井上真央、「紅白」で着用する衣装デザイン決定

第62回「紅白歌合戦」で紅組司会者をつとめる井上真央
グランプリに選ばれた群馬県・園田麻衣さんのデザイン画
NHKは21日、第62回「紅白歌合戦」にて紅組司会者をつとめる女優・井上真央の衣装デザインを発表した。 今年の「紅白」は11月14日~12月1日まで、井上真央が本番のステージで着用する衣装デザインを視聴者から募集。衣装の一般公募という同番組史上初の試みは話題を呼び、全国から1341通の応募が寄せられた。

井上真央本人も交えた審査の結果、グランプリは群馬県・園田麻衣さんのデザインに決定。桜の花びらやラインストーンがふんだんにちりばめられたピンク色のミニドレスで、「心のつながりを表現した」という背中の大きなリボンがポイントだ。

選出されたデザイン画は、衣装に仕立てられ大みそか当日の生放送で披露。12月30日21時55分より放送の特別番組「いよいよ明日!紅白直前スペシャル」では、衣装の審査や制作の様子が放映される。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 井上真央、「紅白」で着用する衣装デザイン決定
今読んだ記事

井上真央、「紅白」で着用する衣装デザイン決定

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ファッション」カテゴリーの最新記事