石原さとみ、小悪魔になる方法とは

参照回数:341,504

ドラマの小悪魔役について語った石原さとみ
ドラマの小悪魔役について語った石原さとみ
ドラマ「失恋ショコラティエ」の制作発表の様子(左から)石原さとみ、水原希子、有村架純
ドラマ「失恋ショコラティエ」の制作発表の様子(左から)石原さとみ、水原希子、有村架純
女優の石原さとみが、ドラマの小悪魔役について語った。 27日に放送されたフジテレビ系「笑っていいとも!」テレフォンショッキングに出演した石原。現在、出演している月9「失恋ショコラティエ」についてトークを展開した。

“小悪魔”を研究中

同ドラマで石原は、松本潤演じる完全無欠の片思イスト・小動爽太(こゆるぎそうた)を惑わし続ける“最強天然系小悪魔”の高橋紗絵子を演じている。そのため、小悪魔を演じられるように研究していると明かし、「女性誌をものすごく読みました。ファッションやメイクだけではなく、モデルさんのポーズを見てほっぺたのここに手を置くと可愛くみえるんだとか」と熱心に説明した。

また、タモリに“女性の可愛いリアクションは全部演技でしょ”と突っ込まれると、「可愛くみせるように頑張っていて、最初は意識していたことが段々無意識になるんだと思います」と女心を代弁。先週、テレフォンショッキングの電話を受け取ったときも、朝からドラマの撮影で小悪魔を演じていたため、「タモさんの電話を取ったときも声が高くなってしまった。普段の生活に(小悪魔の役を)引きずっています」と正直に語った。

石原さとみの苦労話

石原は、「漫画が原作なのでイメージは出来ているのですが、監督にもっとぶりっ子って言われるんですよ」とぶりっ子を演じることに苦戦している様子。そのようなときは、「撮影が一緒の水川あさみさんと松本潤さんに助けを求めます。この前は、2人が考えてくれ、セリフの後に“プンプン”って言葉を付け足しました」とコメント。それを本番で実践し、監督が爆笑してOKを出してくれたという。

そのほか、1日にチョコレート20個ぐらい食べている話や、石原の唇は芸能界で一番柔らかいことについてトークを繰り広げた。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 石原さとみ、小悪魔になる方法とは
今読んだ記事

石原さとみ、小悪魔になる方法とは

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事