「CanCam」モデル堀田茜「悔しくてたくさん泣いた」…2015年の成長と2016年の目標【モデルプレス】

「CanCam」モデル堀田茜「悔しくてたくさん泣いた」…2015年の成長と2016年の目標<モデルプレスインタビュー>

2015.12.05 09:00

女性ファッション誌『CanCam』専属モデルで女優の堀田茜(ほったあかね・23)がモデルプレス編集部を訪問。取材に応じ“初めて”の多かった2015年について振り返った。

「CanCam」モデル堀田茜「悔しくてたくさん泣いた」…2015年の成長と2016年の目標【モデルプレス】
「CanCam」モデル堀田茜「悔しくてたくさん泣いた」…2015年の成長と2016年の目標【モデルプレス】
モデルプレスのインタビューに応じた、堀田茜
モデルプレスのインタビューに応じた、堀田茜

社会人一年目は「たくさん泣きました」

堀田は今春、立教大学文学部と朝の情報番組『ZIP!』を卒業。その後は『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)、『アカデミーナイトQ』(TBS系)、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)などタレント活動も精力的に行い、10月からはドラマ『遺産争族』(テレビ朝日系)で連ドラデビュー、さらに『週刊ビッグコミックスピリッツ』でグラビアに初挑戦し、彼女にとって初となるカレンダー(16年版)も発売した。

― “社会人一年目”はいかがでしたか?

堀田:今年1月から3月は大学と「CanCam」と「ZIP!」、3つのことが同時に進む中、プラスアルファでバラエティ番組に出させていただいて、朝は「ZIP!」で夜中の3時起き、放送が終わったら大学に行っての繰り返し。けっこう単位が残っていたので、精神的にも体力的にも本当に辛くて…。でもいま思えばそこを乗り越えられたのはとても大きいです。在学中はとにかく目の前のことを精一杯やるしかなかったのですが、卒業後は少し余裕ができて、ジムに行くなど自分磨きにも時間を使えるようになりました。

卒業後、いろんなお仕事をさせていただく中で、自分の不甲斐なさに泣いてしまうことも多かったです。一番印象に残っているのは「CanCam」の撮影で、全然思うように動けず、家に帰って悔しくてたくさん泣いたことです。かなり落ち込みましたが、落ち込んだままでいるのは意味がないと思ったし、好きな仕事ができているんだから頑張らないといけないと思って、本屋さんに入り浸ってモデルさんのポージングを研究して…そうしたらちょっとずつ自信が回復していきました。私、身長が160cmで「CanCam」だと周りの子よりも背が低い方、それがずっとコンプレックスでしたが、今はそれも「個性」って言われるようなモデルになりたいと思っています。

飽くなき向上心…来年の目標は「写真集を出すこと」

堀田茜
― いまの悩み事は何ですか?

堀田:ちゃんとお仕事をさせてもらってまだ3年目。周りの方々はローティーン雑誌からやっている方が多いので、比べてしまうと私の方が経験も少ないし、ポージングも表情のバリエーションとかもまだまだ…それはバラエティやお芝居のお仕事も同じで、場慣れしていないし性格的に上がり症なので、緊張して力が入っちゃって失敗することが多いんです。『遺産争族』の監督さんからは「お芝居をする時に息を吸い過ぎているから、あまり息を吸わずに肺の中の7割くらいの空気は出して、残りの3割で言葉を発すると良いよ」ってアドバイスをいただきました。

― 来年の目標を教えてください。

堀田:写真集を出したい!昔から写真が大好きということもあって、フォトブックで私の生まれてきたストーリーを見せるよりも、写真で見せたいです。そのために今年中にあと1.5kg痩せたいと思っています。筋肉をつけつつ健康的に痩せるのが目標!

夢を叶える秘訣

堀田茜
堀田茜
― 最後に夢を叶えたいと頑張っている読者にメッセージをお願いします。

堀田:私もまだまだこれからですが、周りの人の支えがなかったらここまでくることさえできなかったです。周りへの感謝を忘れずに、何事もストイックに打ち込む、そして毎日を楽しく過ごすことで、夢に近づいていけると思います。

― ありがとうございました。

「堀田茜2016年カレンダー」
「堀田茜2016年カレンダー」
堀田茜2016年カレンダー』の発売を記念し、12月12日(土)東京・ブックファースト新宿店にて発売記念イベントを開催。(modelpress編集部)

堀田茜(ほった・あかね)プロフィール

生年月日:1992年10月26日/血液型:B型/身長:160cm/趣味:音楽フェス巡り、美容、映画鑑賞/特技:ダンス(HIPHOP)、スポーツ全般

2014年4月号にて女性ファッション誌『CanCam』専属モデルに加入。デビューを果たすと同時に表紙を飾り、看板モデルとして活躍中。現在、タレントや女優など活動の幅を広げている。

【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. 「CanCam」モデル堀田茜「3kg痩せました」ストイックなスタイルキープ法&理想のクリスマスを語る
    「CanCam」モデル堀田茜「3kg痩せました」ストイックなスタイルキープ法&理想のクリスマスを語る
    モデルプレス
  2. 人気モデルがゴルフ対決 悪天候に負けず華麗なスイングを披露
    人気モデルがゴルフ対決 悪天候に負けず華麗なスイングを披露
    モデルプレス
  3. 「CanCam」堀田茜、“2つの卒業”と意識の変化を語る モデルプレスインタビュー
    「CanCam」堀田茜、“2つの卒業”と意識の変化を語る モデルプレスインタビュー
    モデルプレス
  4. AAA西島隆弘と踊るモデル堀田茜が可愛い チアリーダー姿でアクティブにダンス
    AAA西島隆弘と踊るモデル堀田茜が可愛い チアリーダー姿でアクティブにダンス
    モデルプレス
  5. 「CanCam」モデル堀田茜が「イッテQ」で体を張ったパフォーマンス 勇姿と美貌に反響
    「CanCam」モデル堀田茜が「イッテQ」で体を張ったパフォーマンス 勇姿と美貌に反響
    モデルプレス
  6. 「キスブサ」マイコ役の「CanCam」モデル堀田茜、ナイトウェア姿に「可愛い」の声
    「キスブサ」マイコ役の「CanCam」モデル堀田茜、ナイトウェア姿に「可愛い」の声
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. “憧れ”コムドットに宣戦布告?カップルYouTuber「かけまる」が企画打ち出す ばんばんざい・レイクレら豪華な交流関係にも密着<モデルプレスインタビュー後編>
    “憧れ”コムドットに宣戦布告?カップルYouTuber「かけまる」が企画打ち出す ばんばんざい・レイクレら豪華な交流関係にも密着<モデルプレスインタビュー後編>
    モデルプレス
  2. NCTドヨン「一緒に居れば良い」グループの絆 ジョンウとのやりとり&日本語を勉強する理由とは
    NCTドヨン「一緒に居れば良い」グループの絆 ジョンウとのやりとり&日本語を勉強する理由とは
    モデルプレス
  3. ツンデレ彼女×デレ彼氏カップルYouTuber「かけまる」って何者?交際4年目に訪れた破局の危機&親の反対を押し切って掴んだ“夢”に迫る<モデルプレスインタビュー前編>
    ツンデレ彼女×デレ彼氏カップルYouTuber「かけまる」って何者?交際4年目に訪れた破局の危機&親の反対を押し切って掴んだ“夢”に迫る<モデルプレスインタビュー前編>
    モデルプレス
  4. LE SSERAFIM、“初カムバック”の反響に「不思議な気持ち」来日してやりたいことは?<「CDTV」インタビュー>
    LE SSERAFIM、“初カムバック”の反響に「不思議な気持ち」来日してやりたいことは?<「CDTV」インタビュー>
    モデルプレス
  5. 「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」主演パク・ウンビンに聞く「夢を叶える秘訣」モデルプレスインタビュー
    「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」主演パク・ウンビンに聞く「夢を叶える秘訣」モデルプレスインタビュー
    モデルプレス
  6. Snow Man目黒蓮、俳優業との向き合い方とソロ活動への想い「泣きながら現場に行くこともあった」<「月の満ち欠け」インタビュー>
    Snow Man目黒蓮、俳優業との向き合い方とソロ活動への想い「泣きながら現場に行くこともあった」<「月の満ち欠け」インタビュー>
    モデルプレス
  7. 明日花キララ、実践中の美容法は?“人生初”ショートヘア決意の理由&参考にしている韓国女優明かす<独占インタビュー>
    明日花キララ、実践中の美容法は?“人生初”ショートヘア決意の理由&参考にしている韓国女優明かす<独占インタビュー>
    モデルプレス
  8. 永田崇人&中谷優心、俳優とアーティストの二刀流で魅了「お互い補い合えてる」関係性語る
    永田崇人&中谷優心、俳優とアーティストの二刀流で魅了「お互い補い合えてる」関係性語る
    モデルプレス
  9. 今年のミスコンで1番バズった「ミス慶應」八木梨早さんの実像に迫る SNSや将来…涙ぐみながら語った“感謝”<モデルプレスインタビュー>
    今年のミスコンで1番バズった「ミス慶應」八木梨早さんの実像に迫る SNSや将来…涙ぐみながら語った“感謝”<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事