「フルハウス」が20年ぶりに帰ってきた!女子から共感を呼ぶ続編の魅力

【フラーハウス/モデルプレス=2月26日】1987年にスタートし、8年間全192話続いたアメリカの大ヒットファミリードラマ『フルハウス』。放送開始以来28年の間、アメリカのみならず全世界で繰り返し鑑賞され、世代や国をこえて熱狂的に愛され続けてきた言わずと知れた名作ですが、日本でも子どもの頃、地上波で放送されていた吹き替え版を見ていた人は多いのでは?
ファンには堪らない懐かしのタナー家が再集結/『フラーハウス』(C) Netflix. All Rights Reserved.
ファンには堪らない懐かしのタナー家が再集結/『フラーハウス』(C) Netflix. All Rights Reserved.

全世界で愛される名作『フルハウス』続編にオリジナルキャスト集結

そんな『フルハウス』の続編となる『フラーハウス』が、世界最大のインターネット映像配信サービス「Netflix」にて配信。お馴染みのキャラクターのその後を物語るスピンオフで、オリジナルキャストが豪華に再集結。日本のファンとしては気になる吹き替え版の声優陣も同様にオリジナルキャストが集まりました。

男3人から女3人の子育て奮闘記へ

『フルハウス』は、妻に先立たれたダニー・タナーが3人の娘を育てるため、義理の弟ジェシー、親友ジョーイと始めた共同生活を描いたものですが、その後を描いた『フラーハウス』は、娘たちが主人公に。

女手一つで3人の子どもを育てる長女のD.J.・タナーが生まれ育ったサンフランシスコの家に引っ越してくる場面で開幕。D.J.は獣医として働くワーキングマザーで、父のダニー同様、育児と仕事の両立にてんてこ舞いになることに。そんな彼女を見かねて、すぐ下の妹で独身のステファニー、そしてD.J.の親友で離婚したばかりのキミーが娘を連れて越してきて共同生活を開始。未亡人、未婚、バツイチの女3人は、反抗期のジャクソンと神経質なマックス、生まれたばかりのトミーJr.、今どき女子ラモーナの子育てに奮闘することになるというストーリー。

「フラーハウス」<br>
「フラーハウス」
子どもたちの世話を通して成長していく姿が描かれ、男3人から女3人の子育て奮闘記に変わりはしたものの、家族の成長を笑いと感動と共に映し出す『フルハウス』のメインテーマは本作にもしっかりと受け継がれていて、オリジナルファンならずとも夢中になれる家族の成長物語です。

ファンにとってはお馴染みのタナー宅も、当時の家具をそのまま使用し完全復元。視聴者が20年以上の時を感じることなくすんなりとタナーファミリーの新生活に入り込めるよう『フルハウス』と同じ世界観を再現しています。

『フラーハウス』を「Netflix」で観る



『フラーハウス』の魅力に迫る

女子なら誰もが考えたことがある結婚、出産や子育てと仕事の両立の問題が絡み、個性豊かなキャラクターたちが織りなすストーリーに、きっとあなたも感情移入してしまうはず。

そこで今回、子どもの頃『フルハウス』を観ていたというモデルの神尾美沙さん、川本彩さん、小林真由さんの3人に第一話を観てもらい、座談会を開催。女子が主人公となりさらに共感できる内容となった『フラーハウス』の魅力を語り合ってもらいました。

座談会に参加した(左から)川本彩さん、小林真由さん、神尾美沙さん(C)モデルプレス
座談会に参加した(左から)川本彩さん、小林真由さん、神尾美沙さん(C)モデルプレス
「フルハウスのことしか考えてないくらいの時期があった!」「良い時間帯にテレビでやってたよね」「すごい楽しみ!」と視聴前からワクワクした面持ちの3人。『フルハウス』の映像と共に『フラーハウス』が始まると「懐かしい!」と歓声。観終わった直後の3人の感想は?

コミカルな笑いは健在

「懐かしい!」と笑みがこぼれる(C)モデルプレス
「懐かしい!」と笑みがこぼれる(C)モデルプレス
川本さん:すごく懐かしかったな~!観ていく内にキャラクターも思い出していった。独特の笑いのテンションが好き。それを定期的に味わえるって幸せ。やっぱり年齢重ねても面白いものは面白い!

小林さん:ウケるウケない関係なくて何でもネタを入れてくるから、こっちも笑えなくてもゆっくり観れるよね。細かい所での小さな笑いがたくさんあるから飽きない。

神尾さん:好きな時に見れるって結構大事。何にもない日に朝から流してみたい!子どもの時は学校、夕飯とかあの時の生活リズムに放送が合っていたけど、今はそうもいかないし。

小林さん:海外ドラマって結構順を追って見なくちゃいけなくて前回の内容を急いで見たりとかしちゃうんだけど、この内容ならちょっと間が開いても、前後しても大丈夫だし、内容的に忙しい人でも、息抜きに見れるんじゃないかな?それに今回は字幕にも切り替えられるし、字幕でも観たいな。『フルハウス』も今のタイミングで振り返りたくなっちゃった。

神尾さん:前のネタもちょいちょい盛り込んでるもんね!

『フラーハウス』も家族で見れる内容

(左から)キミ-、ステファニー、D.J./女3人の子育て奮闘記
(左から)キミ-、ステファニー、D.J./女3人の子育て奮闘記
川本さん:『フルハウス』でアメリカ人のリアクションとか、海外コメディー独特の観客の笑い声とか、アメリカ独特のことを色々学んだよね。

小林さん:アドリブが多いから役というか役者自身を観ているような気がするよね。あれだけ長くやっているから仲も良いだろうし、和やかな雰囲気は観てて楽しい!今回ミシェル役のオルセン姉妹が出演しないのは残念だけど、それをイジる場面もあったし(笑)。

例えば今の小学生とかにも観て欲しくない?なかなか海外との馴染みがないし、こういうのが入りやすいのかなって思う。えげつない表現とか、人殺したりとかそういうシーンもないし家族で観るにも安心だよね。『フラーハウス』も海外に憧れるきっかけになる作品だろうなあ。

リラックスして鑑賞(C)モデルプレス
リラックスして鑑賞(C)モデルプレス
川本さん:時事ネタも出てきたもんね。

小林さん:話題性もあるから“『フラーハウス』を観てるのがオシャレ!”ってなるかも!

『フラーハウス』を「Netflix」で観る



今回は長女D.J.・タナーが主人公に シングルマザーの葛藤描く

未亡人、未婚、バツイチの女子3人は個性もバラバラ
未亡人、未婚、バツイチの女子3人は個性もバラバラ
川本さん:今回はシングルマザーのD.J.が主人公だから、より共感できそうだよね。男手で育てるのとはわけが違うというかメンタル的にも分かる部分とかあると思った。

小林さん:だけどただただ3人で上手くまとまるのではなくて、笑いあり波乱ありの内容になりそう。子どもたちも対立しているし、別の成長過程が見れそうでこれからの展開が楽しみ。妹のステフは駆け出しのミュージシャンでD.J.と違ってまだ結婚はしていないんだよね。子育てを「退屈」って言っていたけど、その考えが共同生活を経ることで変わっていくのかな?

1話はまだ恋愛模様はあんまり出てこなかったけど、今後はシングルマザーをしながらの恋愛も見たい!

『フラーハウス』の魅力を語る(C)モデルプレス
『フラーハウス』の魅力を語る(C)モデルプレス

20年経っても相変わらず“満員(フルハウス)”共同生活物語

川本さん:『フルハウス』もそうだけど、血縁関係だけじゃなくて色んな人同士の共同生活を今回も描いているよね。“他人だけど家族”みたいな関係って本当に良いなって思う。日本じゃまだ一般ではないしなかなか簡単に出来ることじゃないよね。

神尾さん:出来ないからこそ、見たいのかも。

ごちゃ混ぜの共同生活が魅力!
ごちゃ混ぜの共同生活が魅力!
小林:今の日本って特にご近所付き合いが少なくなっているから、こういうテーマはなかなか無いよね。

川本さん:普通に描いたらドロドロに見えそうなやりとりもコミカルに描いているもんね。

小林さん:赤ちゃんもどんどん成長するからそれも楽しみだな。男3人が3人娘を育てて大成功するのが『フルハウス』だったけど、今回も3人が母親になって、子どもたちの性格も変わっていくのかな?とにかく続きが楽しみ!

さらにパワーアップした面白さ(C)モデルプレス
さらにパワーアップした面白さ(C)モデルプレス

全世界同時配信

『フラーハウス』は、「Netflix」オリジナルとして26日より、全世界同時ストリーミングが開始。海外の友だちと感想を共有しあう、なんていうのもいいですよね。

『フラーハウス』を「Netflix」で観る



キャストも視聴者も同じだけ歳を重ね、さらにパワーアップして帰ってきたタナー家の成長物語は、きっと『フルハウス』とは違う視点で観ることができます。それぞれ濃いキャラクターが様々な笑いを生み出すコメディは、『フルハウス』を知らない人でも楽しめるでしょう。

女子共感度が増した『フラーハウス』。『フルハウス』の思い出話も混じえながら、大切な人との一時のリラックスタイムにオススメです。(modelpress編集部)[PR]提供元:Netflix株式会社
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - 「フルハウス」が20年ぶりに帰ってきた!女子から共感を呼ぶ続編の魅力
今読んだ記事

「フルハウス」が20年ぶりに帰ってきた!女子から共感を呼ぶ続…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事