映画「ブレット・トレイン」出発式イベントに登壇したフワちゃん(C)モデルプレス

フワちゃん、“大ファン”だった人物と対談実現「奥さんがなぜだか私のこと好きみたいで…」<ブレット・トレイン>

2022.08.08 21:45

人気YouTuberのフワちゃんが8日、都内で行われた映画『ブレット・トレイン』(9月1日公開)の出発式イベントに、山本舞香、堀内賢雄、津田健次郎、関智一、木村昴とともに出席。大ファンだった人物との対談について語った。


フワちゃん、堀内賢雄からの絶賛に「アクリル板がなかったらキスしてた」

木村昴、堀内賢雄、フワちゃん、山本舞香、雄、津田健次郎、関智一(C)モデルプレス
木村昴、堀内賢雄、フワちゃん、山本舞香、雄、津田健次郎、関智一(C)モデルプレス
本作は、伊坂幸太郎氏のベストセラー小説『マリアビートル』を、ブラッド・ピット主演、『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督がハリウッド映画化したミステリーアクション超大作。

フワちゃん (C)モデルプレス
フワちゃん (C)モデルプレス
フワちゃん (C)モデルプレス
フワちゃん (C)モデルプレス
イベントには、原作の大ファンであるフワちゃんも登場し、本作にホーネット役の声優として参加していることが発表された。堀内は「相当上手いよね」と絶賛し、フワちゃんは「嬉しいー!アクリル板がなかったらキスしてた」と喜びをあらわに。

今回、本人役以外で初の声優を務めたフワちゃんは「今まで声優とかドラマもあったけど、全部本人役だったので、今回ホーネット役ってちゃんと役名をいただけたのがめちゃめちゃ嬉しかった」と声を弾ませた。

フワちゃん、伊坂幸太郎氏と対談実現

フワちゃん (C)モデルプレス
フワちゃん (C)モデルプレス
さらに、伊坂幸太郎氏の大ファンであるフワちゃんは「原作の伊坂幸太郎さんの『マリアビートル』って本がめちゃめちゃ好きで、今回、映画化されるって聞いてすごくびっくりして、自分のインスタでも“『マリアビートル』実写化するの?やばい!”って書いたら声優の仕事が来た!言ってみるもんだね」と笑顔で告白。

「私、伊坂と対談したんだ!伊坂幸太郎の奥さんがなぜだか私のこと好きみたいで、伊坂幸太郎さんが『やばい、これからフワちゃんと対談だけどどうしよう』って不安がっていたら、なぜだか会ったこともない奥さんが『大丈夫、フワちゃんはちゃんとした子だから』って。可愛いよね」と上機嫌で裏話も披露した。

フワちゃん、山本舞香 (C)モデルプレス
フワちゃん、山本舞香 (C)モデルプレス
また改めて、原作ファンから見て本作をどう感じたか尋ねられると、「私は口うるさい原作ファンだから、“ちゃんとあのキャラクターが思い通りになっているのか!?”って目線で最初は見ていたんだけど、思ったよりちゃんと『マリアビートル』だったの」とコメント。

「ハリウッドは2時間にギュッとするからなくなっている設定とかあるんだろうなと思っていたら、思ったよりちゃんと『マリアビートル』で、後半ははちゃめちゃになってくるんだけど、そのはちゃめちゃ具合もめっちゃ面白かったから、最初はブラピが“あれ?伊坂さんに寄せてるっぽいぞ!”って思ったら、そこからハリウッド節が効いてきて、ドンガラガッシャンって。後半は高速列車で起こる範疇を超えてるから。こんなのあり!?って。伊坂幸太郎のハリウッドいいとこ取りだなって感じでしたね」と熱く語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. ヒロミ&フワちゃん、MC番組で“令和最強ギャル”と村興し
    ヒロミ&フワちゃん、MC番組で“令和最強ギャル”と村興し
    モデルプレス
  2. フワちゃん、“叱られた時”の衝撃の対処法告白「テレビで披露するもんじゃない」と総ツッコミ
    フワちゃん、“叱られた時”の衝撃の対処法告白「テレビで披露するもんじゃない」と総ツッコミ
    モデルプレス
  3. Snow Man、1問目からピンチ「今回ムズイぞ…」フワちゃんがヒント与える
    Snow Man、1問目からピンチ「今回ムズイぞ…」フワちゃんがヒント与える
    モデルプレス
  4. フワちゃん、首の怪我を報告 “数日安静”に心配の声
    フワちゃん、首の怪我を報告 “数日安静”に心配の声
    モデルプレス
  5. オードリー春日俊彰、結婚後も変わらぬ節約生活 フワちゃんが微笑ましい夫婦エピソード明かす
    オードリー春日俊彰、結婚後も変わらぬ節約生活 フワちゃんが微笑ましい夫婦エピソード明かす
    モデルプレス
  6. フワちゃん、憧れの人物明かす「マジで知られたくなかった」“べた褒め”メッセージにガチ照れ
    フワちゃん、憧れの人物明かす「マジで知られたくなかった」“べた褒め”メッセージにガチ照れ
    モデルプレス

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. あの、幾田りらとの“デデデデ”コラボ主題歌は「寝る時間も削って白目をむきながら書いた」
    あの、幾田りらとの“デデデデ”コラボ主題歌は「寝る時間も削って白目をむきながら書いた」
    WEBザテレビジョン
  2. 幾田りら&あの、“紅白出場歌手”2人の起用は2年半前から「すごく恵まれたキャスティング」原作者感謝<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    幾田りら&あの、“紅白出場歌手”2人の起用は2年半前から「すごく恵まれたキャスティング」原作者感謝<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  3. あの「“悪”幾田りらを引き出したい」コラボ曲制作秘話 音楽番組共演裏で会話録音も<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    あの「“悪”幾田りらを引き出したい」コラボ曲制作秘話 音楽番組共演裏で会話録音も<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  4. エマ・ストーン主演、映画「哀れなるものたち」の日本興行収入が4億2000万円を突破
    エマ・ストーン主演、映画「哀れなるものたち」の日本興行収入が4億2000万円を突破
    WEBザテレビジョン
  5. 漫画家・浅野いにお氏「原作者と映像化というものの関係性はすごく難しい」制作に深く関わった経緯明かす<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    漫画家・浅野いにお氏「原作者と映像化というものの関係性はすごく難しい」制作に深く関わった経緯明かす<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  6. 齋藤飛鳥、“泣きの演技”に監督手応え カメラマンも引き込まれすぎて「レールから落ちた」<映画 マイホームヒーロー>
    齋藤飛鳥、“泣きの演技”に監督手応え カメラマンも引き込まれすぎて「レールから落ちた」<映画 マイホームヒーロー>
    モデルプレス
  7. 「第47回 日本アカデミー賞」授賞式をTVerで生配信 高橋文哉ら新人俳優賞受賞者のインタビュー完全版などオリジナルコンテンツも順次配信
    「第47回 日本アカデミー賞」授賞式をTVerで生配信 高橋文哉ら新人俳優賞受賞者のインタビュー完全版などオリジナルコンテンツも順次配信
    WEBザテレビジョン
  8. 「デデデデ」原作・浅野いにお氏が“国民的キャラクター”の中からサプライズ登場 W主演・幾田りら&あのも驚き「見せてしまっていいのか」<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    「デデデデ」原作・浅野いにお氏が“国民的キャラクター”の中からサプライズ登場 W主演・幾田りら&あのも驚き「見せてしまっていいのか」<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  9. 齋藤飛鳥「何も考えずに生きてる」と驚き発言 佐々木蔵之介「センターが何言ってんねん!」<映画 マイホームヒーロー>
    齋藤飛鳥「何も考えずに生きてる」と驚き発言 佐々木蔵之介「センターが何言ってんねん!」<映画 マイホームヒーロー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事