こなれ感演出!秋冬最旬ファッションが映える着こなしをスタイリストが伝授

【モデルプレス】秋冬のおしゃれに差がつくポイントってみなさんどこだと思いますか?
こなれ感演出!秋冬最旬ファッションが映える着こなしをスタイリストが伝授【モデルプレス】
こなれ感演出!秋冬最旬ファッションが映える着こなしをスタイリストが伝授【モデルプレス】
シンプルスタイルがトレンドの今季はズバリ「着こなし方」。季節感やトレンド感のあるアイテムや小物を取り入れたり、レイヤードで重ね着したりと、着こなし方、テクニックを知っているか知っていないかで、オシャレ度に雲泥の差が出てきます。

そしていま注目されている「こなれ」た着こなし。こなれているとは、慣れているという意味で、肩肘張らないスタイルながら、様になっている着こなしで、今トレンドファッションにおいて重要になってきています。

そんな秋冬の「こなれ」た着こなしでポイントになるのが、あったかインナー選び。せっかくオシャレをしても、インナーがチラ見えしていたら台無しですよね。

今回はそんなこの秋冬トライしたい、こなれた着こなしテクニックについて、スタイリストさんに直接教えていただきました。

ざっくりニットは腕まくり&アクセで手首華奢見せ、ボートネックで美デコルテ見せ

ボートネックのざっくりニットとガウチョパンツ、ハットでこなれた着こなしに
ボートネックのざっくりニットとガウチョパンツ、ハットでこなれた着こなしに
「ざっくりニット」と、トレンドカラーキャメルのガウチョパンツとフェルトハットに、足元はソックスとショートブーツで秋らしくまとめたこちらのコーデ。

「ざっくりニット」はトレンドのゆったりシルエットを叶え、体型カバー効果もあり、暖かいため、この秋冬注目されています。

しかし、ボリューミーなシルエットのため、重たくなってしまうという欠点も。

重めのニットは腕まくり&バングルで華奢見え
重めのニットは腕まくり&バングルで華奢見え
そんな時は腕まくりをして、手首にバングルやブレスレットをすると、ゆったりボリューミーなシルエットの中に、華奢な手首が際立ち、女性らしいこなれた着こなしが叶います。

あったかインナーは袖の長さを7分丈に調節できるものが便利。「ざっくりニット」は若干ボトムにインしつつもゆるっと出してあげるとより今っぽい着こなしに仕上がります。

袖の長さを調節できるインナーが便利
袖の長さを調節できるインナーが便利
また、よりスタイルアップして見せたいなら「ざっくりニット」はボートネックタイプを選ぶのが◎。

首周りをすっきり見せ、美デコルテアピールでき、着こなしに抜け感を演出します。

そんなとき、トップスに合わせてネックまわりを広げられるインナーが便利。

ボートネックにはネックまわりを広げられるインナーが便利
ボートネックにはネックまわりを広げられるインナーが便利
肌色面積が少なくなる秋冬こそ、「手首」「足首」「首」の3首を見せてあげることが大切。3首を見せることで、女性らしい上品さやこなれ感を演出できるため、ネックレスなどのアクセサリーもポイントになってきます。今季はシルバーよりも華奢なゴールドのネックレスが◎。

トレンドボトルネックトップスでほっそりあたたか

ボトルネックトップスとミモレ丈プリーツスカートで旬な着こなしに
ボトルネックトップスとミモレ丈プリーツスカートで旬な着こなしに
今季人気の「ボトルネック」トップスに、こちらもトレンドのミモレ丈プリーツスカート、ヘアはハーフアップで耳元にピアスなどでアクセントを加え、足元はソックスとパンプスでレディに仕上げたこちらのコーディネート。

「ボトルネック」は、タートルネックよりも首元がスッキリ見え、ネックレスや帽子など小物との相性も抜群です。

とはいっても首まわりや腕まわりが窮屈な印象があったり、トレンドのプリーツスカートにトップスインしたスタイルを叶えようとすると、着膨れしてしまう可能性も。

そんな時は、薄いのに暖かいインナーが便利。

薄いのに暖かいインナーなら着膨れ回避
薄いのに暖かいインナーなら着膨れ回避
さらに寒くなったらネックまわりは狭めにアレンジ、袖の長さは9分丈に調節できるインナーを着用すると、着こなしがこなれて見えます。

ネックまわりは狭めにアレンジできるインナーで暖か
ネックまわりは狭めにアレンジできるインナーで暖か
いかがでしたか?

今回ご紹介したこなれて見える着こなしでは、「伸びて、縮んで、一枚二役。」をコンセプトにした、おしゃれも防寒もゆずれない女性にぴったりのあったかインナー「ワコール 思いの丈」を着用しています。

袖、裾の丈や首もとのあきを思い通りに調整できるワコール「思いの丈」
袖、裾の丈や首もとのあきを思い通りに調整できるワコール「思いの丈」
「ワコール 思いの丈」は、縦横に自在に伸縮しながら、袖の長さやネックの形に合わせて調節できるので、ファションや気温の変化に応じて好みの長さに丈を変えられます。アウターに合わせてネックを狭めにする事も、広く開けることも可能。

また、袖の長さも調節できるので、昼と夜の温度差があっても賢く対応できます。

今年はカラーやデザインのバリエーションも豊かに展開。

袖口がボーダー柄でアウターとのレイヤードスタイルも◎
袖口がボーダー柄でアウターとのレイヤードスタイルも◎
袖口がボーダー柄になっているアイテムもあり、アウターからチラ見せしてオシャレをさらに楽しむことができます。この一枚であったかさと今ドキおしゃれの両立が叶う、一枚二役で着回せる優れものです。

おしゃれ上級者に見えるこなれた着こなしは、ちょっとしたテクニックや着こなし方がとっても大切。

しかしその方法は難しいわけではなく、便利なアイテムを使うことで叶えることもできるよう。

この秋冬は寒さに負けず、トレンドアイテムでこなれた着こなしを楽しんで、周りとおしゃれで差をつけてみてくださいね。(modelpress編集部)[PR]提供元:株式会社ワコール
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - こなれ感演出!秋冬最旬ファッションが映える着こなしをスタイリストが伝授
今読んだ記事

こなれ感演出!秋冬最旬ファッションが映える着こなしをスタイ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ファッション」カテゴリーの最新記事