佐藤浩市、尾野真千子とのベッドシーンに緊張「そこから始まって良かったのかも」

参照回数:91,241

【モデルプレス】俳優の佐藤浩市が女優の尾野真千子とのベッドシーンを振り返った。
佐藤浩市、尾野真千子とのベッドシーンに緊張「そこから始まって良かったのかも」【モデルプレス】
佐藤浩市、尾野真千子とのベッドシーンに緊張「そこから始まって良かったのかも」【モデルプレス】
7日、都内で行われた映画『起終点駅 ターミナル』初日舞台あいさつに、本田翼、尾野、篠原哲雄監督とともに出席。これまで、佐藤と尾野は同じ映画への出演経験はあるものの、がっつり絡んだことはなかったというが、今作では恋人役。尾野は「二人の初日の時にベッドシーンでしたよね。ちょっと気まずい」とつぶやくと、佐藤も「本当に恥ずかしかったですよ。ラブシーンは何とも言えず苦手なもので…」と照れることしきり。

佐藤浩市
佐藤浩市
尾野真千子
尾野真千子
しかし、尾野にとっては好都合だったようで、それにより「すぐに(役に入って)いけたというか、話しやすくなったというか、そんな気がしました」と述懐。すると佐藤も「そこから始まって良かったのかもね。(撮影シーンが)何から始まるかは運でもあるし、尾野さんとはそれでも良かったのかな」と振り返った。

篠原哲雄監督、本田翼、佐藤浩市、尾野真千子
篠原哲雄監督、本田翼、佐藤浩市、尾野真千子
本作は、直木賞作家・桜木柴乃の同名小説を原作とし、第28回東京国際映画祭クロージング作品にも選ばれた話題作。愛した女性・冴子(尾野)を死なせた罪を抱えて生きる男・完治(佐藤)と、孤独を背負い人生に迷う女・敦子(本田)が果ての街、北海道・釧路で出会い、再び人生の一歩を歩きはじめる姿が感動的に描かれる。佐藤は「台詞もあまり多くないですし、我々演者の表情や居ずまい、そして監督の心情的なカット、それらの中でこの映画の思いを推し測ってもらいたい」とアピールした。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 佐藤浩市、尾野真千子とのベッドシーンに緊張「そこから始まって良かったのかも」
今読んだ記事

佐藤浩市、尾野真千子とのベッドシーンに緊張「そこから始まっ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事