杉咲花・太賀ら豪華集結 是枝裕和が初の試み<十年 Ten Years Japan>

香港で社会現象となったオムニバス映画『十年』を元に、日本、タイ、台湾それぞれで、自国の現在・未来への多様な問題意識を出発点に、各国約5名の新鋭映像作家が独自の目線で10年後の社会、人間を描く国際共同プロジェクト「十年 Ten Years International Project」の日本版、『十年 Ten Years Japan』を2018年秋より全国順次公開することが決定。女優の杉咲花らが出演する。
(右上から時計回りに)杉咲花、川口覚、池脇千鶴、太賀、國村隼(提供画像)
(右上から時計回りに)杉咲花、川口覚、池脇千鶴、太賀、國村隼(提供画像)
昨年の釜山国際映画祭で製作発表をし世界中のメディアから注目され、アピチャッポン・ウィーラセタクン(『ブンミおじさんの森』)が監督として参加したタイ版は、2018年5月8日~19日(フランス時間)に開催される第71回カンヌ国際映画祭特別招待作品として選出されるなど、世界から注目されている同プロジェクト。

日本版のエグゼクティブプロデューサーは、最新作『万引き家族』(6月8日公開)が第71回カンヌ国際映画祭に自身5度目のコンペティション部門への出品が決定した是枝裕和監督。若手監督の育成を日頃より実践している是枝監督だが、“オムニバス映画”の総合監修を務めるのは自身初の試みとなる。是枝監督の最終ジャッジのもと、脚本(プロット)のクオリティ、オリジナリティ、将来性を重視して5人の日本の新鋭監督たちが選ばれ、2017年10月~12月に各作品の撮影が行われた。

各ストーリーとキャスト

家族の個人データをデジタル遺産として受け継いだ家族の物語『DATA』(津野愛監督)の主演は、杉咲。産まれてすぐに亡くなった母の面影を求め、デジタル遺産によって明らかになる母の知られざる一面をたどる女子高生を演じる。

AI知能で道徳を刷り込まれた特殊学区の子供達を描く『いたずら同盟』(木下雄介監督)の主演は、國村隼。

『美しい国』(石川慶監督)で主演を務めるのは、太賀。自衛隊徴兵制が義務化された日本で、徴兵制告知キャンペーンを請け負った広告代理店で働く若者を好演している。

75歳以上の高齢者に安楽死を奨励するという未来版“姥捨て”を描く『PLAN75』(早川千絵監督)の主演には、老人に死のプランを勧誘する公務員役として、『OVER DRIVE』(2018年公開) にも出演する、川口覚。

大気汚染によって地下への移住を強いられた母娘の姿を描く『その空気は見えない』(藤村明世監督)の主演には池脇千鶴と豪華キャストが集結した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 杉咲花・太賀ら豪華集結 是枝裕和が初の試み<十年 Ten Years Japan>
今読んだ記事

杉咲花・太賀ら豪華集結 是枝裕和が初の試み<十年 Ten Years …

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事