“ちょっと成長した古川雄輝”をお届け 6年越しの念願叶う「大パニックですよ」 モデルプレスインタビュー

【古川雄輝/モデルプレス=3月24日】俳優の古川雄輝(28)が、モデルプレスのインタビューに応じた。3月25日~4月10日まで、世田谷パブリックシアターにて主演舞台「イニシュマン島のビリー」が上演。古川にとって、約2年ぶりとなる舞台。フジテレビ系月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」、映画「ライチ☆光クラブ」など、多彩な作品で全く違う顔を見せてきた古川が、次に演じるのはハリウッド映画への出演を夢見て、島を飛び出す主人公だ。身体にハンディキャップを抱え、アイルランドの孤島に暮らす17歳の少年を、初々しく演じていく。
モデルプレスのインタビューに応じた古川雄輝(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた古川雄輝(C)モデルプレス
同舞台は、1996年に初演されたマーティン・マクドナーの悲しくも切ないブラック・コメディ。2014年には、ダニエル・ラドクリフ主演でブロードウェイでも上演された傑作。森新太郎監督が演出を務め、共演には鈴木杏、柄本時生、山西惇、江波杏子とそうそうたる面々が名を連ねる。

常に冷静な古川だが、今回の舞台には「緊張しています」と何度も口にした。今回のインタビューでは、その胸の内にさらに迫っていく。

2年ぶり挑戦に「緊張」



― 2年ぶりの舞台ということですが、心境を教えて下さい。

古川:あまり慣れていないので、舞台の現場というだけで緊張します。色々な作品に出演させていただく際、「プレッシャーはありますか?」とよく聞かれ「あまり感じないです」と答えることが多いんですが、今回はとても感じています。主演だし、共演者も実力派の方々ばかりなので。本読みの段階で、本当にみなさんすごかったんです。

― 現場でもその空気を感じていると。

古川:追いつかなきゃって思いますね。さらっと何でもできてしまう方々で、演出の指示にも臨機応変に対応していて、さすがだな~と…。僕は自分のことでいっぱいいっぱいになってしまって、まだまだです。

― 今年は映画「ライチ☆光クラブ」(2月公開)もそうでしたが、今回の舞台でも新たな顔を観ることができそうですよね。

古川:そうですね。「ライチ☆光クラブ」とは違った意味で新しい自分をお届けできると思っています。ただ、ハンディキャップを持っているけれど、中身は普通の17歳の少年なので、外見に囚われ過ぎずに役作りをしたいです。

6年越しの念願叶う「弱いウサギがピョンピョン入れられたみたいな感覚」



― 森(新太郎)監督と実際にご一緒してみていかがですか?

古川:かなり明確な指示を出す方なので、それに従って行くだけだなと身を委ねています。実は、以前にとあるスタッフさんから、森さんの舞台がすごいから「いつか作品に出演させたい」って言われて。6年くらい経っているんですが、「叶ったな」と思い出しました。

― 6年越し!ついに、ですね。

古川:「絶対出た方がいい!」って本当に何度も何度も言われていたんです。今回、森さんも含めキャストの方もいい意味でモンスターだから、その中に弱いウサギがピョンピョン入れられたみたいな感覚です(笑)。

― なるほど(笑)。舞台は、「体力が勝負」とよく聞きますが、今回のために何かトレーニングはされましたか?

古川:ハンディキャップを持っている役ということで、あまり動けないし走り回れないし、「筋トレしなくていいだろう」って挑んだら、脚を逆に曲げているので負担がすごくて…。骨盤がずれるんじゃないかってくらい。ストレッチとかちゃんとケアしなきゃって稽古初日は焦りました。

焦りに緊張…「大パニック」!“ちょっと成長した古川雄輝”の姿をお届け



― 焦りに緊張…いつも冷静な古川さんのイメージとは違う一面がこの舞台では出ているような…。

古川:大パニックですよ。(舞台の)記者会見も緊張しますし。ただ、本番はあんまり緊張しないタイプなんです。稽古は大変だなと苦労するときもありますが、本番自体は楽しめる。舞台は稽古が好きって人も多いですが、僕はその逆で本番が好きなんです。

― それは何か理由が?

古川:始まってしまえば、変にお客さんのことを意識せずに集中できるから…でしょうか。前にロンドンで舞台をやったときは、38度くらい熱がある状態で出たんですけど、いざ舞台に立ったら熱も引いたんですよ。お客さんの生の反応や声が返ってきて、嬉しくなるんです。

― それが、古川さんの思う舞台の魅力でしょうか?

古川:体力的にもきついんですが、不思議なことに終わったら「またやりたいな」って思うことが多いんです。毎日同じ芝居をしているから、次の日急にやらなくなると「あれ?」って寂しくなるんですよ“ちょっと成長した古川雄輝”の姿をお届けできると思うので、ファンの方にもぜひ楽しんでほしいです。

― ありがとうございました。

意志の強さが力に「答えは変わりません」



飛躍の2015年、そしてその勢いを持ったまま進んでいく2016年。「今年の目標は?」と聞くと、「去年よりも一歩でも良いから前進すること」と答えた。

そして、「僕は毎年それしか言わないので、答えは変わりません」ときっぱり。強い意志を胸に、次なるステップへ。2016年の進化も楽しみだ。(modelpress編集部)

舞台「イニシュマン島のビリー」



演出:森新太郎
主演:古川雄輝
出演:鈴木杏、柄本時生、山西惇、江波杏子ほか

2016年3月25日(金)~ 4月10日(日)
世田谷パブリックシアター

2016年4月23日(土)、24日(日)
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

古川雄輝 プロフィール



1987年12月18日生まれ。東京に生まれ、7歳でカナダ・トロントへ。以後11年間海外で育つ。高校入学と同時に単身アメリカ・NYへ。18歳で帰国し、慶應大学理工学部に入学。2009年ミスター慶應に選ばれたことをきっかけに、2010年ホリプロ50周年を記念して開催された新人俳優発掘オーディション“キャンパスターH★50withメンズノンノ”にて演技力を高く評価され審査員特別賞を受賞。ドラマ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」NHK大河ドラマ「八重の桜」、映画「脳内ポイズンベリー」、映画「ライチ☆光クラブ」などに出演。今後は、映画「風の色」「太陽」、主演舞台「イニシュマン島のビリー」が控えている。

モデルプレス

Interview Rankingインタビューランキング

Photo Ranking画像ランキング

Interview Listインタビュー一覧

YouTube Channel


TOP