『13の理由』ライアン役トミー・ドーフマン、共演のケイト・ウォルシュから多くを学んだ

自殺をテーマに、悩める10代の若者たちを描いた米Netflixのドラマシリーズ『13の理由』でライアン役のトミー・ドーフマンがシーズン2を振り返り、共演者のベテラン俳優ケイト・ウォルシュから多くを学んだと米Hollywood Reporterのインタビューで語った。 シーズン2で…

関連記事