上白石萌音・杉野遥亮・横浜流星、原宿竹下通りにサプライズ登場で大パニック 女子中高生ら絶叫<L・DK>

女優の上白石萌音と俳優の杉野遥亮横浜流星が14日、映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(・はハートマーク/3月21日公開)のイベントで、女子中高生の聖地である原宿・竹下通りにサプライズ登場した。
(左から)杉野遥亮、上白石萌音、横浜流星(C)モデルプレス
(左から)杉野遥亮、上白石萌音、横浜流星(C)モデルプレス
この日、原宿のメインストリートである竹下通りに3人がサプライズ登場すると、買い物に来ていた女子中高生らが絶叫。「かっこいい!やばい!」「可愛い!」と大歓声に包まれるなか、3人は竹下通りを約100メートルを練り歩いた。

原宿竹下通りの様子(C)モデルプレス
原宿竹下通りの様子(C)モデルプレス
その後は会場を移すと、上白石は「若さ溢れる感じがした!外国人の方がすごく多くて、世界的にも注目されてる場所だなと思いました」と若者や外国人らの熱量に圧倒された様子。杉野は「あまり来ないので、インスタ映えのスポットがたくさんあるなと思ってビックリ。高校生のときに行ったことがある古着屋さんがあったんですけど、もう6年前くらいの話なので、めっちゃカラフル!って」と自身が高校生の頃からさらに華やいだ街並みに驚き。

(左から)杉野遥亮、上白石萌音、横浜流星(C)モデルプレス
(左から)杉野遥亮、上白石萌音、横浜流星(C)モデルプレス
小学6年生の頃、まさに原宿竹下通りでスカウトをされたという横浜は「そのスカウトがなかったら今ここにいないので、僕の原点です」としみじみ話し、「堂々と原宿を歩けてよかったですね。新鮮な気持ちでした」と晴れ晴れとした表情を見せた。

高校生カップルの壁ドンを笑顔で見守る(左から)杉野遥亮、上白石萌音、横浜流星(C)モデルプレス
高校生カップルの壁ドンを笑顔で見守る(左から)杉野遥亮、上白石萌音、横浜流星(C)モデルプレス
高校生カップルの壁ドンを笑顔で見守る(左から)杉野遥亮、上白石萌音、横浜流星(C)モデルプレス
高校生カップルの壁ドンを笑顔で見守る(左から)杉野遥亮、上白石萌音、横浜流星(C)モデルプレス
この日は、今作の代名詞である「壁ドン」にフィーチャーした胸キュンイベントを実施。2人で向かい合い、お互いに壁ドンをすることで相性を診断する「もし壁BOX」が今作とコラボレーション。招待した高校生カップルに壇上で「もし壁」を体験してもらい、2人の相性を測定して盛り上がった。また、この「もし壁BOX」は、JOL原宿イベントスペースにて3月15日~28日までの期間限定で設置される。

高校生カップルに「2人で好きにしちゃっていいよ」となぜかカーテンレールを下ろす横浜流星(C)モデルプレス
高校生カップルに「2人で好きにしちゃっていいよ」となぜかカーテンレールを下ろす横浜流星(C)モデルプレス
カーテンレールを下まで下ろす横浜流星(右)を見て笑う上白石萌音(左)と杉野遥亮(中央)/(C)モデルプレス
カーテンレールを下まで下ろす横浜流星(右)を見て笑う上白石萌音(左)と杉野遥亮(中央)/(C)モデルプレス

人気少女コミック「L・DK」を再映画化

(左から)杉野遥亮、上白石萌音、横浜流星(C)モデルプレス
(左から)杉野遥亮、上白石萌音、横浜流星(C)モデルプレス
原作は、コミックス累計発行部数1088万部を突破し、愛され続ける人気少女コミック「L・DK」。2014年に実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」がその年のユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会的な現象を巻き起こした。今作では、フレッシュな新キャストを迎え、ドキドキの三角関係を描く。

(左から)杉野遥亮、上白石萌音、横浜流星(C)モデルプレス
(左から)杉野遥亮、上白石萌音、横浜流星(C)モデルプレス
上白石は素直で明るい主人公・西森葵、杉野は学校一のイケメンでスポーツ万能、頭脳明晰の、葵と同居する彼氏・久我山柊聖、横浜は柊聖の従兄弟でアメリカで生まれ育った久我山玲苑を演じる。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 上白石萌音・杉野遥亮・横浜流星、原宿竹下通りにサプライズ登場で大パニック 女子中高生ら絶叫<L・DK>
今読んだ記事

上白石萌音・杉野遥亮・横浜流星、原宿竹下通りにサプライズ登…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事