橋本環奈「十二人の死にたい子どもたち」予想白熱した“4番”だった 人気女優役

【十二人の死にたい子どもたち/モデルプレス=12月23日】映画「十二人の死にたい子どもたち」(2019年1月25日公開)のキャストが解禁。女優の橋本環奈が出演することが分かった。
「4番 リョウコ」を演じる橋本環奈(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
「4番 リョウコ」を演じる橋本環奈(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
今作は、「天地明察」「マルドゥック・スクランブル」のベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)の「十二人の死にたい子どもたち」(文藝春秋刊)を実写映画化。先日、映画の公開と共に、出演者全員の塗りつぶされた顔と、彼らが「死にたい」という言葉を放つ衝撃的な映像が発表された。ネットではキャスト予想が始まり、話題を集めていた。


謎の“4番”正体は橋本環奈だった

(上段左から)高杉真宙、渕野右登、古川琴音、橋本環奈、新田真剣佑、黒島結菜、(下段左から)杉咲花、萩原利久、北村匠海、坂東龍汰、吉川愛、竹内愛紗(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
(上段左から)高杉真宙、渕野右登、古川琴音、橋本環奈、新田真剣佑、黒島結菜、(下段左から)杉咲花、萩原利久、北村匠海、坂東龍汰、吉川愛、竹内愛紗(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
これまで明らかとなっていたのは、杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗。

そして、この度、橋本が“秋川莉胡”こと「4番 リョウコ」役を演じていることが明らかに。橋本が今回演じる「4番 リョウコ(=芸名:秋川莉胡)」は、自らを“大人たちに作られた虚像”であると信じ葛藤を抱える人気女優という役柄。劇中では自らを「作られた人間よ!大勢の大人が時間とお金をかけて作った商品よ!」という衝撃的な台詞も…。

豪華若手オールスターキャストが連なる中、モザイクを外しても尚、マスクとニット帽で顔を隠し、ひときわ異様な雰囲気を醸し出していた“4番”の存在は、さらなる謎を呼び、センセーショナルな情報解禁に続いて映画への好奇心を煽っていた。

今回の発表に向け、12月12日より解禁の事前告知が行われ、同日より展開されたキャスト予想キャンペーン「Guess Who No4 Is」も様々な女優たちの名前が飛び交い大盛り上がり。加えて、解禁は東京・名古屋・大阪の三大都市に位置する大型ビジョンと連動で全メディア一斉にて行われた。

杉咲花・新田真剣佑・北村匠海・高杉真宙・黒島結菜ら“若手オールスター”集結


橋本環奈、新田真剣佑ら同世代キャストとの共演に「めちゃめちゃ刺激受けました」


橋本は、自身とも重なる役柄について「リョウコの役は、大人に囲まれて、言われるままっていうのが、わかるようでわからないというか。映画の中では、やっぱり女優っていうお仕事であったりとか、“秋川莉胡”としての見せ方として、やっぱり“秋川莉胡”のイメージが先行しちゃうっていうのもあると思うので、そういった悩みであったりをリョウコ自身は抱えていたんだろうなっていうことを深く考えてみたときに、全然自分にはない感覚が生まれてきた気がします」とコメント。

近年、『銀魂』シリーズなどで今までのイメージを大きく覆し、コメディエンヌとしても才能を開花させた橋本が、今回は弾けるような笑顔を封印。本作にて初めて魅せるシリアスかつ鬼気迫る迫真の演技、新たな一面に期待が高まるが、シリアスな役を演じるにあたって心がけたことについては「素を出さないことですかね(笑)。っていうのも違うんですけど。ここに集まってる人たちは、子どもたちはみんな、死が終わりじゃないって思っていると思うんですね。そういった題材のシリアスなものだったので、私自身も死について考えるというよりは、人生について考えるきっかけになった作品だなと思います」と答えた。

また、同世代の俳優・女優達による演技合戦が見どころとなる本作において共演者から刺激を受けたことを聞かれると、「めちゃめちゃ刺激受けました。ひとりが成長すると、相乗効果がすごくて、それこそ、同世代で集まることによって、そういった化学反応みたいなものが生まれてくるのを、堤さんが予想していたとするならば、怖いです(笑)。たとえばシンジロウ(新田真剣佑)が泣くシーンで、台本には泣くって書いてないのに、全員が泣いちゃったりとか、感情も感染していきました」と撮影を振り返った。(modelpress編集部)

橋本環奈コメント

Q:他の皆さんが発表されてから本日までどのような気持ちでお過ごしになられましたか。
緊張しました。逆にここで私だって発表されてがっかりされたら辛いし……、いろいろ考えました。こういう出し方をしたことによって、「4番誰??」っていうことで、SNSでも盛り上がっていただいたみたいで、それがすごくうれしくて。

Q:普段から注目されている橋本さんと、今回演じられた役は少し似通っているところがあると思うのですが、台本を読んで感じられた印象を教えてください。
4番のリョウコの役は、大人に囲まれて、言われるままっていうのが、わかるようでわからないというか。映画の中では、やっぱり女優っていうお仕事であったりとか、“秋川莉胡”としての見せ方として、やっぱり“秋川莉胡”のイメージが先行しちゃうっていうのもあると思うので、そういった悩みであったりをリョウコ自身は抱えていたんだろうなっていうことを深く考えてみたときに、全然自分にはない感覚が生まれてきた気がします。

Q:最近の『銀魂』や「今日から俺は。」のような、橋本さんの女優としての新しい魅力、コメディエンヌとしての一面も最近は注目されていますが、今回は一転、シリアスな役ですね。シリアスな役を演じるにあたってご準備されたことはありますか。
素を出さないことですかね(笑)っていうのも違うんですけど。ここに集まってる人たちは、子どもたちはみんな、死が終わりじゃないって思っていると思うんですね。そういった題材のシリアスなものだったので、私自身も死について考えるというよりは、人生について考えるきっかけになった作品だなと思います。

Q:同世代の俳優、女優さん方による白熱の演技合戦も本作見どころの一つですが、共演者から刺激をうけられたことはありますか。
めちゃめちゃ刺激受けました。ひとりが成長すると、相乗効果がすごくて、それこそ、同世代で集まることによって、そういった化学反応みたいなものが生まれてくるのを、堤さんが予想していたとするならば、怖いです(笑)たとえばシンジロウ(新田真剣佑)が泣くシーンで、台本には泣くって書いてないのに、全員が泣いちゃったりとか、感情も感染していきました。



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 橋本環奈「十二人の死にたい子どもたち」予想白熱した“4番”だった 人気女優役
今読んだ記事

橋本環奈「十二人の死にたい子どもたち」予想白熱した“4番”だっ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事