雑誌「egg」復刊の意義、ギャル編集長が語る「個性と自由の象徴」

雑誌「egg」復刊の意義、ギャル編集長が語る「個性と自由の象徴」

2014年に休刊した伝説のギャル雑誌『egg』が5月1日、令和の幕開けとともに復刊号を発売した。かつてギャルのバイブルとして愛された同誌が「いま」復活する意義、そしてこれからのギャルについて、赤荻瞳編集長(22)に話を聞いた。

関連記事