リアルな人間ドラマに世界が熱狂 社会現象を巻き起こしたリアリティ番組が日本初上陸

【オーディション/モデルプレス】あまりの人気で本国イギリスでは社会現象となり、アメリカのハリウッドセレブにも熱心なファンをもつリアリティ番組「ブリティッシュ ベイクオフ」が日本に初上陸。2016シーズン最終回は1400万人以上が見たと言われ、紹介されたレシピの材料は売り切れが続出したこともあるとのこと。素人がお菓子やパン作りの腕を競うというシンプルな番組ながら、世界中を魅了しているその理由とは?
リアルな人間ドラマに世界が熱狂 社会現象を巻き起こしたリアリティ番組が日本初上陸(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
リアルな人間ドラマに世界が熱狂 社会現象を巻き起こしたリアリティ番組が日本初上陸(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)

社会現象も起こしたイギリスの国民的番組

イギリス全土からオーディションによって集まったアマチュア達が、毎週出される3つの課題(※1)に応えながらベイキング(オーブンを使ったお菓子やパン作り)の腕を競い合う「ブリティッシュ ベイクオフ(通称:ブリベイ)」。毎週1~2人が脱落していき、最後に残った1人が優勝するというシンプルな構成ながら、2010年の放送開始からファンは世界中に拡大しています。

(※1)1つ目は事前に課題を知らされオリジナルレシピで腕を競う「オリジナルチャレンジ」、2つ目は作る直前に課題が知らされる「テクニカルチャレンジ」、最後は参加者の技術と才能を試す「マスターピースチャレンジ」

社会現象を起こすほどの人気に(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
社会現象を起こすほどの人気に(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)

番組の詳細をチェック


イギリスではシリーズを重ねる度に視聴者が増えており、2016シーズンの最終回は1400万人以上(※2)が見たとのこと。紹介されたレシピの材料は売り切れが続出したと言われています。

しかし、これだけの人気番組ながら優勝者に贈られるのはガラスのお皿1枚だけ。それだけ“優勝すること”に大きな意味があり、歴代の優勝者たちはその後、食の分野で様々な活躍をしています。

(※2)イギリスの人口が約6500万人なので視聴率にすると20%以上

出される課題はシンプルなのにひねりがあるものばかり(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
出される課題はシンプルなのにひねりがあるものばかり(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
アメリカでも放送され人気に(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
アメリカでも放送され人気に(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)

ブリベイの人気の秘密は?

・その1「リアルな人間ドラマ」

多くのリアリティ番組に見られる出場者同士が衝突する演出は「ブリベイ」にはありません。ベイカー(出場者)それぞれが自分の腕を信じて、純粋にアイディアと技で競い合います。料理にかける熱い想いも紹介され、ベイカーは好感の持てるキャラクターばかり。見ているうちに特定のベイカーに感情移入して、思わず応援したくなってしまいます。

個性的な出場者が魅力(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
個性的な出場者が魅力(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
・その2「独創的な料理」

アマチュアのベイカー達が趣向を凝らし作り上げるケーキやパンは、どれも枠にとらわれない独創的なものばかり。ケーキを砂糖菓子で作った紙袋に包んだり、ケーキにチョコレートの巨大タワーを乗せたりと、見ているだけでも楽しい作品が続々と登場します。

個性的なケーキも見どころ


アイディア料理が満載(「ブリティッシュ<br>
 ベイクオフ」1話目キャプションより)
アイディア料理が満載(「ブリティッシュ
ベイクオフ」1話目キャプションより)
食欲をそそる作品が続々(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
食欲をそそる作品が続々(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
・その3「先の読めない展開」

厳しいオーディションを通過してきた腕に自信のあるベイカー達ですが、時間制限がある中、普段はしないようなミスを連発することも。少しの失敗が命取りになることもあり、誰が脱落するのかは最後まで読めません。ハラハラする展開も世界中を魅了している秘密のようです。

最後まで目が離せない展開(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
最後まで目が離せない展開(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
・その4「すがすがしいラスト」

時にはお互いを支え合いながら、ベイカー達は出された課題に挑んでいきます。優勝を競うライバルではありますが、同時に共に戦っている仲間。ベイカー同士、冗談を言い合ったりするなど、ほのぼのした雰囲気もあり、いがみ合うことはありません。それだけに脱落者をみんなで称え励ますシーンは、他のリアリティ番組では見ないすがすがしい最後となります。

お互いを称え合うベイカー達(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
お互いを称え合うベイカー達(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)

第1話目の見どころをチェック

日本で初放送となるシリーズには、1万人のオーディションを勝ち抜いてきた13人のベイカーが登場。子供服デザイナーや歯科医師、人工衛星設計者に大学生など経歴も年齢も様々。出される3つの課題をこなし、13人の中から初の脱落者が決定します。

1話目に脱落してしまうベイカーは誰?(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
1話目に脱落してしまうベイカーは誰?(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
1話目の見どころは、課題を直前に知らされる「テクニカルチャレンジ」。司会が「悪魔的な難しさ」と言うように、ここで出された課題に多くのベイカー達は頭を抱えます。試行錯誤しながら何とか形にしようと努力するものの、ミスするベイカーが続出。砂糖と塩を間違えてしまうというミスまで発生。生地がふくらまず困ってしまうベイカーも…。

審査に大きな影響を与える「テクニカルチャレンジ」ではありますが、最後の課題「マスターピースチャレンジ」で挽回することも十分可能。「今日が最後かもしれない」と、アイディアと技を全て出し切ったベイカー達の作品はどれも個性的で魅力的なものばかり。

緊迫した中にも遊び心がある(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
緊迫した中にも遊び心がある(「ブリティッシュ ベイクオフ」1話目キャプションより)
誰が最初の脱落者になるのか。そして誰が頂点に立つのか。13人の中から優勝者が決まる瞬間は、多くの感動を与えてくれるはずです。

放送予定


1月8日より放送開始


「ブリティッシュ ベイクオフ」は1月8日(月・祝)20時より無料BSテレビ局Dlife(ディーライフ)で放送を開始。DlifeはBSデジタル放送が見られる環境であれば、番組表でNHK BSの左隣を選択するだけで楽しむことができます。放送終了後には1週間の見逃し配信もあります。

視聴方法を見る


イギリスで社会現象を起こした「ブリティッシュ ベイクオフ」、2018年は日本に社会現象を巻き起こすかもしれません。(modelpress編集部)[PR]提供元:Dlife(ディーライフ)

「ブリティッシュ ベイクオフ」番組詳細

■番組名:「ブリティッシュ ベイクオフ」
■放送日:毎週月曜日 20:00(※全14話を放送予定)
■初回放送:1月8日(祝・月)20:00~21:00
■視聴方法:全国無料のBSテレビ局ディーライフ(※リモコンのBSボタンを押し番組表から「Dlife」を選択)
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - リアルな人間ドラマに世界が熱狂 社会現象を巻き起こしたリアリティ番組が日本初上陸
今読んだ記事

リアルな人間ドラマに世界が熱狂 社会現象を巻き起こしたリア…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事