恋人がいてもいい!略奪愛を宣言されちゃった時の対応法5つ

彼がいるのに別の男性から略奪愛を宣言されちゃった!
恋人がいてもいい!略奪愛を宣言されちゃった時の対応法5つ(Photo by flairimages/Fotolia)【モデルプレス】
恋人がいてもいい!略奪愛を宣言されちゃった時の対応法5つ(Photo by flairimages/Fotolia)【モデルプレス】
モテは男女共通の必須アイテムです。

たとえ恋人がいても、時には夫や妻がいてもなお、それ以外の異性からモテていたいとどこかで思ってしまうもの。

だからといって、実際に浮気や不倫にすぐつながるわけではありませんが、迫ってくる相手が強引な場合、ついつい押されて流されてしまうこともあります。

そこで今回は、「恋人がいてもいい!」と略奪愛を宣言された時にどう対応すればいいのかをご紹介。

相手の勢いに流されてしまわないためにも、チェックしていきましょう。

1.軽くかわす

最初の段階では、真剣に受け止めず軽くかわしてみましょう。

「あら、ありがとう」と告げて肩をポンと叩くくらいの気持ちで聞き流してください。

略奪愛を宣言したほうが調子抜けしてしまうくらい、軽いノリと「冗談でしょ?」的な気持ちで接すれば、きっと彼も脈が無いと諦めてくれるはずですよ。

流されないようにしっかり自分を持とう(Photo by Alena Ozerova/Fotolia)
流されないようにしっかり自分を持とう(Photo by Alena Ozerova/Fotolia)

2.「浮気はしない」と宣言

勘のいいタイプの人だと、1の方法で「脈なしか」と諦めてくれることもあります。

でも、一世一代の真剣な告白の場合には、「オレは本気だから」と逆切れ気味になってしまうこともあるでしょう。

そんなタイプは根が真面目であることが多いので、「私は浮気とかってしないのよ」とクギを刺すことで、それ以上のアプローチをかわせることもありますよ。

3.「彼が一番大事だから」

略奪愛もあまりにはっきりと宣言されると、心がぐらついてしまうことがありますよね。

人に好かれてイヤな気はしないこともあり、強くは拒絶したくないという場合には、「私にとっての一番は彼だから」と優先順位をつけましょう。

そうすると「じゃ、まずは二番手でいい」と考えて、最高の男友だちになってくれるかもしれません。

一方、「一番手の座を必ず奪い取ってやる」と闘志を燃やすような、女としてのプライドをくすぐられるけれどちょっと厄介な存在になる人も。

クギを刺す手段として試したいものです。

彼が一番!と誇りを持って(Photo by mast3r/Fotolia)
彼が一番!と誇りを持って(Photo by mast3r/Fotolia)

4.「やれるものなら」

売り言葉に買い言葉というわけではありませんが、自分の恋人への気持ちに自信があるのなら、こんな言葉で挑発してみるのも一つの対応策です。

こういわれると男性としては俄然アプローチに力をいれてきます。

熱は熱くなりすぎると後は冷めるだけ。

熱いアプローチをすればするほど、冷めて諦めるのも早くなる可能性がありますよ。

あえて煽って、彼の恋が燃え尽きるのを待ちましょう。

5.「私の恋を邪魔したら許さないから」

中にはストーカーチックにしつこく食い下がってくるタイプもいます。

はっきり断ってもそれが通じない相手の場合、こちらは何も悪くないのに、彼に変にあやしまれて仲がこじれるきっかけになることもあるでしょう。

そんなタイプにははっきりと「私の恋の邪魔!」だと宣言しておく必要があります。

好きでいてくれるのは嬉しいですし、相手の気持ちそのものは相手のものですが、それが今の大事な恋愛に悪影響を及ぼすなら別問題。

「私の恋を邪魔したら許さない!」は最後通告になるでしょう。

彼への愛は忘れずに(Photo by Syda Productions/Fotolia)
彼への愛は忘れずに(Photo by Syda Productions/Fotolia)
いかがでしたか?

好かれることは嬉しくても、今彼との恋の邪魔になるなら、その告白も告白相手も早々に決着をつけておく必要があります。

相手の出方次第なところもありますが、相手が真剣であればあるほど、こちらも自分の恋を大事にしていることを訴えることで、無茶な行動を避けられる場合が多いでしょう。

また、状況によっては早めに今彼にも説明して理解と協力を仰いでくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 恋人がいてもいい!略奪愛を宣言されちゃった時の対応法5つ
今読んだ記事

恋人がいてもいい!略奪愛を宣言されちゃった時の対応法5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事