あなたは「東京タラレバ娘」?幸せを掴める女性になるには

【東京タラレバ娘/モデルプレス】あの時「こうしていたら…」「ああすれば…」と過去を嘆いては高い理想を掲げ捨てられないアラサー独身女子のリアルな本音や生態を描き、恋愛に仕事に奔走する姿が共感を集めた東村アキコ原作の人気マンガ「東京タラレバ娘」(講談社「Kiss」2017年6月号連載終了)。
あなたは「東京タラレバ娘」?幸せを掴める女性になるには/(C)東村アキコ/講談社
あなたは「東京タラレバ娘」?幸せを掴める女性になるには/(C)東村アキコ/講談社
過去の自分が選ばなかった選択肢に「~していタラ」「~していレバ」というのは、ついつい口にしてしまいがち。“タラレバ”という女性のあるあるで現代社会を風刺した内容に、「これって私のこと!?」「このままじゃヤバイ」「安定した幸せがほしい」と瞬く間に社会現象となりました。

「東京タラレバ娘」の連載やドラマが終了し、“タラレバロス”に陥っているアラサー女子も多いのでは?

そんな“タラレバロス”女子に嬉しい「東京タラレバ娘」のコラボレーションが登場!

さっそくチェック


「タラレバ的ヤングダービー」とは?

4日、「東京タラレバ娘」とボートレースがコラボレーションしてオープンするのが、特設サイト「タラレバ的ヤングダービー」です。ボートレースとの企画第2弾となる今回は、30歳未満の若手レーサーを対象としたレース「ヤングダービー」の魅力を伝えるため、さまざまなコンテンツが用意されているんです。

とはいっても、「ボートレースってよく知ってレバいいけど…」「興味はあるけど1人だっタラ不安」「休みの日に出かけるのが面倒くさい」なんてタラレバしてしまうアラサー女子も多いハズ。

タラレバ娘たちとレーサーを応援(C)東村アキコ/講談社
タラレバ娘たちとレーサーを応援(C)東村アキコ/講談社
特設サイト「タラレバ的ヤングダービー」は、19日から始まる「ヤングダービー」に先駆けてボートレース初心者でもわかりやすいように開設される頼もしい味方。各コンテンツには、「東京タラレバ娘」の倫子、香、小雪の主人公3人組をはじめ、主要キャラクターが登場し、ナビゲートしてくれます。

3つのコンテンツは、どれも楽しそうなものばかり!

詳しく見る


<タラレバ的ヤングダービー>

タラレバ的ヤングダービー(C)東村アキコ/講談社
タラレバ的ヤングダービー(C)東村アキコ/講談社
「ヤングダービー」出場レーサー総勢52名による、レース前の人気投票。『エール』ボタンをクリックすることで投票できます。何回でもクリックできるところも魅力。実際のレース同様に、6名ずつで1レースが組まれていて、期間中に全9レースが行われます。レースごとに、「東京タラレバ娘」のキャラクターが推しメンレーサーを紹介。「度胸があって、テクニシャン」(倫子)、「正直好み」(小雪)、「あーしと一緒でまだまだ伸びるタイプ」(マミ)、なんて赤裸々トークで言われたら、気にならずにはいられません!

各レースで気になるレーサーを見つけたら、ツイートして大声援を送ってみるのもおすすめ。レースごとに抽選で30名様にオリジナルQUOカードが当たります。

またボートレースラウンジの会員登録をした人を対象に、全9レースでもっとも得票数を伸ばすタラレバメンバーを当てるキャンペーンも展開。予想が的中した人には抽選で30名様に旅行券3万円分がもらえるチャンスも。

さらにタラレバ的ヤングダービーTwitterも開設。各キャラクターのここでしか見られないつぶやきに出会える期間限定企画です。

<タラレバ的ヤングダービー講座>

タラレバ的ヤングダービー講座(C)東村アキコ/講談社
タラレバ的ヤングダービー講座(C)東村アキコ/講談社
「ヤングダービー」のいろはを、「東京タラレバ娘」のタラとレバが解説してくれるコーナー。講座では、テスト形式のクイズが出題されます。高得点を獲得することができたら、ボートレース通への第一歩といえそうです。

ヤングダービー講座テスト(C)東村アキコ/講談社
ヤングダービー講座テスト(C)東村アキコ/講談社
<タラレバ的ヤングTV>

タラレバ的ヤングTV(C)東村アキコ/講談社
タラレバ的ヤングTV(C)東村アキコ/講談社
「ヤングダービー」や若手レーサーに関する動画を観ることができるタラレバ的ヤングTVも見逃せません。事前にチェックしてボートレースへの理解を深めるのも良し、イケメンを見つけるも良し!

「トップルーキー」「歴代ヤングダービー(過去の優勝戦)」などのカテゴリーから、「ヤングダービー」を楽しめます。

過去の熱戦を味わえる動画も
過去の熱戦を味わえる動画も

もっと見る


あなたは「東京タラレバ娘」?それとも…

どのコンテンツも「東京タラレバ娘」のファンはもちろん、誰でも楽しみながら「ヤングダービー」の魅力に触れることができますよ。

痛々しいほどの現実を突きつけられても、自分のことを自分のこと以上にわかってくれる一生の友だちとの女子会、夢中になれる仕事、時に甘く訪れる恋愛。“タラレバ娘”の日常には、幸せへのあと一歩がたくさん詰め込まれています。

もしかしたらボートレースをきっかけに、素敵な出会いだってあるかも!

「そんな甘い話なんてない」と思っているとしたら、食わず嫌いが“タラレバ娘”から抜け出せない原因になっているかも。幸せを掴める女性は、まずは始めてみるはず!

まだ知らない世界へ一歩踏み出して、新しい自分に出会ってみませんか?(modelpress編集部)[PR]提供元:BOAT RACE振興会
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - あなたは「東京タラレバ娘」?幸せを掴める女性になるには
今読んだ記事

あなたは「東京タラレバ娘」?幸せを掴める女性になるには

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事