Dream Ami“ディズニー新歌姫”に抜てき「夢のような感覚」 声優にも挑戦

【Ami/モデルプレス=2月24日】「アナと雪の女王」「ベイマックス」のディズニーが贈る、ユニークな動物たちの“楽園”を舞台にしたファンタジー・アドベンチャー「ズートピア」(2016年4月23日公開)の主題歌「トライ・エヴリシング」日本語版を、E-girlsのメンバーとして活躍するDreamのAmiが歌うことが24日わかった。さらにAmiは日本語版の声優にも挑戦する。
Dream Amiがディズニー最新作「ズートピア」で主題歌&声優に挑戦(C)2016 Disney
Dream Amiがディズニー最新作「ズートピア」で主題歌&声優に挑戦(C)2016 Disney

Ami「想像もしていなかった」



ディズニー映画の主題歌といえば、日本で社会現象にまでなった映画「アナと雪の女王」の「Let It Go」。ヒロイン・エルサの内に秘めた想いを解き放ち、自由に生きることを誓う楽曲で多くの観客が共感し、耳に残るフレーズの虜となった。そして、それに続くのが今作の主題歌「トライ・エヴリシング」だ。

今回の起用を受けてAmiは、「このような大役をいただけるとは想像もしていなかったので、夢のような感覚です。多くの方がそうであるように、私も小さい頃からディズニー映画に魅了され続けてきた1人ですので、突然夢が叶いとても嬉しく、幸せに感じております」と喜びたっぷり。「ご期待に沿えるよう、そして、映画『ズートピア』を盛り上げられるよう全力で臨ませていただきます」と意気込みをあらわにした。

ディズニーのもふもふヒロイン“ウサギのジュディ”の活躍



Ami(C)2016 Disney
Ami(C)2016 Disney
同作は、大きさも習慣もタイプも違う沢山の種類の動物たちが平和に共存し、さらにはどんな動物にも快適な暮らしができる環境が整えられている“ズートピア”で繰り広げられる物語。警察官になれるのは、サイ、ゾウ、カバのような大きくてタフな動物だけだが、幼い頃から警察官になりたいという夢を抱き、その夢を叶えるために小さくて可愛いウサギのヒロイン・ジュディが田舎町から大都会“ズートピア”にやってくる。

ズートピアの美しき実力派ポップスターのガゼルとして出演するAmiが歌う同曲は、ジュディが夢を叶えるため“ズートピア”へと旅立つ時、自分自身を励ますようにイヤホンで聴いている曲。1度聴いたら忘れられないアップテンポな曲調に「失敗したって、何度でも頑張るわ!」というジュディの前向きなメッセージが込められた、夢を叶えたい全ての人に贈る応援ソングとなっている。

「まさしく完璧なチョイス」と太鼓判



「アナと雪の女王」をはじめディズニー・アニメーションの全て手掛けているミュージック・スーパーバイザーのトム・マクドゥーガル氏は、「日本語バージョンを作るにあたり、Dream Amiの歌をいくつか聴かせてもらったのですが、一発で気に入りました」とAmiの歌声に魅了されたことを告白。また元々J-Popが好きなようで「彼女はこの曲を歌うのにピッタリのアーティストですし、まさしく完璧なチョイスだと思いますよ」と抜てきの経緯を語った。

そして、同作のプロデューサーであるクラーク・スペンサー氏も「この曲のポジティヴなメッセージを見事に捉え、感情たっぷりに歌い上げていて、本当に素晴らしいですね」とAmiの表現力をべた褒め。「ノリのいいポップソングではありますが、アーティストはそこに込められた想いやメッセージをきちんと心で感じ取って歌う必要があります。彼女の歌声からは、それがしっかと伝わって来ます」と称賛している。(modelpress編集部)

Dream Amiコメント



このような大役をいただけるとは想像もしていなかったので、夢のような感覚です。多くの方がそうであるように、私も小さい頃からディズニー映画に魅了され続けてきた1人ですので、突然夢が叶いとても嬉しく、幸せに感じております。ご期待に沿えるよう、そして、映画「ズートピア」を盛り上げられるよう全力で臨ませていただきます。

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

Disney Listディズニー情報一覧

YouTube Channel


TOP