ディズニーシー、“世界初”ミッキー誕生のきっかけ「オズワルド」が登場

世界初登場「オズワルド」
世界初登場「オズワルド」
世界初登場「オズワルド」
世界初登場「オズワルド」
東京ディズニーシーでは、2日から「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」がスタート。1日、マスコミ向けに行われたプレスレビューではミッキー誕生のきっかけとなった「オズワルド・ザ・ラッキーラビット」のグリーティングが世界初披露された。
グリーティングは、アメリカンウォーターフロントのケープコッド・クックオフ裏に作られたオズワルドの農園で実施。オズワルドの特徴は、大きい耳に青いズボン。撮影場所はモノクロの世界が表現され、集まったゲストと楽しそうにグリーティングを行っていた。

ウォルトとオズワルド

オズワルドは、1927年にウォルト・ディズニーが製作したいたずら好きで陽気なウサギのキャラクターシリーズ。計26本のアニメーションが制作されるなど人気を集めたが、1928年に契約に関する意見の食い違いによりウォルトは、オズワルドの権利と失っていた。その後、約80年の月日を経て2006年2月にウォルト・ディズニー社はオズワルドの権利を取り戻した。

半世紀以上もの時を経てディズニーに帰ってきたオズワルドのグリーティングは、4月2日スタート。なお、実施時間は日によって異なる。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ディズニーシー、“世界初”ミッキー誕生のきっかけ「オズワルド」が登場
今読んだ記事

ディズニーシー、“世界初”ミッキー誕生のきっかけ「オズワルド…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ディズニー情報」カテゴリーの最新記事