尾野真千子 おのまちこ

「尾野真千子」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「尾野真千子」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「尾野真千子」に関連するモデルプレス記事

尾野真千子のプロフィール

尾野 真千子(おの まちこ、1981年11月4日 - )は、日本の女優。奈良県吉野郡西吉野村(現:五條市)出身。
代表作は映画「萌の朱雀」、「殯の森」、テレビドラマ「カーネーション」など。コムスシフト所属。
愛称は「オノマチ」。

【プロフィール】
生年月日:1981年11月4日
出生地:奈良県吉野郡西吉野村(現:五條市)
身長:163cm
血液型:A型
職業:女優
ジャンル:映画、テレビドラマ
活動期間:1997年 -
活動内容:1997年主演映画「萌の朱雀」でデビュー
2011年:連続テレビ小説「カーネーション」ヒロイン

【人物・来歴】
4人姉妹の末っ子[1]。中学3年生の時、地元中学校で靴箱の掃除をしている際に映画監督河瀬直美の目にとまり[2]、
1997年(平成9年)の映画「萌の朱雀」で主演デビュー。奈良県立御所高等学校(現:奈良県立青翔高等学校)を卒業後に上京、
映画を中心に女優として活動。地元の奈良県で撮影された映画「殯の森」で再び河瀬監督とタッグを組み主演に抜擢された。
「殯の森」は第60回カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得して、以降注目されている。2011年(平成23年)には、
平成23年度下半期のNHK連続テレビ小説「カーネーション」のヒロインにオーディションを経て起用され[1]、
コシノ三姉妹の母でファッションデザイナーの小篠綾子をモデルとした主人公・小原糸子を演じた。

【受賞】
1997年度
第10回シンガポール国際映画祭 主演女優賞(「萌の朱雀」)
第12回高崎映画祭 最優秀新人女優賞(「萌の朱雀」)
2008年度
第4回おおさかシネマフェスティバル 助演女優賞(「クライマーズ・ハイ」「ヤーチャイカ」)[3]
2009年度
第64回日本放送映画藝術大賞 放送部門 優秀主演女優賞(「外事警察」「火の魚」)
第36回放送文化基金賞 演技賞(「火の魚」)[4]
2010年度
ソウル国際ドラマアワード2010 女優賞ノミネート(「火の魚」)
東京ドラマアウォード2010 助演女優賞(「火の魚」「Mother」)[5]
奈良県五條市名誉市民[6][7]
2011年度
文化庁 関西元気文化圏賞 ニューパワー賞
第66回日本放送映画藝術大賞 放送部門 優秀主演女優賞(「カーネーション」)
第72回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(「カーネーション」)[8]
2012年度
東京ドラマアウォード2012 主演女優賞(「カーネーション」)[9][10][注 1]
第37回エランドール賞 新人賞[12]
第16回日刊スポーツ・ドラマグランプリ<冬ドラマ> 助演女優賞(「最高の離婚」)
第21回橋田賞 新人賞(「カーネーション」)[13]
第76回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(「最高の離婚」)[14]
第39回放送文化基金賞 演技賞(「最高の離婚」)[15]

【出演】
■映画
萌の朱雀(1997年、ビターズ・エンド) - みちる 役(主演)
EUREKA(2001年、サンセントシネマワークス) - 沢井美喜子 役
ギプス(2001年、シネロケット) - 大下和子 役(W主演)
man-hole(2001年、アースライズ) - 梨絵 役
あしたはきっと…(2001年、大映) - 倉持美喜子 役
リアリズムの宿(2003年、ビターズ・エンド) - 川島敦子 役(ヒロイン)
茶の味(2003年、クロックワークス / レントラックジャパン) - 進行役の女の先生 役
世界の中心で、愛をさけぶ(2004年、東宝) - 朔太郎の姉 役
ナイスの森~The First Contact~(2004年、ファントム・フィルム) - ミーコ 役
I am 日本人(2006年、ギャガ) - 中山玲子 役
ありがとう(2006年、東映) - 古市千栄子 役
気仙沼伝説(2006年)
殯の森(2007年、組画) - 真千子 役(主演)
山のあなた~徳市の恋~(2008年、東宝) - 大学生 役
クライマーズ・ハイ(2008年、東映 / ギャガ) - 玉置千鶴子 役(ヒロイン)
旅立ち~足寄より~(2008年、エム・エフボックス) - 菊池絵里子 役
ヤーチャイカ(2008年、アンジェリカ)[16] - 新菜 役(主演)
琥珀色のキラキラ(2008年、劇場未公開・短編)[17] - 道子 役(主演)
笑ひ教(2009年)
真幸くあらば(2010年、ティ・ジョイ) - 川原薫 役(主演)
トロッコ(2010年、ビターズ・エンド) - 矢野夕美子 役(主演)
Shikasha(2010年、劇場未公開・短編) - 母 役(主演)
心中天使(2011年、マコトヤ) - アイ 役(主演)
小川の辺(2011年、東映) - 幾久 役
外事警察 その男に騙されるな(2012年、S・D・P / 東映) - 松沢陽菜 役
のぼうの城(2012年、東宝 / アスミック・エース) - ちよ 役
honey hole(2012年、劇場未公開・短編)[18] - 主演
大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇](2012年、松竹 / アスミック・エース) - 柳沢吉保 役
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年、東映) - 河島弓子 役(ヒロイン)
謝罪の王様(2013年公開予定、東宝) - 宇部美咲 役
そして父になる(2013年公開予定、ギャガ) - 野々宮みどり 役(ヒロイン)
魔女の宅急便(2014年公開予定) - おソノ 役
■テレビドラマ
NHKドラマ館「余命半年 生前給付3000万円の夢」(1998年11月14日・21日、NHK)
女性捜査官アイキャッチャー(1999年5月 - 6月、NHK)
ひかりのまち(2000年8月26日、北海道テレビ) - 倉島由子 役(主演)
土曜特集 介護ビジネス(2001年3月10日・17日、NHK)- 野上瑞希 役
shin-D「Ready Made」(2001年9月、日本テレビ)
世にも奇妙な物語 春の特別編「無視ゲーム」(2002年3月27日、フジテレビ)
ケータイ刑事 銭形愛 第4話(2002年10月27日、BS-i) - 弥生 役
明日は陽のそばで(2002年11月16日、関西テレビ) - 美穂 役(ヒロイン)
金曜時代劇 人情とどけます~江戸・娘飛脚~(2003年1月10日 - 3月7日、NHK) - おまき 役
怪談新耳袋 第1シリーズ 「第三診療室」(2003年2月13日・14日、BS-i)
恋する日曜日 第1シリーズ 第24話「ゆらゆら~バカンスはいつも雨」(2003年9月14日、BS-i) - 浜子 役
ケータイ刑事 銭形舞 第7話(2003年11月16日、BS-i) - 渡邉睦月 役
開局45周年記念ドラマスペシャル 砦なき者(2004年4月2日、テレビ朝日) - 樋口AD 役
人間の証明(2004年7月8日 - 9月9日、フジテレビ)
大河ドラマ 義経(2005年、NHK) - 義経の正室・萌 役
救命病棟24時 第3シリーズ(2005年1月 - 3月、フジテレビ) - 橘ゆかり 役
積木くずし真相 ~あの家族、その後の悲劇~(2005年9月3日、フジテレビ)
連続テレビ小説 芋たこなんきん(2006年10月 - 2007年3月、NHK) - 花岡昌江 役
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~(2006年11月18日、フジテレビ) - 由紀子 役
役者魂! 第9話(2006年12月12日、フジテレビ) - レポーター 役
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~(2007年1月 - 3月、フジテレビ) - 坂巻たい子 役
土曜プレミアム なでしこ隊~少女達だけが見た特攻隊・封印された23日間~(2008年9月20日、フジテレビ) - 孫田智恵子 役
警官の血(2009年2月7日、テレビ朝日) - 守谷久美子 役
連続ドラマW 空飛ぶタイヤ(2009年3月29日 - 4月26日、WOWOW) - 杉本恭子 役
火の魚(2009年7月24日、NHK広島放送局他) - 折見とち子 役(ヒロイン)
土曜ドラマ 外事警察(2009年11月14日 - 12月19日、NHK) - 松沢陽菜 役(ヒロイン)
25分 私が初めて創ったドラマ「ウラ声ボーイズ」(2009年12月21日、NHK BShi) - ヨシムラ響子 役(ヒロイン)
横山秀夫サスペンス 第2話「誤報」(2010年3月21日、WOWOW) - 手塚理絵 役
Mother(2010年4月14日 - 6月23日、日本テレビ) - 道木仁美 役
MM9-MONSTER MAGNITUDE-(2010年7月7日 - 9月29日、毎日放送) - 朏万里 役(W主演)
ジョーカー 許されざる捜査官 第7話・第8話(2010年8月24日・31日、フジテレビ) - 根津美代子 役
ニセ医者と呼ばれて ~沖縄・最後の医介輔~ (2010年12月9日、読売テレビ) - 仲前由美 役
連続ドラマW CO 移植コーディネーター(2011年3月20日 - 4月17日、WOWOW) - 須藤亜季 役
名前をなくした女神(2011年4月12日 - 6月21日、フジテレビ) - 安野ちひろ 役
連続テレビ小説 カーネーション(2011年10月3日 - 2012年3月、NHK) - 小原糸子 役(主演・ナレーション兼任)
連続ドラマW マグマ(2012年6月10日 - 7月8日、WOWOW) - 野上妙子 役(主演)
サマーレスキュー~天空の診療所~(2012年7月8日 - 9月23日、TBS) - 小山遥 役(ヒロイン)
金曜プレステージ 松本清張没後20年特別企画 疑惑(2012年11月9日、フジテレビ) - 白河球磨子 役(W主演)
最高の離婚(2013年1月10日 - 3月21日、フジテレビ) - 濱崎結夏 役(Wヒロイン)
土曜ドラマ 夫婦善哉(2013年8月24日 - 全4回、NHK) - 蝶子 役(W主演)
ラジオドラマ
岩井俊二プロデュース円都通信 ラジオドラマ第14回作品「東京安息日」(2006年4月29日 - 7月15日、JFN系列)- 藤平洋子 役(主演)
FMシアター「私は、先生」(2008年7月12日、NHK-FM) - 沢井美幸 役(主演)
■CM
大塚製薬 カロリーメイト 「マネージャー」篇 / 「マラソン大会」篇 (2000年)
大和證券グループ (2001年)
東芝 パラメロ (2001年)
GEコンシューマー・クレジット ほのぼのレイク(2002年)
NTT docomo 九州 (2004年)
ダスキン そうじって、いいかも 「結婚」篇 (2004年)
NTT東日本 フレッツ光 「結婚」篇 (2006年)
ロッテ ACUO 「フォーンブース」篇 (2006年)
ローソン おかいどくん 「からあげクン 1個増量」篇(2007年)
サッポロビール ヱビスビール 「お中元 義理がたい」篇(2007年)
KIRIN キリンビール キリン濃い味 糖質0 「愛情ごまごまバーグ」篇 / 「グレートカレーつけそば」篇(2012年3月 - )
P&G さらさ (2012年)
阿波座ライズタワーズ (2012年)
マツダ フレアワゴン 「グリーンストライプ」篇 / 「ピンクストライプ」篇(2013年4月 - )
その他のテレビ番組
第19回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品「政と官~政治主導の挑戦と敗北」(2010年11月1日、フジテレビ) - ナレーション
重力に逆らってまで~映画監督・西川美和が見た女子ウェイトリフティング~(2012年6月10日、NHK BS1) - ナレーション
BS1スポーツドキュメンタリー「あきらめない二人~激闘 しずちゃん密着1000日~」(2012年11月18日、NHK BS1) - ナレーション
■PV
藤岡正明「交差点」(2001年)
桑田佳祐「Yin Yang」(2013年)
オリジナルビデオ
Grasshoppa! SPECIAL「FROG RIVER」Vol.1 - 4(2001年-2003年、伊志嶺一監督)
インターネットムービー
ナショナルジオグラフィック日本版15周年記念 SPECIAL SITE - WEB MOVIE STORY.2「闘え、はるか!」(2010年、ナショナルジオグラフィックチャンネル)

【脚注】
■注釈
1. 東京ドラマアウォード2012で「家政婦のミタ」により脚本賞を受賞した遊川和彦は「うちの主役(松嶋菜々子)が、
主演女優賞を取れなかったのは残念。なぜなんだと思ったが、「カーネーション」の尾野さんならそれでいいと思いました。
本当に尾野さんはすばらしかったです」と主演女優賞を受賞した尾野真千子を称賛した[11]。

■出典
1. a b “尾野真千子:朝ドラヒロイン起用に感涙「30歳ですが、夢でした」 11年秋「カーネーション」”. まんたんウェブ. 毎日新聞. (2011年3月7日) 2012年11月21日閲覧。
2. ナツメのオミミ. テレビ朝日. 2012年5月26日放送.
3. 第4回おおさかシネマフェスティバルベストテン発表&表彰式より。
4. “第36回「放送文化基金賞」” (PDF) (プレスリリース), 放送文化基金, (2010年5月28日)
5. “2010年実績 / 東京ドラマアウォード”. 国際ドラマフェスティバル in TOKYO. 2012年11月21日閲覧。
6. “五條市名誉市民称号贈呈式” (PDF) (プレスリリース), 五條市, (2010年12月8日)
7. “受章者紹介” (PDF) (プレスリリース), 五條市, (2010年12月8日)
8. “ザテレビジョン ドラマアカデミー賞”. 角川マガジンズ (2012年5月2日). 2012年11月21日閲覧。
9. “「東京ドラマアウォード2012」受賞作品決定!”. 国際ドラマフェスティバル in TOKYO (2012年10月22日). 2012年11月21日閲覧。
10. “「家政婦のミタ」がグランプリで5冠! 東京ドラマアウォード2012発表”. シネマトゥデイ (2012年10月22日). 2012年10月23日閲覧。
11. “尾野真千子、「カーネーション」で主演女優賞受賞に涙! 「家政婦のミタ」松嶋菜々子は受賞ならず!”. シネマトゥデイ (2012年10月22日). 2012年11月21日閲覧。
12. “2013年エランドール賞 受賞者”. 日本映画テレビプロデューサー協会. 2013年1月19日閲覧。
13. 橋田賞:受賞者・作品決まる 毎日新聞 2013年3月30日閲覧
14. 「週刊ザテレビジョン2013 No.20」、角川マガジンズ、 34頁、2013年5月23日閲覧。
15. “第39回「放送文化基金賞」表彰対象について” (PDF) (プレスリリース), 放送文化基金, (2013年5月31日) 2013年5月31日閲覧。
16. “写真映画「ヤーチャイカ」”. 2013年4月6日閲覧。
17. “作品紹介「琥珀色のキラキラ」”. 若手映画作家育成プロジェクト. 2013年2月11日閲覧。
18. “プロフィール”. タカハタ秀太オフィシャルサイト. 2013年2月11日閲覧。

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 Text is available under GNU Free Documentation License.
尾野真千子を「ウィキペディア」で参照する