがスゴイ【2】楽しい練習から作り出すステージ
  4. NCT 127のここがスゴイ【3】9人それぞれが違った魅力
  5. 個性派揃いの9人。それぞれどんな人?

NCT 127とは?

NCT 127(提供写真)
NCT 127(提供写真)
グループ名の“NCT”は“Neo Culture Technology”の頭文字を取ったもの。“開放と拡張”をグループテーマとし、日本、韓国、中国、アメリカ、カナダ、タイなど、多様な国籍で構成されるメンバーから、コンセプトごとに活動メンバーを選抜するスタイルをとっている。


その中でもNCT 127は、韓国ソウルを拠点とし、多国籍なメンバーによってグローバルな展開をすることをコンセプトとしている。現在はテイル、ジャニー、テヨン、ユウタ、ドヨン、ジェヒョン、ウィンウィン、マーク、ヘチャンの9人で活動をしていて、“多国籍”と銘打つだけに、日本人のユウタをはじめ、ジャニーがアメリカ、ウィンウィンが中国、マークがカナダ、他は韓国と5ヵ国の国籍の違うメンバーが集まっている。

NCT 127のここがスゴイ【1】メンバーが多国籍

そんなNCT 127のメンバーにまずは自己紹介がてら、自分たちの「ここがスゴイ!」という3つのポイントを挙げてもらった。

NCT 127 (C)モデルプレス
NCT 127 (C)モデルプレス
テヨン:1つ目は“メンバーが多国籍”ということです。それぞれの国の文化や言語について一緒にいて自然と学べるので教養が深められます。

ユウタ:それから、レコーディングのときとか、例えば今回の「Limitless」の日本語バージョンで言うと、僕が日本語の発音をチェックしてあげたり。「つ」を「ちゅっ」って発音してしまったり、韓国の人が苦手とする発音があるんですね。それをメンバー同士で教え合ったりすることができます。それとおなじように、中国で何かがあればウィンウィンがその役をやってくれますし、英語のときはジャニーやマークが教えてくれたり、それぞれの足りないところをお互いに補い合えるというのがいいと思います。

NCT 127のここがスゴイ【2】楽しい練習から作り出すステージ

NCT 127/「NCT 127 The Introduction “connect”」より(左から)マーク、ジョニー、テイル、ジェヒョン、ユウタ、ウィンウィン、ドヨン、テヨン、ヘチャン(提供写真)
NCT 127/「NCT 127 The Introduction “connect”」より(左から)マーク、ジョニー、テイル、ジェヒョン、ユウタ、ウィンウィン、ドヨン、テヨン、ヘチャン(提供写真)
テイル:2つ目はステージじゃないかな。僕たちはいつも長い時間をかけて練習をしています。段取りもみんなで合わせてやっているので、それをステージの上で見せるときは“スゴイ”ものになっていると思います。正直に言うと、練習が大変だって思うことはありますけどね(笑)。

テヨン:当然、練習は大変なんですけど、僕たちはいつも楽しい雰囲気でやっているんです。だからその成果がステージでも出ていると思いますし、何より頑張って練習をすれば、それだけステージでもいいパフォーマンスができますからね。

マーク:僕たちのパフォーマンスはそのときの楽曲によって変わってくるんです。それぞれの曲に合うような表現をすることを常に意識しています。だからいつもおなじ雰囲気ではなくて、曲によって表情や動きも違ってくるので、観る人には楽しんでもらえると思います。

日本単独イベント「NCT 127 The Introduction “connect”」のレポートはこちら


NCT 127のここがスゴイ【3】9人それぞれが違った魅力

テイル:3つ目は“メンバーそれぞれがスゴイ”ことだと思います(笑)。各々に違った魅力を持っていますから。なので僕たちNCT127は、この9人が集まることで“スゴイ”チームになっていると思います!

ユウタ:それぞれ国や文化が違ったり、育ってきた環境が違ったりするので、9人全員が理解し合うってことは簡単ではないんですけど、その分、理解し合えたときには、強い絆が生まれるんですね。そういうところが僕らのすごいところかな、って思います。

個性派揃いの9人。それぞれどんな人?

「それぞれに違った魅力を持っています」という9人。宿舎で共同生活もしているだけに、お互いをよく知っているメンバー同士で、この日座っていた席順でのリレー形式の他己紹介もしてもらった。

<ジェヒョン/JAEHYUN>

生年月日:1997年02月14日
出身:韓国
特技:ラップ、ピアノ

ヘチャン:ジェヒョン兄さんは見てわかるように、とても肌が白くてキレイなんですけど、その肌とおなじくらい、心も白く清らかな人です。僕とジェヒョン兄さんはルームメイトでもあるんですけど、ジェヒョン兄さんが寝なくちゃいけないときに、僕がなにかをやっていたりすると、電気を消さずに寝てくれたり。そうやって常に僕を気づかってくれています。

ジェヒョン:(笑)。でも反対にヘチャンが気づかってくれていることもたくさんあるよ。

<マーク/MARK>

生年月日:1999年08月02日
出身:カナダ
特技:ラップ、ダンス、ギター

ジェヒョン:マークは本当に限りなく、常に成長を遂げている人です。どこまで成長できるのか、すごく期待ができます。出会ってから特に成長したところと言うと、たくさんあるんですけど……愛嬌ですかね(笑)。

<ユウタ/YUTA>

生年月日:1995年10月26日
出身:日本
特技:ダンス、サッカー

マーク:ずっと思っていたことなんですが、ユウタ兄さんはNCT 127に絶対に必要な人です。オープンな性格で、とっても楽しくて、カッコ良くて、温かい気持ちを持っています。誰に対してもそうなので、みんながすごく親しみを持っていますね。特に日本での活動のときには、いつも以上に僕たちや、周りの人たちのことを気づかってくれるので、とても助かっています。それから、学びたいことがあれば、なんでも一生懸命学ぶというところもあります。

ユウタ:(マークに)美味しいものをご馳走するね(笑)。

<ドヨン/DOYOUNG>

生年月日:1996年02月01日
出身:韓国
特技:フルート、ピアノ

ユウタ:歌を聴いてもらったらすぐにわかるんですけど、この美声ですよね。それと、チームの中ではテヨンがリーダーなんですけど、ドヨンはお母さん的な存在で僕たちを支えてくれていると思います。まとめるのはリーダーなんですけど、そこを補ってくれるんです。テヨンがお父さんで、ドヨンがお母さんで、僕らは子供みたいな。僕らはいつも2人から怒られてばかりなので、気を付けないといけないですけど(笑)。

<テヨン/TAEYONG>

生年月日:1995年07月01日
出身:韓国
特技:ラップ、ダンス

ドヨン:テヨン兄さんはリーダーとしての責任感がすごく強くて、メンバーを引っ張って行こうといつも努力してくれているのでとても感謝しています。それから、ステージの上でのパフォーマンスもメンバーとして学ぶべき点があるな、と思っているので、僕はよくモニターでチェックしています。

<ジャニー/JOHNNY>

生年月日:1995年02月09日
出身:アメリカ
特技:DJ、ピアノ

テヨン:ジャニーは見ての通り、スタイルがモデル並みですよね。あとはドヨンとおなじように、僕のことをすごく気づかって配慮してくれます。ときどき僕がストレスを溜めてしまったり、心を閉ざしてしまったりすることがあると、僕の心を開こうとしてくれたり、すごく助けてくれるんです。だからチームの中ではたくさんの役割を果たしてくれている、そんな“友達”です。

<テイル/TAEIL>

生年月日:1994年06月14日
出身:韓国
特技:ギター

ジャニー:本当に美しい声を持っていますよね。だからステージの上で歌っているときの姿を見ると、誇らしい気持ちになります。それから性格は、これはみんな共感していると思うんですけど、テイル兄さんと一緒にいると、楽しくて、幸せになります。そうやって友達としての姿も見せてくれますし、やっぱりチームでは一番年上のお兄さんなので、そういった姿も見せてくれます。本当に素敵な人です。

<ウィンウィン/WINWIN>

生年月日:1997年10月28日
出身:中国
特技:中国伝統舞踊

テイル:まずすごくイケメンですよね。それから、性格的には純粋なところがたくさんあります。一緒にいると楽しいです。あと、ちょっといたずらをしたくなってしまう、構いたくなるタイプなんですよ。そのうえ僕たちがそうやって構っても、ウィンウィンはちゃんと受け止めてくれるんですね(笑)。だから、ウィンウィンが1人いることによって、チームの雰囲気が和気あいあいとして明るくなります。

<ヘチャン/HAECHAN>

生年月日:2000年6月6日
出身:韓国
特技:ピアノ

ウィンウィン:ヘチャンはすごい人です。考え深いので、たくさんのことを考えていますし、チームの末っ子ではあるんですけど、お兄さんみたいなところもあります。それから、やりたいことがあるとそっちの方向に向かって努力を惜しまない人です。例えば、ダンスも歌も上手になりたい、って思ったら、そのために一生懸命努力をして上手くなる人です。

―――“多国籍”グループの強みをいかして、取材当日はユウタが通訳兼として大活躍!インタビューでもいろんなメンバーが答えられるように、質問を回したりと、気を配っていた。そんな様子も含めて、初の日本語レコーディングや、先日行われた日本で初の単独イベントでのエピソードはインタビュー後編で。※あす22日正午配信予定(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 日本デビュー決定の【NCT 127】とは?3つの“ここがスゴイ”&9人の個性を解説 モデルプレスインタビュー<前編>
今読んだ記事

日本デビュー決定の【NCT 127】とは?3つの“ここがスゴイ”&9人…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事