池田エライザ“限界ギリギリ”のスタイルキープ法、「青春しました!」夏の思い出とは?

モデルで女優の池田エライザが3日、さいたまスーパーアリーナにて開催されたファッションフェスタ「第23回 東京ガールズコレクション2016 AUTUMN/WINTER」(以下TGC)に出演。バックステージでモデルプレスのインタビューに応じた。
モデルプレスのインタビューに応じた池田エライザ(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた池田エライザ(C)モデルプレス
「CECIL McBEE」ステージではクールにランウェイを闊歩し、会場の視線を釘付けに。唯一無二の存在感を放っていた。

― 今回のファッションのポイントを教えて下さい。

池田:足元とトップにファーを取り入れて秋らしく。ワイドブームは止まらないですね。このワイドデニムは足の甲までかかる丈なのでヒールに合わせやすいです。トレンド且つ定番を取り入れたおしゃれで失敗しないスタイルです。

「TGC2016A/W」に出演した池田エライザ(C)モデルプレス
「TGC2016A/W」に出演した池田エライザ(C)モデルプレス
池田エライザ(C)モデルプレス
池田エライザ(C)モデルプレス
― この秋冬で気になるトレンドはありますか?

池田:今年は赤みの強いブラウンのアイテムが多いですね。同系色で合わせるのもいいですが、シルバーやゴールドで遊ぶのもいいなと思います。それから、いつもロングコートが多いので、ショート丈のジャケット、ライダースもたくさん着たいです。

― もう秋服アイテムは買いましたか?

池田:いっぱい頼みました!ニット、ロングスウェット、ロングスカートはもう買いました。派手なブランドにも挑戦して色を取り入れていきたいです。

― 美容のために日頃心がけていることはありますか?

池田:敏感肌なので、代謝をよくしたり、体内に溜まっているものを外に流してあげたり、水をたくさん飲んだりなど、内側から整えるようにしています。自分のリズムを一定にしてあげて、自分のペースを乱さないようにすることかな。

― スタイルキープについてはいかがですか?

池田:泳いでいます!死にそうになるまで(笑)。前は、映画のために訓練で泳いでいたんですが、最近は2週間に1~2回のペースで泳いでいます。「もう疲れた!立つのもしんどい!」ってなるくらいまで泳いじゃいます。体を動かすことで、いろんな部分のバランスを直してあげて、筋肉をつけるというよりは、体がしなやかになるように心がけています。

池田エライザ(C)モデルプレス
池田エライザ(C)モデルプレス
― この夏の思い出を教えて下さい。

池田:映画とドラマを撮っていたので、芝居づくしでした。今年もまだたくさん残っているので、芝居づくしな2016年になると思います。これからも、もっとお芝居をやっていきたいです!

― 映画でいうと、土屋太鳳さん主演の『トリガール!』(2017年秋公開予定)の撮影をされていたんですよね?

池田:そうですね。ラブコメですし、テンポよく撮影も進んだので、ひたすらちょけてましたね(笑)。あまり肩を張らず、みんなで全力でおもしろいことをやりました。でもなぜか泣ける作品なので、私にとっては青春だったなと思います。夏は青春しました!みんなもきっと楽しい思い出になったと思います。

― 映画やドラマと作品が続いていますね。ご自身で“女優・池田エライザ”をどう評価していますか?

池田:自分では成長できているか、まだわからないですね。周りの方に判断してもらうことかなとも思います。でも「あ、この時こんなにダメだったんだな」って自分で思えるようになったら、それが成長なのかな。今はたくさんインプットして取捨選択をして、それが個性や成長につながればと思っています。

池田エライザ(C)モデルプレス
池田エライザ(C)モデルプレス
― 今年中にやっておきたいことはありますか?

池田:今やっていることが楽しいし、やりたいことを出来ています。今年残りも、いろんなジャンルの作品に携われるので、それを全力で楽しめたら勝ちだなって思います。

― 今後挑戦したい作品や役柄はありますか?

池田:ラブコメだったり、コメディ調が多かったんですけど、シリアスな役もいいですね。なんでも来いです!やらせていただけるのであれば。やらせていただけることは全力でやるので、何の偏見もなしに出来ればいいなと思います。ハーフだからということも関係ないと思いますし、日本に住んでいるから、その壁は壊したいなって思います。もちろんハーフであることに誇りを持っているのでそういった役も大歓迎です!

― ありがとうございました。

池田エライザ(C)モデルプレス
池田エライザ(C)モデルプレス
(modelpress編集部)

池田エライザ(いけだ・えらいざ)プロフィール

生年月日:1996年4月16日
出身:福岡県
Twitter・Instagram:@elaiza_ikd

2009年に数々の女優・トップモデルを輩出してきたニコラモデル・オーディションで1万4000人の中からグランプリを受賞、同誌の専属モデルとしてキャリアをスタートさせる。その翌年には『ニコラ』の表紙を飾り、一躍人気モデルの仲間入りを果たした。2013年5月号を持って同誌を卒業、同年6月より『CanCam』の専属モデルに。“自撮りのカリスマ”としても知られ、Twitterフォロワー数は36万人を超える(2016年9月6日現在)。

女優としては2015年、映画『みんな!エスパーだよ!』でヒロインに抜擢され、同年TBSドラマ『JKは雪女』に出演。今年も映画『オオカミ少女と黒王子』、フジテレビドラマ『SHIBUYA零丁目』などで存在感を発揮。2017年秋公開予定の映画『トリガール!』を控える。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 池田エライザ“限界ギリギリ”のスタイルキープ法、「青春しました!」夏の思い出とは?
今読んだ記事

池田エライザ“限界ギリギリ”のスタイルキープ法、「青春しまし…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事