山田孝之「勇者ヨシヒコ」続編は「頭を抱えるような事を…」 4年ぶりの集結に自信<コメント到着>

0
先日発表されたテレビ東京の人気ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの最新作「勇者ヨシヒコと導かれし七人」が、このほどクランクインを迎えた。撮影は、第1弾「勇者ヨシヒコと魔王の城」、第2弾「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」でもおなじみの山形。4年ぶりの続編となった主演の山田孝之は「実際現場に入って芝居してみると、4年経っていても、その時間が一気に『パッ』と無くなり、連携具合というか、ボケと突っ込みとかがいつもどおりの感じで始まりました」と変わらぬ空気感を紹介した。
「勇者ヨシヒコ」3年ぶりの続編がクランクイン(C)「勇者ヨシヒコと導かれし七人」製作委員会
「勇者ヨシヒコ」3年ぶりの続編がクランクイン(C)「勇者ヨシヒコと導かれし七人」製作委員会

山田孝之「どんどん面白くなるな」

また、前作から時間が空いたことが功を奏したようで、「今回しっかりと時間を取って準備が出来たので上手く進んでいます」と順調ぶりを告白。シリーズを通じて様々なゲストが出演してきているが、「今回は『勇者ヨシヒコ』という世界観の中でカブせるネタはカブせたり、また新たな事をやったり、プロデューサー陣が皆、頭を抱えるような事を台本でどんどん入れていったりして(笑)。でもそういうのがどんどんクリアになっていっているので、これはどんどん面白くなるなって思っています」と自信をあらわにした。

木南晴夏&ムロツヨシ、楽しみだった続編にプレッシャー?

ムラサキ役の木南晴夏は、「第2弾が終わった時点から第3弾をやりたいっていうのは聞いていたので、もっとすぐやると思っていましたけど、このタイミングでビックリしました」と月日の経過や、「プライベートでもほぼほぼ皆に何年も会ってなかったので大丈夫かなって」とチームワークへの不安もあったようだが、「初日の最初の2時間位でなれましたね。もう、感覚的に『あっ、そういえばこんな感じだった』みたいな」と再スタートに曇りがないよう。

同じく「前作が終わった時に、もう率直に『コレで終わる訳は無いな』と思ってたので、後はタイミングだけの問題だと思いました」と3作目に期待していたメレブ役・ムロツヨシも、「第1弾から第2弾にかけては確か1年位しか空いて無かったと思うんですよ。だからなんのブランクも無かったんですけど、さすがに4年たったらなんか思い出す作業が必要になるのかなと思って衣裳着て4人で並んだら、一切思い出す必要は無かったですね」と良いスタートが切れたことを明かした。

しかし、2人とも「ずっと続編やらないんですかって言ってくださる方が沢山いて。すごい楽しみにされている方が多いと思うんです。なんか期待されすぎると怖いけど…」(木南)、「第2弾から4年空いたという所で、期待がすごく高いのをヒシヒシと感じております」(ムロ)とプレッシャーも感じていることを吐露。だが、山田と同様にすでに手応えを感じているようで「その期待に応えられるくらい今回もとっても面白くなってると思います」(木南)、「その期待に応える、大きく超える そして裏切る準備が既に出来ております。ですので大いに期待して頂いて、こちらも大いにスカしてみせたいと思いますし、しっかりお応えしたい」(ムロ)とコメントした。

「全身全霊でバカバカしさを探求」

「あんなバカバカしい作品をまたまた作るなんて」とテレビ東京の懐ろの深さと勇気を感じました」と感服する仏役・佐藤二朗は、「全身全霊でバカバカしさを探求したいと思います」と意気込む。

自身が演じるダンジョー役のルックスを楽しんでいるという宅麻伸は、「第3弾をやると聞いて、『また馬鹿な事を』と思いました。でもどこかで楽しみにしている自分がいて。やっぱりちょっと毒されてきている所はあります(笑)」とすっかり魅力に取り憑かれている様子。「確実に年は重ねていますからね。そう還暦になっちゃったから疲労回復にはちょっと時間がかかるかなっ」と笑い飛ばしながらも「是非今までよりパワーアップした「勇者ヨシヒコ」を観てもらいたい」とアピールした。

さらに、山田・ムロと時々会っていた福田雄一監督は、「ヨシヒコ一行のお芝居もずっとやってきた感じで。ゲストの俳優さんが来て』わ!本物だ!』って言ってくれると、なんだか年月を感じます」と率直にコメント。撮影終わりで山田くんが焼肉食べながら『面白いシーン撮って美味い山形牛食って!最高ですね!」って言ってたのが、とても幸せでした」と嬉しそうに振り返っていた。(modelpress編集部)

山田孝之コメント

山形に来た時は嬉しかったです。なんか戻ってきた感があって。実際現場に入って芝居してみると、4年経っていても、その時間が一気に「パッ」と無くなり、連携具合というか、ボケと突っ込みとかがいつもどおりの感じで始まりました。第3弾では、前回時間の関係で出来なかった事もしっかり練った状態で出来たらと思っていました。今回しっかりと時間を取って準備が出来たので上手く進んでいます。

勇者ヨシヒコは過去2作品もそうですけど、盗賊だったりゲストだったり色んな所で、よく出演してくれたなっていうような方々がいっぱい出てきてくれますし、今回は「勇者ヨシヒコ」という世界観の中でカブせるネタはカブせたり、また新たな事をやったり、プロデューサー陣が皆、頭を抱えるような事を台本でどんどん入れていったりして(笑)。でもそういうのがどんどんクリアになっていっているので、これはどんどん面白くなるなって思っています。

木南晴夏コメント

第2弾が終わった時点から第3弾をやりたいっていうのは聞いていたので、もっとすぐやると思っていましたけど、このタイミングでビックリしました。プライベートでもほぼほぼ皆に何年も会ってなかったので大丈夫かなって不安だったんですけど、初日の最初の2時間位でなれましたね。もう、感覚的に「あっ、そういえばこんな感じだった」みたいな。4年間空いてしまったんですけど、ずっと続編やらないんですかって言ってくださる方が沢山いて。すごい楽しみにされている方が多いと思うんです。なんか期待されすぎると怖いけど、でもその期待に応えられるくらい今回もとっても面白くなってると思います。

ムロツヨシコメント

前作が終わった時に、もう率直に「コレで終わる訳は無いな」と思ってたので、後はタイミングだけの問題だと思いました。僕もメレブはもう一度やらないと気が済まないと思ってましたので、率直に嬉しかったですね。第1弾から第2弾にかけては確か1年位しか空いて無かったと思うんですよ。だからなんのブランクも無かったんですけど、さすがに4年たったらなんか思い出す作業が必要になるのかなと思って衣裳着て4人で並んだら、一切思い出す必要は無かったですね。ブランクとか無かったっていうのがすぐわかりました。宅麻さんも含めて、木南と隣で目を合わせて「大丈夫だな、コレ」って。

第2弾から4年空いたという所で、期待がすごく高いのをヒシヒシと感じております。その期待に応える、大きく超える そして裏切る準備が既に出来ております。ですので大いに期待して頂いて、こちらも大いにスカしてみせたいと思いますし、しっかりお応えしたいと思っております。

佐藤二朗コメント

あんなバカバカしい作品をまたまた作るなんて、テレビ東京の懐ろの深さと勇気を感じました。全身全霊でバカバカしさを探求したいと思います。

宅麻伸コメント

第3弾をやると聞いて、「また馬鹿な事を」と思いました。でもどこかで楽しみにしている自分がいて。やっぱりちょっと毒されてきている所はあります(笑)。このダンジョーの格好、ルックス結構楽しんでます。特にこの風景の中に入ってると、4年ぶりっていう感じがしないんです。でも確実に年は重ねていますからね。そう還暦になっちゃったから疲労回復にはちょっと時間がかかるかなっ(笑)。視聴者の方も楽しみにしてくれていると聞いて、非常に嬉しいし、是非今までよりパワーアップした「勇者ヨシヒコ」を観てもらいたい。楽しみにしていて下さい!
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 山田孝之「勇者ヨシヒコ」続編は「頭を抱えるような事を…」 4年ぶりの集結に自信<コメント到着>
今読んだ記事

山田孝之「勇者ヨシヒコ」続編は「頭を抱えるような事を…」 4年…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事