「日曜日の初耳学」にチームラボ代表の猪子寿之氏が登場した

年間来館者230万人「チームラボ」猪子寿之が大人気アートミュージアムに込めた思い「体を通して“認識”する場を」

2022.07.03 22:49
0
0
「日曜日の初耳学」にチームラボ代表の猪子寿之氏が登場した

年間230万人が来場し、“単一アート・グループとして世界で最も来館者が多い美術館”としてギネス認定されているデジタルアートミュージアム「エプソン チームラボボーダレス」。その仕掛人であり世界を魅了するデジタルアートのカリスマ、「チームラボ」代表の猪子寿之さんが7月3日放送の「日曜日の初耳学」(MBS/TBS系)に出演。林修を聞き役に、アートの可能性や、“チーム”として作品を生み出す理由について語った。

全ての人に“体”を通して世界を認識してほしい

2018年にオープンした「エプソン チームラボボーダレス」は、世界の最も優れた文化的施設に贈られる「ティア・アワード」を受賞するなど、世界が注目する最先端アートの発信地だ。

目で見て楽しむだけでなく、映像の下に立つと映像が人の形に合わせて変化するなど、“体感”できるのがこのミュージアムの魅力。猪子さんは、展示作品の狙いを「全ての人に“創造することはすごく楽しい”という体験をしてもらいたいと思っているんです」と話す。

複雑で立体的なものを見て体感することは、脳にも大きな影響を与えるという。猪子さんは「イノベーションを起こすとか創造的な結果を出すといったことに対して、実は脳の空間把握能力がすごく相関関係があると言われているんです。空間把握能力には脳の海馬が非常に影響しているということが分かっているんですけど、平面的な空間で育ったネズミと複雑で立体的な空間で育ったネズミを比べると、後者の方が海馬の神経細胞が4万個増え、脳の体積も15%増えているんです」と説明する。

現代人は、より平面的な世界で生きている、と猪子さんは感じている。「放っておくとテレビを見たり、スマホを見たり、本を読んだり…“頭”だけで世界を知ったつもりになっていく」と猪子さん。現代人にありがちな、そうした認識の仕方に疑問を感じた猪子さんは「全ての人が複雑で立体的な空間で“体”を通して認識する場を作りたい」という思いから、アートミュージアムを作ったのだという。

「チームラボ」がチームで作品を発表する理由

「チームラボ」の作品には、個人名のものは一切ない。どの作品も、デザイナーやエンジニアの他、数学者や建築家といった異分野の専門家も加わった“チーム”として生み出されたものだ。

「チームラボ」としての作品発表にこだわる理由について「単純に、一人では作れないと思ったんですね。専門家が集まってモノを作っていく、ということをしたかったんです。その名前でやること自体が、集団的創造でモノを作っていく時代だっていうメッセージでもあって」と猪子さんはいう。

世界基準ではすでに、チームで働くことが重要視されてきている。猪子さんは、日本で“チームで働くこと”がなかなか重要視されない背景には、同質(同じであること)を重視する文化がある、と考える。「同質を求めるとチームは作りにくいんです。同質だとチームを作る意味がないですね。長所が多様であるほど、短所が多いほどチームを作る意味があります。どんどん物事が複雑になっていて、一人が全部の専門性を習得するっていうことは不可能になってきていると思うんです」という指摘には、スタジオからも納得の声が上がった。

「自分にとって意味があることを」の一心で

猪子さんは2001年、東京大学在学中に友人と「チームラボ」を創業。以来、Web開発で資金を稼ぎながら自分たちの目指すアートに情熱を注いできた。活動が世界に評価されるようになった今、その“自分たちの目指すアートを”という歩みは正しかったと感じている。

「自分にとって意味があると思えることをやれたのが良かったと思っているんです。自分にとって意味があれば、うまくいかなくても評価されなくても続けられる。評価のために生きるっていうのは短期的な消耗戦になってしまう気がするんですね。評価されようがなんて言われようが、自分にとって意味があるのであまり関係ないと思えたことが良かったし、すごくラッキーだったなと思っています」。猪子さんは、しみじみとそう振り返った。

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. 松井玲奈、大粒の涙…新型コロナ感染中の思い吐露「人生の中では一番苦しいぐらいの数日間」
    松井玲奈、大粒の涙…新型コロナ感染中の思い吐露「人生の中では一番苦しいぐらいの数日間」
    WEBザテレビジョン
  2. ジャニーズWEST中間淳太 “探偵”イメージの細身スーツで「小説現代」表紙に!推しミステリから自身の創作活動まで明かす
    ジャニーズWEST中間淳太 “探偵”イメージの細身スーツで「小説現代」表紙に!推しミステリから自身の創作活動まで明かす
    WEBザテレビジョン
  3. 瀬戸朝香、“なかなか良い感じ”7歳長女によるメイクSHOTに反響「優しくて自然な感じすごくいい」「娘さんお上手!」
    瀬戸朝香、“なかなか良い感じ”7歳長女によるメイクSHOTに反響「優しくて自然な感じすごくいい」「娘さんお上手!」
    WEBザテレビジョン
  4. アンジャッシュ児嶋一哉、YouTuberかす、伶、少し大人な「今日好き」の恋愛見届け人に<明日も好きでいて、いいですか?>
    アンジャッシュ児嶋一哉、YouTuberかす、伶、少し大人な「今日好き」の恋愛見届け人に<明日も好きでいて、いいですか?>
    WEBザテレビジョン
  5. 平祐奈、美しすぎる真っ白な袴姿のSHOT公開にファン「神々しいお姿」「可愛い過ぎる!」
    平祐奈、美しすぎる真っ白な袴姿のSHOT公開にファン「神々しいお姿」「可愛い過ぎる!」
    WEBザテレビジョン
  6. A.B.C-Z×「NO MUSIC, NO IDOL?」ポスター第2弾のビジュアル解禁!ファン応募によるモザイクアートはタワレコ全店で公開
    A.B.C-Z×「NO MUSIC, NO IDOL?」ポスター第2弾のビジュアル解禁!ファン応募によるモザイクアートはタワレコ全店で公開
    WEBザテレビジョン

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 『キングオブコント2022』ファイナリスト紹介~吉本外からの刺客4組
    『キングオブコント2022』ファイナリスト紹介~吉本外からの刺客4組
    クランクイン!
  2. 藤森慎吾の愛車ベンツ・ゲレンデに同乗マギーが大興奮「めっちゃいい。シートも全然違う」
    藤森慎吾の愛車ベンツ・ゲレンデに同乗マギーが大興奮「めっちゃいい。シートも全然違う」
    ENCOUNT
  3. 【RIZIN】榊原信行CEO、違法動画撲滅へ徹底抗戦「アップローダーはその覚悟で向き合って」
    【RIZIN】榊原信行CEO、違法動画撲滅へ徹底抗戦「アップローダーはその覚悟で向き合って」
    ENCOUNT
  4. ヒカル、元乃木坂46・松村沙友理と破局? 「今フリーやねん」「別れた」
    ヒカル、元乃木坂46・松村沙友理と破局? 「今フリーやねん」「別れた」
    Sirabee
  5. Nissy、3年ぶりとなる5大ドームツアーチケット、即日完売!
    Nissy、3年ぶりとなる5大ドームツアーチケット、即日完売!
    ジェイタメ
  6. adieu(上白石萌歌)、初ツアーが東京にて開幕!
    adieu(上白石萌歌)、初ツアーが東京にて開幕!
    ジェイタメ
  7. Cornfield slaying stumps, fatal gold lust, naked escapee
    Cornfield slaying stumps, fatal gold lust, naked escapee
    ENCOUNT
  8. 坂元誉梨「初めてバラ鞭は楽しかったですね(笑)」最新DVDは攻めたり攻められたり、女子高校生時代の回想シーンも
    坂元誉梨「初めてバラ鞭は楽しかったですね(笑)」最新DVDは攻めたり攻められたり、女子高校生時代の回想シーンも
    WEBザテレビジョン
  9. 日向坂46・四期生、3人目・正源司陽子のプロフィールが公開
    日向坂46・四期生、3人目・正源司陽子のプロフィールが公開
    WWS channel

あなたにおすすめの記事