King & Prince永瀬廉、サプライズ登場も歓声なしでショック「人気落ちたみたいな(笑)」<うちの執事が言うことには>

King & Prince永瀬廉が7日、都内で行われた初主演映画『うちの執事が言うことには』(5月17日公開)の公開直前イベントに、清原翔神宮寺勇太King & Prince)とともに登壇した。
サプライズでおもてなしをした永瀬廉(C)モデルプレス
サプライズでおもてなしをした永瀬廉(C)モデルプレス
この日は映画にちなんだ上流階級のパーティーさながらの豪華な会場で、映画公開記念パーティーとして開催された同イベント。招待客100名にはドレスコードをもうけ、キャスト3人が入り口でお出迎えし招待カードとフライヤーを手渡しするという嬉しいサプライズが行われたが、突然現れた本人を目の前に、ファンは声が出ず。

パーティーの冒頭で永瀬は「烏丸家のパーティーへようこそ!皆さん、ドレスコードされていて、僕はとても見惚れそうですよ」と言うも、「でもひとつ思ったことがありまして、僕らそこで招待券を渡してたんですけど、反応薄すぎません!?僕らが渡してる目の前でテレビのカメラとかあったんですよ!ちょっと人気落ちたみたいな感じになる(笑)」と予想外の反応にショック。MCの荘口彰久から「みんなビックリして声が出なかったんですよ」とフォローが入ると、「一周しちゃったんや?なるほど!納得です」と安堵した様子の永瀬。

清原が「さっき配り終わった後に、2人がショックを受けてて…、『全然驚いてないし声援もなかった』みたいな話を裏でしていた」と永瀬と神宮寺の舞台裏を明かすと、会場からは笑いが。神宮寺も頷きながら「皆さんドレスコードで綺麗におめかししていただいて。こういう光景を見るのは初めてなので、新鮮な気持ち」と笑顔を見せた。

また、結婚式場ということもあり「綺麗だよね」と感激をあらわにした神宮寺に、永瀬は「マジで結婚するみたい。俺らが」と発言し、神宮寺は「え?俺らが?」と驚き。永瀬が「いや、そういう雰囲気!!」と慌てて訂正すると、神宮寺は「あぶね~」と焦りを見せ、会場を笑わせていた。

永瀬廉初主演映画「うちの執事が言うことには」

永瀬廉が「キンプリポーズ」を提案するも反応がイマイチだったため結局「ピースで!」となりピースを掲げた(左から)清原翔、永瀬廉、神宮寺勇太(C)モデルプレス
永瀬廉が「キンプリポーズ」を提案するも反応がイマイチだったため結局「ピースで!」となりピースを掲げた(左から)清原翔、永瀬廉、神宮寺勇太(C)モデルプレス
今作は、累計発行部数110万部を超える極上のミステリー小説を実写映画化。永瀬が演じるのは、主人公の名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎(からすまかえい)。当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で色彩に関しては特別な感知能力を持っているという唯一無二のキャラクター。清原は花穎の新米執事・衣更月蒼馬(きさらぎそうま)、神宮寺は大学生でありながら企業家、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー・赤目刻弥(あかめときや)をそれぞれ演じる。

イベントでは、「上流階級ミステリークイズ」と題し、本編特別映像を用いながら、今作や執事に関するクイズに回答。正解数が一番少なかった永瀬が、ファンの前で所作実演にチャレンジするなどして盛り上げた。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - King & Prince永瀬廉、サプライズ登場も歓声なしでショック「人気落ちたみたいな(笑)」<うちの執事が言うことには>
今読んだ記事

King & Prince永瀬廉、サプライズ登場も歓声なしでショック「…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事