“強め黒肌ギャル”が渋谷に集結!全国規模のギャルサーが本格始動<独占レポート>

参照回数:1,192,301

全国規模のギャルサークル「black diamond」の第1回ミーティングが2日、東京・渋谷にて行われ“強め黒肌ギャル”が各地から集結した。モデルプレスは、初ミーツ(ミーティング)に潜入取材し、彼女たちのリアルに迫った。
“強め黒肌ギャル”が渋谷に集結!全国規模のギャルサーが本格始動<独占レポート>
「black diamond」(ブラックダイヤモンド)は、ただの仲良しサークルではなく最近めっきり減少してしまった強め黒肌ギャルを全国に増やすための活動を行うことを目的に誕生したギャルサークル。北は北海道から南は沖縄まで総勢80名以上が在籍している。

この日は約20名のメンバーが参加し初の顔合わせ。はじめは緊張気味のメンバーだちだったがチーム対抗のクイズ大会やフリータイムなどで互いの距離を縮め、自分の境遇や恋愛話、おしゃれの情報交換などガールズトークに花を咲かせた。

黒肌ギャルブームが再燃の予感

ガールズトークで盛り上がるメンバーたち。
昔は、ギャルといえば、ガングロやド派手なメイク、ファッションが基本だったが、ここ数年のギャル雑誌では黒肌ギャルたちの企画やファッションページは大幅に激減し、今では白肌に甘めメイクのキュート系モデルたちが表紙を飾っている。

しかし、その一方で強め黒肌ギャルの人気も根強く、先月はギャル系雑誌「egg」を出版する大洋図書が、強め&セクシー系ギャル向けの新雑誌「FOXY egg」を創刊し、黒肌ギャルブーム再燃を予感させた。

4歳の時にテレビでマンバギャルの存在を知りギャルに目覚めたという現在15歳のメンバーに強め黒肌ギャルの魅力を尋ねると「派手で可愛いし個性が出せる」とキッパリ。このほかにも「自分らしさを全身で表現できる」、「誰より目立てるから」、「人になめられない」などその理由は様々。中には「お酒を飲んでも赤くならない(成人メンバーの回答)」「ムダ毛の処理をサボってもバレない」といった珍回答もあった。

また、嫌な思いをしたことは?との質問には、街を歩いているだけで「まだこんなのいたんだ」、「汚ねぇ~」などの暴言を浴びせられることもあると明かしてくれたメンバーたち。ギャル=個性がないと口にする人々もいるが、実際に彼女たちを目の当たりにすると色とりどりのヘアカラーに創造的なネイルなど一人ひとりの個性が光っている。

ファッションで影響を受けている人物は?と尋ねるとほとんどメンバーが「昔のギャル」と回答。好きなモデルには「egg」モデルのゆん、みぽち、越川真美などの名が上がり、アパレルブランドでは「d.i.a(ダイア)」が圧倒的な支持を集めた。

15歳で妊娠!?強め黒肌ギャルたちが好む男性とは

渋谷に降臨した「black diamond」
そして気になるのが彼女たちの恋愛観だが、ギャルだけに相手もギャル男がタイプかと思いきやそうでもない様子。人気が高かったのは、メンズ雑誌「SOUL JAPAN」モデルのような悪羅悪羅系(オラオラ系)や「THE OUTSIDER」の濱の狂犬こと黒石高大に思いを寄せるメンバーも。好みは様々だが「絶対黒肌」は共通一致のようだ。

また、会場には現在15歳で妊娠中で来月出産予定のメンバーの姿も。父親となるはずだった男性とは破局したが「大切な命を奪うなんてできない」とシングルマザーとなることを決意。「最初は親の助けが必要かもしれないけど頑張って働いて私一人でもこの子を絶対に幸せにします」と力強く語ってくれた。

「black diamond」の参加資格は「とにかくギャルが好き」「日サロ大好きで黒肌命」「派手髪、派手メイク、派手ネイル」「雑誌はeggを欠かさず愛読」「露出度高めの強めSEXYファッション」「みんなと仲良くできる子」の5項目で、年齢制限は特に設けていない。

同サークルの企画者によると今後は、ユニットとしての楽曲リリースや欧米やアジアをはじめとする外国人ギャルとの交流なども計画予定しているという。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - “強め黒肌ギャル”が渋谷に集結!全国規模のギャルサーが本格始動<独占レポート>
今読んだ記事

“強め黒肌ギャル”が渋谷に集結!全国規模のギャルサーが本格始…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ギャル」カテゴリーの最新記事