恋活アプリを身バレせずに活用する方法4選 友達にナイショではじめよう!

【恋愛コラム/モデルプレス】恋愛をしたい男女が出会う場として、若い年代に今人気なのが「恋活アプリ」です。真剣な出会いから、ちょっと新しい人と話してみたいときだけなど、目的によって使い分けることができるくらい、たくさんのアプリがあります。人にもよりますが、恋活アプリを利用する中で怖いのは「知り合いにバレたとき」ではないでしょうか。自分の顔を良く見せる角度で、アプリで盛った顔のアイコンを見られて「これって◯◯さん?」なんて聞かれた日には、もう、恥ずかしい気持ちでいっぱいに…。身バレで嫌な思いをしないために、ここからは、恋活アプリを身バレせずに活用する方法を紹介していきます。
恋活アプリを身バレせずに活用する方法4選 友達にナイショではじめよう!/Photo by ぱくたそ
恋活アプリを身バレせずに活用する方法4選 友達にナイショではじめよう!/Photo by ぱくたそ

「恋活アプリ」の情報を集めて身バレ防止

有名な恋活アプリは、テレビCMが流れていたり、SNSで広告を出していたりします。

宣伝にお金をかけられる大手のアプリだからこそ、ユーザー登録人数も多く、マッチングの機会も多いでしょう。

しかし、逆に言えば「知り合いとマッチングする可能性」も高いのです。

また、アプリによってはSNSとの連携が必要な場合もあり、設定をミスしてしまったまま連携してしまうと「◯◯さんがこの恋活アプリをはじめました」と、投稿が勝手にされてしまう可能性もあります。

「身近な人が利用しているかどうか」「SNS連携が必要かどうか」など、事前に恋活アプリの情報を集めてから登録すると、身バレを防ぐ効果があります。

本名で登録をせず、ニックネームを使う

ニックネームで登録すれば気づかれない…?/Photo by ぱくたそ
ニックネームで登録すれば気づかれない…?/Photo by ぱくたそ
・本名での登録は身バレの危険性大

恋活アプリだけではなく、SNSでも本名のままユーザー名にしている人がいます。わざわざ探したのではなく、たまたま発見した場合でも、もし身近な知り合いだったら「本人かどうか分からないけれどページを見にいく」人は多いですよね。

「ちょっとした知り合いにバレる可能性」を低くするためにも、本名ではなく、ニックネームで登録するのがおすすめ。

もし知り合いに顔写真のアイコンを見られても、本名ではなくニックネームだったらソックリさんだと思われて終わる可能性もあるでしょう。

フルネームや勤務先など、本人に結びつく情報を、むやみやたらにプロフィールに記載しないこともポイントです。

顔見知りが見たら自分だと気づかれるアイコンにしない

SNSと同じアイコンではすぐに気づかれる…/Photo by ぱくたそ
SNSと同じアイコンではすぐに気づかれる…/Photo by ぱくたそ
・SNSと同じアイコンは避けよう

恋活アプリを使う女性であればSNSを利用している割合も多いでしょう。

「ちょっと使うだけだし」と、めんどうくさがってSNSと同じ写真を使ってしまうと、本人だとバレるリスクが高まります。

リスク回避のためにも、普段使っているSNSとは違う写真を登録してくださいね。

・顔出しをせず似顔絵で対応

好みの相手と出会える可能性は低くなりますが、知り合いにバレる可能性も低くなるのが「アイコンを似顔絵」にすることです。

自分で自分をデフォルメして書いてもいいですし、『アイコンメーカー』のようなツールを使うのも良いですね。

出会いをとるか、知り合いにバレるか、ということにもなりますが、「知り合いにバレるのは絶対に嫌!」と思うのであれば、顔写真は似顔絵にすると良いでしょう。

現在地を利用してマッチングをしない

・会社がある駅の周辺は要注意

恋活アプリの中には、リアルタイムで「今自分がいる場所の半径◯m」の人と出会える機能があります。

終業後に現在地を使ったマッチング機能を利用すると、同じ会社の人とマッチングしてしまうかもしれません。

面倒かもしれませんが、現在地機能を利用して出会いたい場合は、何駅か離れたところで使うと良いでしょう。

・「ここで飲んでるよ」とSNSで更新をした場所
自分の居場所をSNSで発信した後は気をつけて/Photo by ぱくたそ
自分の居場所をSNSで発信した後は気をつけて/Photo by ぱくたそ
SNSを使って、美味しい料理や友人との写真を載せる人も多いですよね。

「ここで飲んでるよ」と更新をした場所で現在地を使ったマッチングをすると、「SNSを見ました」「近くで飲んでいます」など、恋活アプリでなく、SNSのフォロワーとの出会いの場になることも。

更新をしたSNSがリアルのアカウントだったら、知り合いの知り合いという可能性も高いでしょう。

知り合いにマッチングアプリを使っていることを隠すためにも、自分の居場所を発信した後にマッチングをするのはやめましょう。

身バレ防止対策をしている恋活アプリを使う

身バレを防いでくれるアプリもある…?/photo by GAHAG
身バレを防いでくれるアプリもある…?/photo by GAHAG
・「恋活アプリ 身バレ」で検索

「知り合いにバレたら恥ずかしい」「こっそり出会いたい」と思っても、どうしても身バレが怖くて使えない女性もいます。

このようなユーザー心理を理解し、徹底的に身バレを防いでくれる機能があるアプリもあります。

Facebookの友だちは最初からアプリ上で検索できない、ブロック機能がある、などアプリ側でも身バレ対策をしているのです。

身バレ機能をしっかり使いながら、恋活アプリを利用できるといいですね。

安全に気をつけて楽しい恋活アプリ生活を!

楽しく婚活アプリを使おう!/photo by GAHAG
楽しく婚活アプリを使おう!/photo by GAHAG
出会った相手と簡単に連絡がとれる恋活アプリはとっても便利。

ですが、インターネット上でやり取りをしただけの男性と1対1で会うので、危険なことに巻き込まれる可能性もあります。

クスリを打たれる、望んでいない性行為など、危険なことに巻き込まれないようきちんと注意もして、楽しく恋活アプリを使ってくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 恋活アプリを身バレせずに活用する方法4選 友達にナイショではじめよう!
今読んだ記事

恋活アプリを身バレせずに活用する方法4選 友達にナイショでは…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事