田中圭、永野芽郁、 (C)モデルプレス

永野芽郁、田中圭から“秘密”暴露される 石原さとみも「芽郁ちゃん頑張ったねえ」<そして、バトンは渡された>

2021.10.05 22:27

永野芽郁田中圭石原さとみが5日、都内で行われた映画「そして、バトンは渡された」(10月29日公開)のジャパンプレミアに、共演の稲垣来泉、市村正親、メガホンをとった前田哲監督とともに出席した。

関連記事

  1. 田中圭、永野芽郁を「尊敬した」エピソードとは 撮影秘話明かされる<そして、バトンは渡された>
    田中圭、永野芽郁を「尊敬した」エピソードとは 撮影秘話明かされる<そして、バトンは渡された>
    モデルプレス
  2. 永野芽郁、田中圭のサプライズに「きゅ~んってしました」<そして、バトンは渡された>
    永野芽郁、田中圭のサプライズに「きゅ~んってしました」<そして、バトンは渡された>
    モデルプレス
  3. 読者が選ぶ「今年7~9月に公開されたおすすめの邦画」ランキング<1位~10位>
    読者が選ぶ「今年7~9月に公開されたおすすめの邦画」ランキング<1位~10位>
    モデルプレス
  4. 田中圭、理想の夫役に自画自賛「素が出たのかな」 中谷美紀も絶賛<総理の夫>
    田中圭、理想の夫役に自画自賛「素が出たのかな」 中谷美紀も絶賛<総理の夫>
    モデルプレス
  5. 田中圭、親バカぶり披露「天才や!と思って」5歳の娘をベタ褒め
    田中圭、親バカぶり披露「天才や!と思って」5歳の娘をベタ褒め
    モデルプレス
  6. 石原さとみ、“魔性の女ぶり”絶賛される 初シングルマザー役への向き合い方は?<そして、バトンは渡された>
    石原さとみ、“魔性の女ぶり”絶賛される 初シングルマザー役への向き合い方は?<そして、バトンは渡された>
    モデルプレス

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. 高橋恭平、アクションシーンに挑戦も所作がきれいすぎて注意「『アイドルになってるよ』と言われた(笑)」<マイホームヒーロー>
    高橋恭平、アクションシーンに挑戦も所作がきれいすぎて注意「『アイドルになってるよ』と言われた(笑)」<マイホームヒーロー>
    WEBザテレビジョン
  2. 春に向けて見逃せない映画の豪華ラインアップが続々! アカデミー賞受賞作や第1、2作の連続放送などのユニークな特集も
    春に向けて見逃せない映画の豪華ラインアップが続々! アカデミー賞受賞作や第1、2作の連続放送などのユニークな特集も
    WEBザテレビジョン
  3. あの、幾田りらとの“デデデデ”コラボ主題歌は「寝る時間も削って白目をむきながら書いた」
    あの、幾田りらとの“デデデデ”コラボ主題歌は「寝る時間も削って白目をむきながら書いた」
    WEBザテレビジョン
  4. 幾田りら&あの、“紅白出場歌手”2人の起用は2年半前から「すごく恵まれたキャスティング」原作者感謝<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    幾田りら&あの、“紅白出場歌手”2人の起用は2年半前から「すごく恵まれたキャスティング」原作者感謝<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  5. あの「“悪”幾田りらを引き出したい」コラボ曲制作秘話 音楽番組共演裏で会話録音も<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    あの「“悪”幾田りらを引き出したい」コラボ曲制作秘話 音楽番組共演裏で会話録音も<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  6. エマ・ストーン主演、映画「哀れなるものたち」の日本興行収入が4億2000万円を突破
    エマ・ストーン主演、映画「哀れなるものたち」の日本興行収入が4億2000万円を突破
    WEBザテレビジョン
  7. 漫画家・浅野いにお氏「原作者と映像化というものの関係性はすごく難しい」制作に深く関わった経緯明かす<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    漫画家・浅野いにお氏「原作者と映像化というものの関係性はすごく難しい」制作に深く関わった経緯明かす<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  8. 齋藤飛鳥、“泣きの演技”に監督手応え カメラマンも引き込まれすぎて「レールから落ちた」<映画 マイホームヒーロー>
    齋藤飛鳥、“泣きの演技”に監督手応え カメラマンも引き込まれすぎて「レールから落ちた」<映画 マイホームヒーロー>
    モデルプレス
  9. 「第47回 日本アカデミー賞」授賞式をTVerで生配信 高橋文哉ら新人俳優賞受賞者のインタビュー完全版などオリジナルコンテンツも順次配信
    「第47回 日本アカデミー賞」授賞式をTVerで生配信 高橋文哉ら新人俳優賞受賞者のインタビュー完全版などオリジナルコンテンツも順次配信
    WEBザテレビジョン

あなたにおすすめの記事