西島秀俊、男女の恋愛の違いを語る「大切にしないとダメだ」

俳優の西島秀俊が、男女の恋愛への向き合い方の違いを語った。
西島秀俊、男女の恋愛の違いを語る「大切にしないとダメだ」【モデルプレス】
西島秀俊、男女の恋愛の違いを語る「大切にしないとダメだ」【モデルプレス】
西島秀俊
西島秀俊
西島は8日、都内で行われた映画「脳内ポイズンベリー」(5月9日公開)完成披露試写会に主演の真木よう子らと登場。同作は、真木演じる櫻井いちこのリアルな心情・脳内を擬人化によって描き出したラブコメディとなっているが、西島は作品を通して女性の考え方を学べたという。「勉強になりました。男性は付き合い始めると、すでに土台ができたと考えて、その後の付き合い方がおざなりになったりもするんですね。でも女性は関係が深くなれば、その分2人の関係性が更新されるんです。なので男性は、女性への一言一言を大切にしないとダメなんだと思いました」と自身の考えを明かしつつ、改まった考え方を披露した。

そんな西島だが、女性に対して願うことと言えば「思うがまま、自由に生きて欲しいです。いっぱい悩んで苦しんで、時には失敗もして、恋愛も仕事も大変だと思うけど、とにかく自由に生きて欲しいです」と集まった観客に向けてメッセージを送った。

映画「脳内ポイズンベリー」

映画「脳内ポイズンベリー」(5月9日公開)完成披露試写会(左から)桜田ひより、成河、吉田羊、神木隆之介、真木よう子、西島秀俊、浅野和之、古川雄輝、佐藤祐市監督
映画「脳内ポイズンベリー」(5月9日公開)完成披露試写会(左から)桜田ひより、成河、吉田羊、神木隆之介、真木よう子、西島秀俊、浅野和之、古川雄輝、佐藤祐市監督
原作は「失恋ショコラティエ」水城せとな氏原作の同名コミック。三角関係に悩む主人公・いちこの葛藤や悩みが脳内世界に繋がり、脳内メンバーが会議を巻き起こすという奇想天外の設定が斬新な新感覚ラブストーリー。西島は脳内メンバーとして、真木演じる櫻井いちこの「理性」役を演じる。「すごく芸達者な役者さんが揃いました。僕にとって大切な、愛すべき作品となりました」とアピールした。

イベントには他、吉田羊、神木隆之介、桜田ひより、浅野和之、古川雄輝、成河、佐藤祐市監督らが登場した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 西島秀俊、男女の恋愛の違いを語る「大切にしないとダメだ」
今読んだ記事

西島秀俊、男女の恋愛の違いを語る「大切にしないとダメだ」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事