玉木宏「マレフィセント」越えに意欲

玉木宏、「マレフィセント」越えに意欲
玉木宏、「マレフィセント」越えに意欲
映画「幕末高校生」完成披露上映会の模様
映画「幕末高校生」完成披露上映会の模様
俳優の玉木宏が映画「マレフィセント」越えに意欲を見せた。 17日、都内で行われた映画「幕末高校生」完成披露上映会に出席。同作の主人公・勝海舟にちなみ“勝ちたいものは?”と聞かれると、玉木は「率直に言います!(興行成績で2週連続1位の)『マレフィセント』に勝ちたいです!」ときっぱり。約200媒体から取材を受け「観てもらうためにしっかりと宣伝してきました」と自信ものぞかせ「ランキングで1位を得られたらいいと思います」と語った。

“海上”より登場

同作は、1994年1月に放送された細川ふみえ主演の同名ドラマに着想を得て製作された時代劇コメディー。江戸を平和に導く幕末の英傑・勝海舟(玉木)の前に現代からタイムスリップしてきた高校教師(石原)や生徒たちが現われたことから、歴史が大変動を起こしてしまう危機を描く。

玉木はこの日、石原さとみ、川口春奈、千葉雄大、伊武雅刀、佐藤浩市ら共演者、李闘士男監督と東京湾を就航する観光船“海舟”号に乗り込み、甲板に広がる屋上デッキ上に勢ぞろいして海上から登場。石原は「久しぶりに船に乗りました。涼しくて気持ちよかったです」と笑顔を見せた。

映画「幕末高校生」は7月26日(土)より全国ロードショー。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 玉木宏「マレフィセント」越えに意欲
今読んだ記事

玉木宏「マレフィセント」越えに意欲

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事