池田エライザ、初映画監督で尖りを捨てた理由 女優として変化も<モデルプレスインタビュー>

0
10
池田エライザ、初映画監督で尖りを捨てた理由 女優として変化も<モデルプレスインタビュー>

映画「夏、至るころ」(12月4日全国順次公開)で初めて監督を務めた池田エライザ(24)。デビュー作とは高い思えぬ演出力は、全州国際映画祭や上海国際映画祭で高く評価され、世界中から熱い視線を集めている。日本での公開を前に、監督という立場の心境や、表現することへの思いを聞いた。

関連記事