もっと近くに来て欲しいから…男性が惹かれる魅惑の香り3選

【恋愛コラム/モデルプレス】身に着ける香りほど、気を利かせるアイテムはありませんよね。女性がいい匂いだと思っていても、男性が気に入るとは限らないという点が難しいところ。ただ巷で評判の香りだと、あなたではない別の誰かを思い出させてしまう可能性も。なのでここでは、周りと差がつく香りをご紹介します。
もっと近くに来て欲しいから…男性が惹かれる魅惑の香り3選/photo by GIRLY DROP
もっと近くに来て欲しいから…男性が惹かれる魅惑の香り3選/photo by GIRLY DROP

香りはあなたの分身!周りと被らないアイテムを選ぼう

女性であれば、きっと誰にでもお気に入りの香りというものがありますよね。

香りをかぐと、どこか懐かしい気持ちになったり、特定の人を思い出したり、忘れていた記憶の扉を開くアイテムでもあります。

そこでなるべく避けた方がいいのが、著名ブランドの人気の香りを使うこと。

当然ですが、「人気」ということは多くの女性が使用しているということになります。

もしかしたら、意中の男性の元カノと香りが被る可能性もあるというわけです。

それって、いい気分はしないですよね?

なので、なるべく有名なブランドではなく、周りがまだ使用していない香りを選ぶ必要があるのです。

そこで今回は、街中でなかなか嗅ぐことができない“個性がある”香りをご紹介します。

王道の香り×スズランで個性的な香りに!

ホワイトアンバー×ホワイトムスクの香りは王道といえる香り。

香り系アイテムの中でも王道の組み合わせなので、女性にとってはなじみ深い組み合わせだと思います。

ホワイトアンバー×ホワイトムスクにスズランの香りをプラスしたオーデコロンがオススメ。

気になっていた男性に「この間似た香りがして、〇〇ちゃんのこと思い出した」と言われたときは、心の中でガッツポーズをしました。

濃度が15~30%のパルファムだと少しくどく感じますが、オーデコロンなら濃度も1~5%と低いので鼻につくこともありませんよ。

王道の香りで彼をドキッとさせて/photo by GIRLY DROP
王道の香りで彼をドキッとさせて/photo by GIRLY DROP

海外の方が使っているアイテムも被りにくい!

「異国情緒あふれる香り」は某ボディケアブランドで体験した、マンダリンオレンジ×ピンクベリーの香り。

街中ですれ違う外国人の方から漂う香りってありますよね?それに近いです。

日本人女性から感じたことがないので、元カノと被る心配もありません。

ちなみに、男性の前でマンダリンオレンジ×ピンクベリーのハンドクリームを使用した女性が言われたのが「これ。あれだ。好きな香りだ」という言葉。

その後、よっぽど香りが気に入ったのか、同じ香りのハンドクリームを購入した…なんて力もあるみたいですよ。

ルームフレグランスに使用すると、賛否が生じたので、一瞬香るハンドクリームがちょうどいいと思います。

日本で直売していない香りを使用するのもおすすめ!

日本でなかなか購入できない香りを身にまとうのも、相手にあなたの印象を植え付ける一種の手段となります。

ドイツの有名ファッションブランドが販売しているオーデトワレ

オーデトワレは濃度は5~10%、持続時間も3~4時間なので、扱いやすさも十分。

マンダリンオレンジ×ピンクベリーの香りよりもさっぱりした甘さで、どちらかといえばホワイトアンバー×ホワイトムスク寄りの香りのこのアイテム。

アップルにローズ、バニラにアンバーと香り系によくある組み合わせですが、調合の割合が異なるのか、このアイテムと同じ香りに出会ったことがありません。

まだ、誰も知らないような香水を使えば、それがあなたの香りとなり、相手の記憶に深く印象付けることができますよ。

香りをきちんと選ぶ女はモテる/photo by GIRLY DROP
香りをきちんと選ぶ女はモテる/photo by GIRLY DROP

香りで相手を魅了しよう!

普段、何気に使っている香水1つにしても、恋愛においては気を抜くことが許されないアイテムです。

「人気」「有名」と銘打ったアイテムではなく、日本ではマイナーなブランドの香りを選ぶのもポイントとなってきます。

人気ブランドのアイテムの場合を使用する場合は、男性と一緒に店頭まで行き、香りを知っているかどうか確認したうえで購入するようにしてください。

その時、相手の好みの香りを聞くのも忘れずに!(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - もっと近くに来て欲しいから…男性が惹かれる魅惑の香り3選
今読んだ記事

もっと近くに来て欲しいから…男性が惹かれる魅惑の香り3選

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事