モデルプレスのインタビューに応じた恒松祐里【モデルプレス】

月9「5→9」石原さとみの妹役で注目の女優・恒松祐里の素顔とは?オーディション240回挑戦で掴んだ“夢” モデルプレスインタビュー

2015.11.30 07:00
0
0

フジテレビ系月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(毎週月曜日よる9時より放送)に出演中の女優・恒松祐里が、モデルプレスのインタビューに応じた。主演の石原さとみの妹役を演じる彼女は、ネクストブレイク候補として注目を浴びる17歳。抜群の透明感と天真爛漫な笑顔がチャームポイントだ。

石原さとみの妹役で注目の17歳、“理想の妹”を体現

「こんな妹がいたらいいなと思って欲しい」――そう語る笑顔にこちらが癒やされる。

恒松祐里
恒松祐里
元々は、高田彪我が演じ話題を集める“女装男子”里中由希役のオーディションに挑んだ。そんな中、同時にオーディションが実施された石原の妹・寧々役で、恒松は合格した。

「月9のオーディションということで、どんな役でもやりたいと思っていたんです。だから、とにかく嬉しかったです。電話で受かったことを教えてもらったんですけど、部屋の中で手足をバタバタさせてはしゃぎまくりました。月9はたくさんの人が観ているので、反響を感じています。学校の友達からも『今日月曜日』だよって言われます(笑)」。

「ネガティブにならない」素顔とは

抜群の透明感が魅力/恒松祐里
抜群の透明感が魅力/恒松祐里
7歳の頃、両親の勧めで受けたオーディションに合格し芸能界入りした彼女は、今年で10年目。2013年『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)で明石家さんまが好きな女性を選ぶ企画「ラブメイト10」で、当時14歳だった彼女を第6位に選んだことで話題となる。そして、転機は同じくその年にやって来た。

「小さい頃からお芝居のレッスンを受けていて、自分なりに手応えを感じた瞬間があったんです。それが14歳の頃。自転車も乗れれば楽しく感じると思うんですけど、それと同じ感覚でした」。

その後も彼女を変える出来事は次々と訪れる。「高校生になってキッズ部門から変わったことで仕事への取り組み方も変わりました。私ががんばらなきゃいけないんだって意識するようになりました」、「高校1年生の夏には、映画『くちびるに歌を』の撮影をしていました。これはオーディションに受かった役の中でも、今までで一番大きな役だったんです。台詞も多いし長い間撮影で、作品が出来ていくまでの過程をはじめて見て、成長できた気がしました」――。

恒松祐里
インタビュー中、ネガティブな言葉を一度もこぼさなかった彼女の前向き姿が印象的だった。「ポジティブでいられる秘訣は何ですか?」と尋ねてみると、「小さい頃からオーディションに落ちまくってるから、ネガティブにならないんですよ」と満面の笑みで応える。

「全部が縁だと思うので、決まったらラッキーだし、落ちても『次がんばろう』って思います。悲しい気持ちは寝たら忘れちゃいます」とお茶目に明かし、「しょうがないって思えば大丈夫!」とどんな瞬間も笑顔を絶やさない。

「夢を叶える秘訣」は?芸歴10年、オーディション240回挑戦で掴んだ“夢”

恒松祐里
恒松祐里
「オーディションは7歳の頃から受け続けてるから、月に2回程度で、年24回だとしたら10年間で240回。そんなに受けてたんだ(笑)」。夢を追う過程での、壁は当たり前のものとして受け入れている。簡単には折れない心は、彼女の武器だ。

夢を叶えるためには「気持ちが大事」/恒松祐里
夢を叶えるためには「気持ちが大事」/恒松祐里
「毎日寝る前に神様にお祈りするんです。今年は、今まで生きてきた中で、運がいい時期なんですが、これが効いているのかなって(笑)。何か大切なオーディションの前日だったりすると、『明日のオーディション絶対受かりますように受かりますように』って言ってから寝るんですよ。正直、寝落ちしちゃうときもあるんですけど、そのときには朝起きて『すみません、昨日忘れちゃいました』って言います。神社にもお参りに行きますし、神頼みです!」。

これは彼女が語った「夢を叶える秘訣」。「気持ちが大事ですよね」――17歳、ピュアな雰囲気に元気いっぱいの素顔、“今の夢”を語る姿もまた初々しい。「最近はスパイものの海外ドラマにはまっていて、それを観てからはスパイものをやりたいなって思うようになりました。銃とか持って、隠れて『バン!』って。ハラハラドキドキする役にチャレンジしたいです!」と、夢はまだまだ膨らんでいく。(modelpress編集部)

【インタビュー特別編】美の秘訣に迫るQ&A

恒松祐里の美の秘訣に迫るQ&A
恒松祐里の美の秘訣に迫るQ&A
Q.リフレッシュ法を教えください。

A.ストレッチをしています。たまーに(笑)。お家で伸びをしたり、変顔をしたり。変顔は、前にお父さんの前でしたら「それは変顔じゃなくてブサイクだからやめなさい」って言われたので、外でしなくなりました(笑)。

Q.美しい黒髪が印象的ですが、ケアの方法は?

A.お父さんからの遺伝です。でも、水に流さなくてもいいトリートメントは毎日するようにしています。

Q.色白美肌を保つ秘訣は?

A.日焼け止めを塗ろうと思ってもつい忘れてしまうので…あまり何もしていないんです。でも、もっと白くなれるようにがんばろうと思っています。

恒松祐里

恒松祐里 プロフィール

1998年10月9日、東京都生まれ。2013年にファンキー・モンキー・ベイビーズの「ありがとう」のビデオに出演。同年、『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)で明石家さんまが好きな女性を選ぶ企画「ラブメイト10」で、第6位に選ばれたことで話題となる。今年は『くちびるに歌を』『チキンズダイナマイト』『俺物語!!』と3本の映画が公開された。

恒松祐里
恒松祐里
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. ジャニーズJr.長妻怜央&阿部顕嵐と“三角関係”に?月9「5→9」恒松祐里の“胸キュンスカッと”
    ジャニーズJr.長妻怜央&阿部顕嵐と“三角関係”に?月9「5→9」恒松祐里の“胸キュンスカッと”
    モデルプレス
  2. 朝ドラ出演若手俳優ら集結 “胸キュンスカッと”に挑戦
    朝ドラ出演若手俳優ら集結 “胸キュンスカッと”に挑戦
    モデルプレス
  3. 「肉フェス」が関西初上陸
    「肉フェス」が関西初上陸
    女子旅プレス
  4. 初対面で男性が見ている女性の部分5つ
    初対面で男性が見ている女性の部分5つ
    モデルプレス
  5. 付き合うまでのこれが新鮮!「グレーな関係」の淡いあれこれ
    付き合うまでのこれが新鮮!「グレーな関係」の淡いあれこれ
    ハウコレ
  6. 付き合うまでのこれが新鮮!「グレーな関係」の淡いあれこれ
    付き合うまでのこれが新鮮!「グレーな関係」の淡いあれこれ
    ハウコレ

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 「六本木クラス」鈴鹿央士、再共演・平手友梨奈との関係性に変化 日本版リメイクで意識することは?「ブレてはいけない」<モデルプレスインタビュー>
    「六本木クラス」鈴鹿央士、再共演・平手友梨奈との関係性に変化 日本版リメイクで意識することは?「ブレてはいけない」<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  2. 北野日奈子、乃木坂46卒業後初舞台で向き合った“不安と葛藤” 原動力となった存在とは<「蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く」インタビュー>
    北野日奈子、乃木坂46卒業後初舞台で向き合った“不安と葛藤” 原動力となった存在とは<「蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く」インタビュー>
    モデルプレス
  3. FANTASTICS、番組スタッフ絶賛の撮影裏話「神」「助けられました」記者が見たお茶目な一面も<「The Usual Night いつもの夜」インタビュー連載番外編>
    FANTASTICS、番組スタッフ絶賛の撮影裏話「神」「助けられました」記者が見たお茶目な一面も<「The Usual Night いつもの夜」インタビュー連載番外編>
    モデルプレス
  4. Snow Man岩本照、俳優業のやりがいと今後「人の心を動かせることって素敵」夢を叶える秘訣も語る<「モエカレはオレンジ色」インタビュー>
    Snow Man岩本照、俳優業のやりがいと今後「人の心を動かせることって素敵」夢を叶える秘訣も語る<「モエカレはオレンジ色」インタビュー>
    モデルプレス
  5. “世界一のグラビア雑誌”「PLAYBOY」の表紙に抜擢 SNSで注目を集めるSAYOの素顔&魅力に迫る<インタビュー>
    “世界一のグラビア雑誌”「PLAYBOY」の表紙に抜擢 SNSで注目を集めるSAYOの素顔&魅力に迫る<インタビュー>
    モデルプレス
  6. 傑作ミステリードラマ主演の小泉孝太郎を直撃!女性も魅了する作品の秘密とは?<「眼の壁」インタビュー>
    【PR】傑作ミステリードラマ主演の小泉孝太郎を直撃!女性も魅了する作品の秘密とは?<「眼の壁」インタビュー>
    株式会社WOWOW
  7. コムドットやまとの妹・せいら“顔出し”から1年半で変化 「期待に応えたい」挑戦続ける理由<モデルプレスインタビュー>
    コムドットやまとの妹・せいら“顔出し”から1年半で変化 「期待に応えたい」挑戦続ける理由<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  8. 是枝裕和監督が愛すIUの曲、イ・ジウン&イ・ジュヨンが触れる日本のエンタメ…お互いが“成功したオタク”<「ベイビー・ブローカー」来日インタビュー>
    是枝裕和監督が愛すIUの曲、イ・ジウン&イ・ジュヨンが触れる日本のエンタメ…お互いが“成功したオタク”<「ベイビー・ブローカー」来日インタビュー>
    モデルプレス
  9. 乃木坂46与田祐希が何度も救われた“嫌いな言葉”<ドラマ「量産型リコ」インタビュー>
    乃木坂46与田祐希が何度も救われた“嫌いな言葉”<ドラマ「量産型リコ」インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事