都合のいい女から脱却する5つの荒ワザ

【モデルプレス】都合のいい女とは、男性にとっていつも都合のいい方向・方法で行動する女子のこと。恋人である場合も友達である場合も、そしてただのセフレである場合もあります。 そんな風に都合良くあしらわれる女から、強引に脱却する方法をご紹介します。

都合のいい女である時を限定する

あらゆる面で都合のいい女でいるのは疲れます。また、彼もあなたの存在を当たり前に思うようになり、感謝すらされなくなってしまう可能性があります。そこで、あなたが彼の都合のいい女になる時を限定しましょう。料理面だけ、夜だけ、他の人と一緒の時だけ、などの限られた状況では最高にいい女でいて、他の時には、彼と同等でいることを宣言します。

彼を都合のいい男に調教する

いっそ彼も、あなたにとって都合のいい男へと調教してしまいましょう。うまく甘えたり、周囲からのプレッシャーを利用したりして、彼があなたの希望通りに動くように采配します。お互いがお互いにとって都合がいい状態は、ラブラブな状態です。

3回に1度は断る

細かいワザを使うのは難しい、面倒くさい、伝わらなさそうなどと思うなら、彼からの誘いを3回に1度程度断るのが効果的です。彼は、まさか断られるとは思っていないはず。だからこそ、はっきりと「ダメなの」、そして「ごめんなさい、次はきっとね」と続きがあることも匂わせておきましょう。

ほかの男性に対しても都合のいい女でいる

彼の前だけでなく、他の男性に対しても都合のいい女でいると、彼が嫉妬することがあります。自分だけの都合のいい女だったはずだと心の中で叫んでいるのです。ただ、嫉妬の様子が見られたら、それ以上の刺激はやめて、また彼にとってのいい女に戻りましょう。これを繰り返します。

都合のいい女を休む

思い切って、彼にとって都合のいい女を完全休業してみましょう。一種のストライキですね。至れり尽くせりだった日々から、急にゼロへと落ちると、彼は驚き焦ります。それが狙い。彼があなたの抵抗に気づいて不安そうにしている日が数日続いたら、またいい女ぶりを発揮しましょう。そうして彼が安心して油断し始めたら、再びストを決行。こうして、あなたが都合のいい女ではなく、“彼が好きだから尽くしている恋人”であることに気づかせます。

いかがでしょうか?

男性に限らず、人間は自分が楽な状況にはすぐに慣れ、不便だったり不快だったりする状況にはなかなか慣れることができません。それを利用し、甘やかす時期に慣れさせたら、思い切って突き放す。そんなツンデレ態度で女の価値を認識させるのです。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 都合のいい女から脱却する5つの荒ワザ
今読んだ記事

都合のいい女から脱却する5つの荒ワザ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事