波瑠、美脚チラ見せに「めっちゃ可愛い」の声殺到

参照回数:466,649

女優の波瑠に「めっちゃ可愛い」という声が殺到した。
映画「GODZILLA ゴジラ」公開に先駆けてトークイベントに出席した波瑠
映画「GODZILLA ゴジラ」公開に先駆けてトークイベントに出席した波瑠
21日、自身が日本語吹替を務める25日公開の映画「GODZILLA ゴジラ」に先駆けて、東京ミッドタウンで開催された“女子会”と称したトークイベントに出席した波瑠

ボタニカル柄のノースリーブのトップスに白のスカートを合わせて、美脚をチラ見せしたスタイルで登場すると、会場に集った100人あまりの女性から「めっちゃ可愛い」「スタイル良い」「細い」という歓声が殺到した。

今回の吹替の感想を尋ねられると波瑠は、「初めて吹替に挑戦して、すごく難しいなって。すでに完成された作品があったので、お芝居をするというよりも作業に近くて。皆さんにサポートしてもらって乗り越えられました」と感無量の表情を見せた。

また同作で芹沢博士を演じる俳優の渡辺謙とジャパンプレミアのレッドカーペットに登場したことについて、「声だけなので肩身が狭かったんですけど、(渡辺が)優しくしてくれて」とコメント。

そのほかにも登場する多数のイケメンキャストについても話が及ぶと、「ゴジラも好きですよ、顔小さくて」と会場の笑いを誘った。

5月16日より世界各国で公開された同作は、7月8日の時点ですでに世界興収累計500億円を突破。日本語吹替版では、渡辺演じる芹沢博士の日本語吹替を渡辺自身が担当するほか、芹沢博士と共にゴジラを追跡するアメリカ軍分析官の声を、ゴジラファンを自認する佐野史郎。さらに「ゴジラ対メガロ」「メカゴジラの逆襲」などに出演し、祖父・佐々木孝丸(『怪獣大戦争』)、父・千秋実(『ゴジラの逆襲』)とともに三代にわたりゴジラシリーズに縁のある俳優・佐々木勝彦がステンツ提督の声をつとめ、ゴジラシリーズDVDコメンタリーを担当するアナウンサー・倉敷保雄が複数の役で参加している。

同イベントには波瑠のほか、“芸能界最強肉食女子”として映画コメンテーターのLiLiCo、ゴジラ特別講師として佐野が出席した。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 波瑠、美脚チラ見せに「めっちゃ可愛い」の声殺到
今読んだ記事

波瑠、美脚チラ見せに「めっちゃ可愛い」の声殺到

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事