まつ毛の弱点を診断 「抜けやすい」「まつエクが長持ちしない」原因が判明

【まつ毛診断/モデルプレス】目もとがパッチリとしたメイクが流行していることから、あの手この手で目力を出そうとアイメイクに力を入れている女性は多いもの。長いまつ毛を作るマスカラにまつ毛エクステ、粘膜ギリギリのところまで引いたアイラインに陰影をつけて立体感を与えるためのアイシャドウ。すべてなら言うまでもなく1つでも毎日続けているとしたら、目もとに相当な負担がかかっているかもしれません。
まつ毛の弱点を診断 「抜けやすい」「まつエクが長持ちしない」原因が判明(Photo by milatas/Fotolia)
まつ毛の弱点を診断 「抜けやすい」「まつエクが長持ちしない」原因が判明(Photo by milatas/Fotolia)
知らず知らずのうちに弱っているまつ毛…あなたの目もとは大丈夫ですか?

「すぐにまつ毛が抜けやすい」「まつエクが長持ちしない」「目もとが疲れやすい」原因となるまつ毛の弱点を診断してみましょう。

目もとへの負担がまつ毛にダメージを与えていた…

□最近まつ毛が減ってきた
□まつ毛が抜けやすい
□まつエクが長持ちしない
□毎日欠かさずアイメイクをしている
□まつ毛のダメージが気になる
□アイメイクはしっかりやらないと不安
□目もと用のポイントメイク落としを使っていない
□目が疲れやすい
□アイメイクの色素沈着が気になる
□昔より目が小さくなった気がする

1つでも当てはまったら、目もとに負担をかけているサイン。一生付き合っていく目は、私たちにとって大事な存在。

アイメイクをまったくしないのはなかなか難しいからこそ、今すぐ目もとのケアを始めてみるのがおすすめです。

目もとが気になる人におすすめのケアとは


目薬に100年関わってきたロート製薬からアイスキンケア登場

2月1日、目もとケアに力を入れるロート製薬からアイメイクの進化にともない急増する女性の目もとのトラブルに着目して開発されたアイスキンケアブランド「mesiru(メシル)」が登場しました(一部先行発売)。

ロート製薬営業推進部・教育研修グループ東京学術チームの杉村ひろみさんによると、「日本人の女性の約83%が目にトラブルを抱えている(※)」とか。「目は、まつ毛やまぶたなどパーツとしてとらえるのではなく、目周り全体を意識してケアしていくことが大事」なんだそう。

毎日のクレンジングだけでは落としきれない目もとの汚れ(Photo by siro46/Fotolia)
毎日のクレンジングだけでは落としきれない目もとの汚れ(Photo by siro46/Fotolia)
現代女性の目もとが汚れる原因として挙げられるのが、「ほこり」「花粉」「ハウスダスト」「ペットの毛」「アイメイク」「タバコの煙」「PM2.5」「黄砂」「皮脂」「目ヤニ」など。

これらの目もと汚れの原因は、もはや生活していく上で避けられないもの。目もとケアの重要性がわかりますね。

「mesiru(メシル)」を全商品チェック


“アイスキンケアシャンプー”って何?

ロート製薬が提案する“アイスキンケア”とは、目が美しく健康であるために“瞳”だけをケアするのではなく、“まつ毛・まぶた”を含めたトータルケアとして“目もと”全体をケアすること。

目もとの環境を整え、まつ毛の毛根への栄養をしっかりと届けるケアをするきっかけとして、“アイスキンケアシャンプー”を提唱しています。

“アイスキンケアシャンプー”はまだまだ聞きなれない言葉ですが、目もとへの負担少なく、まつ毛のキワまで洗えるシャンプーです。メイクの洗い残しによる色素沈着やまつ毛の毛詰まりを予防できます。

(左から)「mesiru アイスキンケアシャンプー」と「mesiru アイスキンケアクリーム」(販売名:ロートアイスキンケアシャンプー、ロートアイスキンケアクリーム)
(左から)「mesiru アイスキンケアシャンプー」と「mesiru アイスキンケアクリーム」(販売名:ロートアイスキンケアシャンプー、ロートアイスキンケアクリーム)
ふんわりした泡で包み込んでメイク汚れを落とすので、目もとをゴシゴシこすれないまつ毛エクステをしている人にもピッタリ。まつ毛の根元は想像以上に汚れを溜め込んでいるとか。「まつエクが長持ちしない」という人の原因は、落としきれていない汚れにあるかもしれません。

汚れをきちんと落とすことで目もとへの負担も軽減。「かゆみ」「痛み」「腫れ」などの原因のケアや、まつ育、眼病予防、ドライアイ対策にもなるため、“アイスキンケアシャンプー”で目もと全体をケアし、そして健やかな状態を保つことで目もとの美と健康を叶えることができると言えそうです。

まつ毛の汚れが気になる


まつ毛エクステ・まつ毛パーマをしていてもケアできる

今回「mesiru(メシル)」から登場したのは、まつ毛美容液成分+うるおい成分配合の“洗うまつ毛美容液”「mesiru アイスキンケアシャンプー」と、まつ毛を育てるのに欠かせない目周りの血流を促進し土台からケアする、まぶたとまつ毛のための塗るクリーム「mesiru アイスキンケアクリーム」の2点。

まつ毛の汚れを落としきることが大切(C)モデルプレス
まつ毛の汚れを落としきることが大切(C)モデルプレス
皮膚が薄い目もとでも低摩擦で洗えるようにこだわり抜いた泡が、しっかりと汚れを落としていく「mesiru アイスキンケアシャンプー」に対して、まぶたをマッサージすることで血行促進されたまつ毛の根元の毛母細胞に栄養を与える働きをするのが、「mesiru アイスキンケアクリーム」。

目もとをトータル的にケアするためにも、「mesiru アイスキンケアシャンプー」と「mesiru アイスキンケアクリーム」は両方使いがおすすめ。

アイスキンケアブランド「mesiru(メシル)」
アイスキンケアブランド「mesiru(メシル)」
PLAZA、LOFT、ドン・キホーテにて先行発売となっている「mesiru(メシル)」は、3月14日より全国展開を予定しています。

すでにSNSでは、「こんなの待ってた」「早く全国展開してほしい」「パッチリ目もとを作りたい」という声が続出。

どちらもまつ毛エクステ・まつ毛パーマをしていても使用できるので、未来の目もとのためにも今すぐ始めたい習慣ですね。

今すぐ始めたい!目もとのトータルケア


“アイスキンケア”を新習慣に

“アイスキンケア”習慣で目もとからキレイな瞳に(Photo by milatas/Fotolia)
“アイスキンケア”習慣で目もとからキレイな瞳に(Photo by milatas/Fotolia)
目もとの印象一つで顔のイメージはだいぶ変わるもの。いつまでも美しい目もとをキープするためにも目もとのケアは早く始めるのがおすすめです。

今ケアを行うかどうかで、まぶたの印象やまつ毛の寿命が変わるとしたら、おしゃれ女子ほど気になる“アイスキンケア”。自分の目もとを守れるのは自分だけだからこそ、あなたも始めてみませんか?(modelpress編集部)[PR]提供元:ロート製薬株式会社

(※)ロート製薬株式会社調べ
(※)効果には個人差があります
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - まつ毛の弱点を診断 「抜けやすい」「まつエクが長持ちしない」原因が判明
今読んだ記事

まつ毛の弱点を診断 「抜けやすい」「まつエクが長持ちしない」…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「美容」カテゴリーの最新記事