関ジャニ∞丸山隆平、“恋人役”高畑充希との初共演は「恥ずかしかった」<泥棒役者>

【丸山隆平/モデルプレス=11月18日】関ジャニ∞丸山隆平が18日、都内で行われた主演映画『泥棒役者』の初日舞台挨拶イベントに、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、高畑充希、宮川大輔、西田征史監督とともに出席した。
高畑充希(C)モデルプレス
高畑充希(C)モデルプレス
今作で丸山演じる主人公の“理想の恋人”藤岡美沙役を演じた高畑は「丸山さん、初主演、初座長おめでとうございます」と改めて祝福。「私は丸山さんとのシーンしかなく、撮影も2日だけだったのでかなりアウェイかとビクビクしながら現場に行ったのですが、丸山さんの温かい人柄がそのまま現場にあらわれていて、とても馴染みやすかったです」と撮影しやすい雰囲気をつくっていてくれていたことに感謝。

丸山は「初共演ではあるんだけど、朝ドラを見ていたからすごく頼りがいのある女性のイメージがあった」と高畑の印象について話し、「初めてお会いした時は『はぁっ!ほんもん(本物)やぁ~!』って思わず言ってしまって、すごくミーハー感が出てしまって恥ずかしかった」と初対面を回顧。ユースケからは「全編にわたってミーハー感が出てたよな。『いつも見てます』って全員に言ってたし」とツッコまれていた。

丸山隆平単独初主演映画「泥棒役者」

(左から)西田征史監督、石橋杏奈、ユースケ・サンタマリア、市村正親、高畑充希、宮川大輔(C)モデルプレス
(左から)西田征史監督、石橋杏奈、ユースケ・サンタマリア、市村正親、高畑充希、宮川大輔(C)モデルプレス
丸山を主演に迎え、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や「TIGER & BUNNY」など多数の脚本を手がけ、映画『小野寺の弟・小野寺の姉』で初監督を務めた西田監督の第2作となる今作。丸山は、とある豪邸で出会う人から「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」と間違われ、「泥棒」であることを隠すためにその「役」を必死に演じるハメになる元泥棒・大貫はじめ役を演じる。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 関ジャニ∞丸山隆平、“恋人役”高畑充希との初共演は「恥ずかしかった」<泥棒役者>
今読んだ記事

関ジャニ∞丸山隆平、“恋人役”高畑充希との初共演は「恥ずかしか…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事