「銀魂」菜々緒、NGシーンのはずがそのまま世に出る事態「裏切られた!」

モデルで女優の菜々緒が28日、東京ドームシティホールで行われた映画『銀魂』(7月14日公開)のジャパンプレミアに主演の小栗旬、共演の橋本環奈、菅田将暉らと共に登壇した。
映画『銀魂』ジャパンプレミアに登壇した菜々緒 (C)モデルプレス
映画『銀魂』ジャパンプレミアに登壇した菜々緒 (C)モデルプレス

菜々緒のまた子は最高「ダメ出しのしようがない」

空知英秋氏の人気漫画を実写化。宇宙からやってきた“天人(あまんと)”によって開国されたパラレルワールドの江戸末期を舞台に、便利屋“万事屋銀ちゃん”を営む坂田銀時(小栗)とその仲間の志村新八 (菅田)、神楽(橋本)らの身に起きる様々な事件を描く、笑いあり感動ありのアクションエンターテイメント。

「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督がメガホンをとる同作で菜々緒は、物語の重要なカギを握る「鬼兵隊」の一員で”紅い弾丸”の異名を持つ美少女・来島また子役。露出度の高い衣装を見事に着こなし、二丁拳銃を駆使した迫力たっぷりのアクションを披露しているほか、“○○ッス”という独特の口調も見事にハマっている。

菜々緒の「また子」ビジュアル


特に橋本演じる神楽と繰り広げるアクションは迫力満点&罵り合いのコメディシーンは爆笑必至。菜々緒はアクションシーンの撮影について「だいたいみんな(刀で)斬ってるんですけど、私だけ拳銃。環奈ちゃんが逃げ回るアクションが多かったので、私は全然大変じゃなかった」と謙遜するが、橋本からは「菜々緒さんカッコよすぎて、ダメ出しのしようがない感じでした」と絶賛の声。

NGシーンがそのまま世に出る「裏切られたー!」

またシリアスとコメディが入り交じる作品の特色ゆえ、キャスト陣はシリアスなシーンで笑いをこらえなければならない状況が多々あったというが、菜々緒は“本来ならNGになるシーンをそのまま生かす”という福田演出のオモシロの餌食に。

「柳楽(優弥)くんは4回もNG出したっていうのに、なんで私は使われてるのかな…。あれはダメですよね!」とクレームをつけると、監督は「(同シーンで共演していた)佐藤二朗が同じことを2回できないからです!」と暴露し、佐藤本人も「僕が同じことを2回できないからです!」となぜか開き直り。「大丈夫、編集で切るから!って嘘ついて…(笑)」と爆笑する監督に菜々緒は「すごい真っ直ぐな目で言ってたのに!試写室で『裏切られたー!』って思いましたもん!」と恥ずかしさを訴えていた。

会見にはほか新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、安田顕、中村勘九郎らが登壇した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 「銀魂」菜々緒、NGシーンのはずがそのまま世に出る事態「裏切られた!」
今読んだ記事

「銀魂」菜々緒、NGシーンのはずがそのまま世に出る事態「裏切…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事