杏、「オケ老人!」で映画初主演 驚愕のバイオリン演奏披露

参照回数:190,358

【杏・オケ老人!/モデルプレス】女優のが、映画で初めて主演を務める。
初主演映画で、初めてバイオリン演奏に挑む(画像提供:ファントム・フィルム)【モデルプレス】
初主演映画で、初めてバイオリン演奏に挑む(画像提供:ファントム・フィルム)【モデルプレス】
映画「オケ老人!」(2016年公開)は、『ちょんまげぷりん』、『探検隊の栄光』など著書の映画化が相次いでいる作家・荒木源の同名小説が原作(小学館文庫刊)。主演のは、高校教師・小山千鶴を演じ、間違って入団してしまった老人だらけのオーケストラを最高のアマチュアオーケストラに導いていく。

意外にも同作が映画初主演となったは「初、主演という言葉は重いですが、人生の大先輩方のお力を借りて、頑張りたいと思います」と意気込んでいる。また、多忙なスケジュールを縫って、撮影に入る半年以上前から人生初のバイオリンの練習を開始。「楽器演奏に指揮に初チャレンジの多い作品ですが、愛すべきキャラクターが沢山いる原作です。本読みをしただけで笑いと涙が出てきました」と振り返るだが、その上達ぶりは1回目のレッスンから指導者を驚かせ、通常なら2~3年かかる基本的なボーイング(弓の扱い)など演奏の基礎をわずか1ヶ月で覚えていた。

杏の魅力にベタ惚れ

原作では男性が主人公だが、「主人公を女性に書き換えようという発想が生まれた瞬間、全員が思い描いたのがさんでした。彼女の底抜けに明るい笑顔と伸びやかな四肢を活かしてタクトを振る姿こそが老人達を叱咤激励していける唯一無二の存在であると確信したとき、この映画は動き出したのです」とプロデューサーの前田氏は、のポテンシャルを絶賛。細川徹監督も「さんは様々な素敵な作品を拝見していましたが、実際、お会いしてみると、作品の魅力もさることながら、ご本人の魅力がすごく大きいんだと実感しました。そんなさんと仕事ができるのが最高に楽しみです」と期待を寄せている。

さらに細川監督は「初稿を書いたのが、4年前。あれから回を重ねて、いくつもの偶然も重なり、時間をかけたからこそ生まれたアイデアもたくさんあり、4年かかったから、主役のさんをはじめ、最高のキャストが揃ったのだと、今、撮るべき映画だったんだなと思います」と自信を吐露。「オケ老人たちの音楽が本当に聞こえてきたら…。映画化を心待ちにしていました。可愛くてカッコいい最高のキャストを得て、素晴らしい作品になることを確信しています」と原作者・荒木氏は胸の内を明かした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 杏、「オケ老人!」で映画初主演 驚愕のバイオリン演奏披露
今読んだ記事

杏、「オケ老人!」で映画初主演 驚愕のバイオリン演奏披露

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事