「運命を感じる…!」男性が一目惚れした瞬間に見せる行動5つ

0
一目見ただけで恋に落ちる“一目惚れ”。素敵な男性に一目惚れされてみたい!と思う女性もいますよね。でも一目惚れによる好意って、なかなか気付きにくいもの。実はふとした瞬間に男性を惚れられていることも。一目惚れかどうかをチェックする、男性の行動5項目をご紹介します。合コンや知り合いの紹介で見つけた気になる彼の様子をチェックしてみては?
「運命を感じる…!」男性が一目惚れした瞬間に見せる行動5つ(Photo-by-rohappy/Fotolia)
「運命を感じる…!」男性が一目惚れした瞬間に見せる行動5つ(Photo-by-rohappy/Fotolia)

よく目が合う

1つ目のチェックポイントは「目が合う」かどうか。

好きな人が近くにいると目で追いかけてしまうものです。ふとした瞬間感じる視線が彼のものだったり、よく目が合ったりするのは、彼があなたのことを無意識に目で追っているから。

気になるけど、声はかけづらい…「もっと近づきたい」「話かけようかな」とタイミングを見計らっているのかもしれません。ぼーっとなんとなく見られているように見えても「どうやって話しかけよう?」「何の話題を話そう」頭の中では色々考えていることも。

そんな彼と目が合ったら、にこっと笑ってみてください。微笑むことでさらに印象アップ。どんどん彼にとって魅力的な存在になっていきますよ。

褒めるとすごく照れる

2つ目のチェックポイントは「褒めると照れる」かどうかです。

男女関係なく、どんなことでも褒められると嬉しい気持ちになりますよね。意識している相手から褒められたのなら、なおさら嬉しくなってしまうもの。

自分が好意を持っている人から「認めてもらえた」という気持ちから、舞い上がった反応をする男性は少なくありません。

この人いいかも?と思ったら「◯◯似合ってますね!」など褒めてみた反応を見るのもいいかもしれませんね。

声が低くなる

3つ目のチェックポイントは「声のトーン」。

1対1で話してみた時、「さっきより声が低いような…?」と感じたら一目惚れのサインかもしれません。

人は緊張すると、声が低くなることがあります。また、低く落ち着いた声は男らしさを演出することも出来ますよね。

話し声が低い場合は、彼が緊張していたり「男らしく見られたい」という気持ちが働いている可能性が考えられます。彼があなたを意識しているからこそ、声に変化が訪れているんです。

彼の様子に注目して(photo-by-Joshua-Resnick/Fotolia)
彼の様子に注目して(photo-by-Joshua-Resnick/Fotolia)

時間を置いて何度も話しかけてくる

4つ目のチェックポイントは、「彼の話しかけてくる頻度」です。

女性に対して積極的な男性は、一目惚れした瞬間から話しかけたり連絡先を聞いてきたりとアプローチをかけてきますよね。

しかし、出会ってすぐに連絡先を聞かれただけでは、その人が本当に一目惚れしたのか、遊びなのか判別つかないですよね。もし気になる彼が、内容が短くても、時間をあけて何度も話しかけてくるようであれば一目惚れしている可能性大です。

一目惚れは、見た目や雰囲気、とにかくなんとなく「好き」な気持ちが溢れて恋に落ちるもの。どうにかして接点を持とうと、話を思いつく度に声をかけてきているかもしれません。

相槌が多くなる

5つ目のチェックポイントは「話の聞き方」。

何度も話しかけてくる彼がいたのなら、話を聞く様子にも注目です。興味のある女性が話している時は、1秒でも長く、一言でも多く話していたいと思います。

大人数で話をしていてもあなたの時だけは「もっと聞かせて欲しい」と言うように、相槌を多く打ってくれるなら、好意の証拠ですよ。

一目惚れされた自信があれば、彼の反応を観察するために、あえて興味なさそうな話題を話してみるのもいいかも…?

脈あり・脈なしの見極め方|行動や態度など彼からのサインを見逃すな


一目惚れから始まる恋のチャンス(photo-by-Halfpoint/Fotolia)
一目惚れから始まる恋のチャンス(photo-by-Halfpoint/Fotolia)
いかがでしたか。男性が一目惚れした時の行動チェックポイント5つです。

実は男性からの好意を見逃していた、という人もいますよね。

運命的な一目惚れに出会えたら、きっと素敵な恋のチャンスが待っているはずですよ。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「運命を感じる…!」男性が一目惚れした瞬間に見せる行動5つ
今読んだ記事

「運命を感じる…!」男性が一目惚れした瞬間に見せる行動5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事