LINEで使える“男心をくすぐるワンフレース”6選

【恋愛コラム/モデルプレス=1月5日】男性にとって女子からもらったLINEは特別があるものなのだとか。攻めて攻めて攻めまくれば、好きな人を振り向かせることができるかもしれませんよ。そこで今回は、10~20代男性に「男心をくすぐる、LINEのワンフレーズ」を調査。「好き」などストレートな言葉だけではない6つをご紹介します。
LINEで使える“男心をくすぐるワンフレース”6選(Photo by ponsulak)【モデルプレス】
LINEで使える“男心をくすぐるワンフレース”6選(Photo by ponsulak)【モデルプレス】

「初めて知った」

「LINEで『髪の正しいケア方法』を教えてあげたら、『すごい。初めて知った』と返ってきて、思わずガッツポーズ」(26歳/美容師)

「職場の女性と、エジプトのピラミッドについて色々話した。後日、LINEで『初めて知ることができて、嬉しかった』ときた。ああ、感動」(27歳/塾講師)

男性は、物知りだと思われたら嬉しいようです。たとえ知っている話だとしても、知らないフリをしましょう。

「ちょっぴり寂しい」

「唐突に『ちょっぴり寂しい』というメッセージをくれた、女友達。思わず、『会いに行こうか?』と聞いてしまった」(19歳/専門学生)

「後輩とLINEのやり取りをしているとき、夕日が綺麗だった。すると、『ちょっぴり寂しいんです』と送られてきて、胸がズキュン」(25歳/金融)

「寂しい」という言葉を見ると、男性は責任感を覚えるよう。「俺が何とかしないと」という気にさせちゃいましょう。

「私も好き」

「タイ料理の話を持ちかけたら、『私もトムヤムクンが好き』と送られてきてビックリ。『○○クン(自分の名前)』に見えた」(17歳/高校生)

「『俺、ジャズを聴くのが好きなんだよね』と送ったら、『私も好き』と返ってきた。ジャズの話と分かっていながらも、キュンとした」(20歳/飲食業)

文脈的には正しくても、男性は「好きって何?」と動揺してしまうようです。「大好き」だと引かれてしまう可能性もあるので、「好き」にしておきましょう。

「好きな料理は?」

「突然、LINEで『好きな料理は?』と送ってきた後輩。料理上手な子だから、余計にドキドキ」(24歳/出版)

「誕生日前に『好きな料理は?』というメッセージがきて、色々と期待してしまった」(18歳/アルバイト)

料理ネタは鉄板。特に、好きな料理を質問すると効果的です。男性に「いつか俺に作ってくれるのかな?」と想像させましょう。

「心配してる」

「多忙な僕に、『あんまり無理しないで。いつも心配してる』とメッセージをくれた女友達。意識しちゃうね」(22歳/大学生)

「風邪を引いたとき、LINEで『心配してるよ』と一言くれた先輩。好きになっちゃいそう」(16歳/高校生)

優しい女性は、いつの時代もモテるみたいです。

「二人だけの秘密」

男心を上手にくすぐって(Photo by Syda Productions)
男心を上手にくすぐって(Photo by Syda Productions)
「LINEで悩みを打ち明けてくれた女友達。感謝のメッセージの文末が、『二人だけの秘密だよ』だった。顔が赤くなったよ」(23歳/営業)

「『これから話すこと、二人だけの秘密にしてね』というLINEが送られてきて、もっと秘密がほしいと思った」(29歳/公務員)

二人だけの秘密を作って、特別感を演出しましょう。そうすれば、「友達以上の関係かもしれない」と思わせることができます。

いかがでしたか。これらのワンフレーズを覚えておけば、まさに無敵。

ある日、LINEの通話で愛の告白をされるかもしれませんよ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - LINEで使える“男心をくすぐるワンフレース”6選
今読んだ記事

LINEで使える“男心をくすぐるワンフレース”6選

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事