飯豊まりえ「泣きはらした」クリスマスの思い出を告白

【飯豊まりえ/モデルプレス=12月23日】モデルで女優の飯豊まりえが23日、俳優の中川大志とともに都内で行われた映画「きょうのキラ君」(2017年2月25日公開)のX’masスペシャルトークショーに出席。クリスマスのエピソードを語った。
飯豊まりえ「泣きはらした」クリスマスの思い出を告白(C)モデルプレス
飯豊まりえ「泣きはらした」クリスマスの思い出を告白(C)モデルプレス
飯豊まりえ、中川大志(C)モデルプレス
飯豊まりえ、中川大志(C)モデルプレス

中川大志×飯豊まりえ フォトギャラリー


飯豊まりえ、まさかのプレゼントに「泣きはらしたら…」

小さいころのクリスマスの思い出を聞かれると、飯豊は「小5のときに、サンタさん(父)がついにプレゼントじゃなくて現金を置いていって…」とまさかのプレゼントを贈られたことを告白。

「父なりに『好きなものを買った方がいいだろう』と思ったんでしょうけど、私はそうじゃないんだと。空箱でもラッピングされて枕元にあるだけでも嬉しいのに、現実を突きつけられたことがすごく衝撃的で、私は子どもができたら、絶対にバレないように、現金は置かないようにしようって思いました」といたずらっぽくコメント。

中川から現金をどうしたのか聞かれると「泣きはらしたら現金がなくなって、DSに変わっていた」と打ち明けて笑いを誘った。

中川大志も涙のクリスマス「ワンワン泣いて…」

飯豊まりえ、中川大志(C)モデルプレス
飯豊まりえ、中川大志(C)モデルプレス
一方の中川は「4、5歳のころに某魔法使いが出てくる映画にハマっていて、空を飛びたいと思っていて“空飛ぶほうき”がほしくて毎晩お願いしていました。クリスマスの朝に早起きして枕元を見たらほうきじゃないサイズ(のプレゼント)で、開けてみたら絵の具セットだった」と回顧。

続けて、「ワンワン泣いて、強いて言うなら筆がほうきにも見えなくない…。でもその絵の具セットは中学生くらいまで大事に使って、それ以来、絵を描くのも好きになったので、結果すごくいい話だなって思います」とまとめた。

飯豊まりえ、中川大志(C)モデルプレス
飯豊まりえ、中川大志(C)モデルプレス
中川大志、飯豊まりえ (C)モデルプレス
中川大志、飯豊まりえ (C)モデルプレス
同作は、別冊フレンドで連載され、累計230万部を突破した同名少女漫画を実写映画化したもので、切なく純愛なストーリーが中高生を中心に絶大な支持を獲得している。物語は、他人と関わることが苦手な“ニノ”こと岡村ニノン(飯豊)が、学校のクラスメイトで、誰もが憧れる“キラ”こと吉良ゆいじ(中川)に初めて恋に落ちるところから始まる。しかしキラ君には、誰にも言えない秘密があった…。2人のほか、葉山奨之、平祐奈らが出演し、「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」「海月姫」、「L・DK」などの様々なラブストーリーを手掛けてきた川村泰祐氏が監督を務める。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 飯豊まりえ「泣きはらした」クリスマスの思い出を告白
今読んだ記事

飯豊まりえ「泣きはらした」クリスマスの思い出を告白

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事