セレブ男性の実態、年収別にチェック「玉の輿に乗る」3ステップとは

【恋愛コラム/モデルプレス】「玉の輿に乗りたい」「憧れのセレブ生活を送りたい」そんな風に考えている女性は正直少なくないはず。雑誌「S Cawaii!」12月号特集『あぁ、玉の輿に乗りたい!』ではそんな一発逆転を狙う女性たちに向け、今から始める玉の輿に乗る方法をレクチャーしています。
『あぁ、玉の輿に乗りたい!』特集より/「S Cawaii!」12月号(提供画像)
『あぁ、玉の輿に乗りたい!』特集より/「S Cawaii!」12月号(提供画像)

目次

  1. 1. お金持ちの実態は?
  2. 2. ステップ1:お金持ちに出会う!
  3. 3. ステップ2:お金持ちに覚えてもらう!
  4. 4. ステップ3:お金持ちに愛される女になる!
  5. 5. 憧れセレブ・大沢ケイミが恋愛テク指南

お金持ちの実態は?

お金持ちってどんな人?どんな生活?…「玉の輿」と言っても、実態は想像しにくいですよね。同誌では「1000万円以上(~35歳まで)」「3000万円以上(~40歳まで)」「1億以上(~45歳まで)」と、その生態をチェックし年収別で早見表に。

結婚すると、「年1回はハワイに家族旅行(1000万円以上男性)」「都内の人気エリアにマイホームを持てる!!(3000万円以上男性)」、「買い物はVIPルームでシャンパンを飲みながら特別待遇!(1億以上男性)」の夢の暮らしが送れるようです。

ステップ1:お金持ちに出会う!

『あぁ、玉の輿に乗りたい!』特集より同誌モデルの加藤雛/「S Cawaii!」12月号(提供画像)
『あぁ、玉の輿に乗りたい!』特集より同誌モデルの加藤雛/「S Cawaii!」12月号(提供画像)
さらに同誌では、「今から始める玉の輿に乗る方法」を3ステップで紹介。

まずは行動し、お金持ちと出会わないと何も始まりませんよね。

「平日昼のワインセミナー」なら時間の融通が利く経営者率が高め。ワインセミナーにはただの見栄っ張リーマンやうんちく親父も紛れているため、普通の会社員では通えない時間が狙い目のようです。またさりげなく仲良くなることが苦手な女性には「金持ち限定の出会い系パーティー」がおすすめ。何度も通うことで人気も高い女を学習し、結果素敵な男性をGETできますよ。

他にも「平日朝の都心のジム」や「若めの講師が開く経営セミナー」などもセレブとの出会いの場だそう。

ステップ2:お金持ちに覚えてもらう!

『あぁ、玉の輿に乗りたい!』特集より同誌モデルの加藤雛/「S Cawaii!」12月号(提供画像)
『あぁ、玉の輿に乗りたい!』特集より同誌モデルの加藤雛/「S Cawaii!」12月号(提供画像)
しかし、出会っただけでは始まりません。食事に誘われたり仲良くなるためにも“明日になっても覚えられている女”になることが必要です。

例えば「人と被らない名前」であれば出会いの多いお金持ちでも覚えてくれる可能性は大。普通の名前の場合は、印象深いけど呼ぶのに抵抗のないあだ名を考えましょう。そして絶世の美女でない限りは、多少可愛くともブスと同等。“ウザくないけどグイグイくる”「キャラが濃くほどよく図々しい女」なら爪痕を残せるはず。

ステップ3:お金持ちに愛される女になる!

『あぁ、玉の輿に乗りたい!』特集より同誌モデルの加藤雛/「S Cawaii!」12月号(提供画像)
『あぁ、玉の輿に乗りたい!』特集より同誌モデルの加藤雛/「S Cawaii!」12月号(提供画像)
そして、お金持ちに花嫁として選ばれるためには愛される女になることが大事。居心地の良さと堅実な女のフリが何よりも大事なよう。

「手料理が料亭レベル」の女性なら、30代、40代の胃袋を余裕でキャッチできる!自宅ご飯が本当に美味しければ、外食よりもゆっくり家で過ごしたいものですよね。健康や体型が気になる30代以降の男性には効果絶大です。

憧れセレブ・大沢ケイミが恋愛テク指南

さらに同誌では、あこがれのセレブ婚を叶えた女性代表として大沢ケイミさんが登場。「(付き合っている時は)目指すはバカップル!重くてウザイ女にならないように、“ライトに可愛く”言うのがコツ」など、彼にとって必要不可欠な女になるための恋愛テクをレクチャーしています。

ほか特集では「でも結局、手堅い男を手に入れたい!!」という女性に向けての恋愛テクも紹介。大手サラリーマンや公務員など手堅い職の男性を狙う方法も分かっちゃいますよ。(modelpress編集部)

情報提供:主婦の友社




【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - セレブ男性の実態、年収別にチェック「玉の輿に乗る」3ステップとは
今読んだ記事

セレブ男性の実態、年収別にチェック「玉の輿に乗る」3ステップ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事