欅坂46織田奈那、女優として新たな意気込み 初主演作が快挙

【織田奈那/モデルプレス=6月15日】欅坂46織田奈那が15日、都内で行われた櫻井淳子とのW主演作品「未来のあたし」の舞台挨拶に出席。織田にとって、初の舞台挨拶となった。
織田奈那(提供写真)
織田奈那(提供写真)
国際短編映画祭“ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018”「ジャパン部門」にて初上映された同作は、W主演となる櫻井が演じる46歳の家庭をもつバリバリのキャリアウーマンが、過去にタイムスリップし、高校時代の自分に出会う話。撮影は2018年初頭に豊島圭介監督と織田の共通の故郷、浜松にて敢行され、織田は主人公の高校生時代の役を熱演。織田にとっては初主演作品が国際短編映画祭ノミネーションという快挙を達成した。

織田奈那(提供写真)
織田奈那(提供写真)
豊島圭介監督、織田奈那(提供写真)
豊島圭介監督、織田奈那(提供写真)

織田奈那、初の舞台挨拶

司会者からの「初の舞台挨拶いかがですか?」という質問に織田は「今回ご来場いただいたみなさんありがとうございます。今回こんなに沢山のお客さんを前にして自分が出演した映画を上映する機会があるなんて、不思議な気持ちでいっぱいなのですが、このような機会をくださった豊島監督に本当に感謝したいです。ありがとうございました」と回答。

織田奈那(提供写真)
織田奈那(提供写真)
舞台挨拶の様子(提供写真)
舞台挨拶の様子(提供写真)
続いて「今後、女優としてどんなチャレンジしていきたいか?」との質問には「私は映画を観るのがすごく好きで、いつも録画して沢山見ているのですが、ファンタジー映画が特に好きで、現実に起こらないようなことが起こってしまうドラマや映画にも出てみたいなと思います。まだまだ経験が浅いので、もっといろんなことに挑戦して、もっと上手になりたいなと思います」と駆け付けた沢山の観客を前にして、新たな意気込みを見せた。

舞台挨拶の様子(提供写真)
舞台挨拶の様子(提供写真)
終演後、織田とともに登壇した豊島監督は「今日は初めて一般のお客さんに観ていただいたのですが、結構笑いも起きていて、僕が狙ったところで面白いなと思ってくれてよかったです。実際にお客さんに観てもらって、作品が完成するんだということを改めて実感させられました」と初上映に確かな手ごたえを感じた様子だった。(modelpress編集部)

舞台挨拶の様子(提供写真)
舞台挨拶の様子(提供写真)


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 欅坂46織田奈那、女優として新たな意気込み 初主演作が快挙
今読んだ記事

欅坂46織田奈那、女優として新たな意気込み 初主演作が快挙

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事