上戸彩、斎藤工の言葉に涙 「昼顔」の重圧明かす「この3年間すごく苦しかったし、しんどかった」

0
0
女優の上戸彩と俳優の斎藤工が10日、都内にて行われた映画『昼顔』(6月10日公開)初日舞台挨拶に共演の伊藤歩平山浩行、西谷弘監督ととも出席した。
上戸彩、斎藤工の言葉に涙 「昼顔」の重圧明かす「この3年間すごく苦しかったし、しんどかった」(C)モデルプレス
上戸彩、斎藤工の言葉に涙 「昼顔」の重圧明かす「この3年間すごく苦しかったし、しんどかった」(C)モデルプレス

上戸彩、斎藤工の言葉に涙

フォトギャラリー


同作は、2014年放送のテレビドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」の劇場版。上戸は、道ならぬ恋に人生を狂わせてしまった主人公・紗和を演じ、新境地を開拓。また、斎藤はドラマ版への出演が本格ブレイクのきっかけともなった。

ドラマから3年、映画初日を迎え、斎藤は上戸へ「(上戸が)紗和として十字架を背負って、この作品が成り立っているなと改めて思いました。紗和は周りからどう思われてもいいっておっしゃっていましたが、現場での上戸さんは尽くす人で。1番大変な場所で(作品を)背負っているのにも関わらず、なんてこの人のエネルギーってすごいんだって思いました。普段はお母さんだし、大変なことがあると思うんだけど、同じ船を漕いで辿り着けたことを嬉しく思います」と感謝と労いの言葉。

涙を流す上戸彩(C)モデルプレス
涙を流す上戸彩(C)モデルプレス
これを受け上戸は「なんでこんな褒めてくれるの?皆の前で…あとでラブレターくれたらいいよ」とチャーミングにかわしながらも、こらえきれなくなり「(斎藤に)本当にずっと支えてもらった」と涙。

斎藤工、上戸彩にハンカチを渡す(C)モデルプレス
斎藤工、上戸彩にハンカチを渡す(C)モデルプレス
斎藤から受け取ったハンカチで止まらぬ涙を抑えながら「テーマもテーマなので背負うものもたくさんありましたし、紗和を演じることで色んな恋愛のスタイルとか、紗和のことを羨ましいと思うこととかも(ありました)。仕事を通じて疑似体験させていただいたというか、不倫というテーマに関して毎日考えさせられた感じです」と重圧を明かし、「最高の現場だったので、この『昼顔』との出会いは幸せでした。たくさんの人に愛してもらいたい映画ではないかもしれないけど、心に響く映画の一つになったらいいなと思っています」と複雑な思いを吐露した。

また、「決して、もう二度と。せめて、もう一度。」というキャッチコピーについてふれ、「私にとってもこのキャッチコピー通り。この3年間すごく苦しかったし、しんどかった。不倫を背負うっていうのは。紗和とさよならしたいなと思いつつ、また会いたいなと思っていた」と映画化までの3年間を振り返るシーンもあった。

斎藤工が脱ぐ!?

(左から)伊藤歩、斎藤工、上戸彩、平山浩行、西谷弘監督(C)モデルプレス
(左から)伊藤歩、斎藤工、上戸彩、平山浩行、西谷弘監督(C)モデルプレス
劇場版では、不倫から本気の恋に発展した紗和(上戸)と北野(斎藤)が別れざるを得なくなったドラマのクライマックスから3年後、再びめぐり会った2人の物語を描く。

舞台挨拶は、上戸が涙を流すなど感動ムードに包まれる一方で、上戸&斎藤が息の合ったやりとりで笑わせる場面も。

記事内の写真をまとめてチェック


ハンカチを渡す際には「さっきお尻拭いたかも」(斎藤)と冗談を飛ばしたり、涙が止まらない上戸が「泣き止めないんだけど、斎藤さん…(涙が止まるまで)斎藤さんが脱ぎます」とふると、実際に斎藤がジャケットを脱ぎシャツのボタンを外したり。“名コンビ”の仲睦まじい雰囲気は、この作品のチーム力を物語っているようだった。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 上戸彩、斎藤工の言葉に涙 「昼顔」の重圧明かす「この3年間すごく苦しかったし、しんどかった」
今読んだ記事

上戸彩、斎藤工の言葉に涙 「昼顔」の重圧明かす「この3年間す…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事