蒼井優&竹内結子、家庭ルール発表で嘆く「こんな空気になるとは」<長いお別れ>

【蒼井優・竹内結子/モデルプレス=5月15日】女優の蒼井優竹内結子が15日、都内にて行われた映画「長いお別れ」(5月31日公開)のキャスト舞台挨拶に、共演の松原智恵子、北村有起哉、中野量太監督と出席した。
(左から)竹内結子、蒼井優(C)モデルプレス
(左から)竹内結子、蒼井優(C)モデルプレス

蒼井優「こんな空気になるとは」

(左から)北村有起哉、竹内結子、蒼井優、松原智恵子、中野量太監督(C)モデルプレス
(左から)北村有起哉、竹内結子、蒼井優、松原智恵子、中野量太監督(C)モデルプレス
同作で蒼井、竹内らが演じる家族には「誕生日パーティーで紙でできたバースデーハットを被る」というルールがあることから、家庭内ルールの話題に。蒼井は、頭を抱えつつも「うちの家族はやたらハグをするんです」と告白。「みんな久しぶりに会うと、おお!って言ってハグをする」と明かした。

蒼井優(C)モデルプレス
蒼井優(C)モデルプレス
MCから「小さい頃だけではなく?」と追求されると、「今も。ついこの間も父親に会った時に普通にハグして、お母さんにもハグして別れましたけど」と述懐。会場が静まり返ると蒼井は、「え?ちょっとなしにしてもらってもいいですか(笑)。こんな空気になるとは思わなかった」と嘆き、笑いを誘った。

すると竹内から「素敵じゃないですか。いつまでも仲のいいお父さんとお母さんがいて」とフォローが。蒼井は「頼もしい~」と笑顔を見せた。

竹内結子、幼少期の“家族ルール”とは?

竹内結子(C)モデルプレス
竹内結子(C)モデルプレス
さらに、竹内は家族のルールについて「小さい頃からどんな食事でもお味噌汁が付いてました。カレーの時でもシチューの時でもお味噌汁」と回想。

ざわつく共演者や会場を前に「自分の家ならではを出すと、みんなに引かれるっていう。親に申し訳ないですね(笑)」と吐露。「うちはうちで楽しく食べてました」と続けると、蒼井も「うちもうちで楽しくハグしてました」といい、再び会場を笑いに包んだ。

蒼井優・竹内結子ら出演「長いお別れ」

(左から)北村有起哉、竹内結子、蒼井優、松原智恵子、中野量太監督(C)モデルプレス
(左から)北村有起哉、竹内結子、蒼井優、松原智恵子、中野量太監督(C)モデルプレス
同作は「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野監督が、直木賞受賞作家・中島京子氏の同名小説を映画化。娘たちは、厳格な父・昇平が認知症になったという事実を告げられる。

記憶を失っていく昇平の様子に戸惑いながらも、家族が忘れかけていた“愛しい思い出”が、父の中に今も息づいていることを知る。

認知症になった父を取り巻く“東(ひがし)家”の次女・芙美役を蒼井、長女・麻里役を竹内、母親・曜子役を松原、認知症を患う父親・昇平役を山崎努、麻里の夫・今村新役を北村が演じる。

なお、山崎は体調不良のためキャスト舞台挨拶を欠席した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 蒼井優&竹内結子、家庭ルール発表で嘆く「こんな空気になるとは」<長いお別れ>
今読んだ記事

蒼井優&竹内結子、家庭ルール発表で嘆く「こんな空気になると…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事