PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS 笠原桃奈(公式YouTubeより)

PRODUCE 101 JAPAN「世界のテッペンを取る」注目度No.1・元アンジュルム笠原桃奈ってこんな子

2023.09.26 11:42
提供:ENTAME next

日本最大級のサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」(通称:日プ)の第三弾であり、初のガールズグループオーディションとなる「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」(通称:日プ女子)の参加者が発表された。

「練習生」と呼ばれる101人のオーディション参加者がトレーニングと様々なテストに取り組み、「国民プロデューサー」と呼ばれる視聴者の投票でデビューメンバーが決定する同オーディション番組。

「Nizi project」や「Girls planet 999」といったオーディション番組出身者や元K-POPアイドルなどが集まるなか、1分間PR動画の再生数が1位で最も注目を集めていると言えるメンバーが、笠原桃奈(かさはら ももな)だ。

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・アンジュルムの元メンバーである笠原桃奈は、2016年7月に12歳という若さでデビューし、5年間アンジュルムとして活躍してきた。しかし、2021年11月に卒業してから、その後の動向は一切知らされていなかった。

卒業発表時、『私は新しい大きな夢のために、一度芸能界を離れ一人で進む決断をしました。

卒業後は夢を実現するために、海外に身を置き、改めて歌やダンスを学びます。

そこで視野を広げ、ステージの上での在り方を磨きたいと思っています。

無謀じゃないかと自分の中で葛藤しながら沢山考えた末、決めた事です。』

とブログで綴った笠原。

このブログの内容から、音沙汰のなかった2年間は海外で歌とダンスを学んでいたのだと推測できる。そして今回、日プ女子への参加を決めた。“有言実行”と言うように表舞台に戻ってきた笠原の姿を見て、喜んだファンも多い。

20歳~25歳くらいでグループを卒業するメンバーが多いハロー!プロジェクト。そんな中で、笠原は17歳で自分の道を決めた。そして、自分の決めた道を今なおまっすぐ歩んでいると証明した今回のオーディションへの参加。その姿をかっこ良いと感じつつ、思い返せばアンジュルム時代も確かに自身の“芯”を大切にしていたイメージがある。「赤リップ事件」と言われている笠原にまつわるエピソードを紹介しよう。2018年、当時14歳だった笠原が、アンジュルムのお姉さんメンバーたちに憧れて赤リップを塗ったところ、一部のファンから「濃すぎる」と批判されてしまった。

しかし、それを聞いた当時のリーダー和田彩花(わだ あやか)がライブでの挨拶で「メンバーが周りの目を気にせず自分の好きなリップを使ったり、メイクをできれば良い。アイドルは良いとされる型がある訳ではないし、型にハマることが正しいわけでもない」とコメント。さらに他のメンバーも髪を緑に染めたり赤リップを塗ったりするなど、当時最年少だった笠原のことを全員でフォローをしていた、という出来事だ。

もちろんリーダーの和田や周りのメンバーも素敵だと思うエピソードなのだが、その後もめげずに自分のオシャレを貫いた笠原も素晴らしい。このエピソードがあってのことか分からないが、現在のアンジュルムはミュージックビデオやコンサートでも各々好きなリップをし、オシャレを楽しんでいる。

また、ハロープロジェクトでは卒業時、卒業メンバーはメンバーカラーのドレスを着用することが多いが、笠原はブラックのパンツスーツで登場した(ちなみに、笠原のメンバーカラーはホットピンクであった)。前髪はセンター分けにし、ストレートヘアを低い位置で一つにまとめ、“かわいいアイドル”像とはかけ離れたスタイリッシュでクールな姿を見せていた。背が高くスタイルの良い笠原だからこそ着こなせるそのスタイルに、ファンは大絶賛した。最後まで、自分のスタイルを貫いたのだ。

9月4日に投稿された1分間PRでは、『世界のテッペンを取るつもりです』とコメントしていた笠原。サバイバルオーディションでどんな試練が待ち受けているかは分からないが、きっと乗り越えられる、どんなことがあっても「世界のテッペンをとる」という夢に向かって進んでくれると思わせるのが笠原桃奈だ。

アンジュルム卒業後に鍛えてきた歌とダンスで、所属していた頃とはまた違うであろうパフォーマンスを見られるのも楽しみだ。

関連リンク

関連記事

  1. SKE48 古畑奈和、「自分は誰かの役に立てている」10年突き進んだ"アイドル"という職業
    SKE48 古畑奈和、「自分は誰かの役に立てている」10年突き進んだ"アイドル"という職業
    ENTAME next
  2. 美女コスプレイヤー・蒼猫いな、フェチ感じる衣装で美スタイル完全解禁【写真10点】
    美女コスプレイヤー・蒼猫いな、フェチ感じる衣装で美スタイル完全解禁【写真10点】
    ENTAME next
  3. 10年ぶりの写真集、中川翔子「過去最大の露出に挑戦したきっかけは江頭2:50さんの一言」
    10年ぶりの写真集、中川翔子「過去最大の露出に挑戦したきっかけは江頭2:50さんの一言」
    ENTAME next
  4. 中川翔子、すべてを出した10年ぶり写真集を語る「血管を褒められる体験は初」
    中川翔子、すべてを出した10年ぶり写真集を語る「血管を褒められる体験は初」
    ENTAME next
  5. 桃月なしこ、話題のフォトスタイルブックからナチュラルな白ランジェリーショット公開
    桃月なしこ、話題のフォトスタイルブックからナチュラルな白ランジェリーショット公開
    ENTAME next
  6. 似鳥沙也加、まん丸バストを置きパイした泡風呂グラビアに「キュンが止まらない」
    似鳥沙也加、まん丸バストを置きパイした泡風呂グラビアに「キュンが止まらない」
    ENTAME next

「音楽」カテゴリーの最新記事

  1. 「CDTVライブ!ライブ!」2時間SP、GENERATIONS数原龍友・緑黄色社会・=LOVEら出演アーティスト&楽曲発表
    「CDTVライブ!ライブ!」2時間SP、GENERATIONS数原龍友・緑黄色社会・=LOVEら出演アーティスト&楽曲発表
    モデルプレス
  2. 【インタビュー】安田レイ、ジェルネイルへの思いを語る!「劇場版 君と世界が終わる日に FINAL」挿入歌『Ray of Light』のテーマとは・・・
    【インタビュー】安田レイ、ジェルネイルへの思いを語る!「劇場版 君と世界が終わる日に FINAL」挿入歌『Ray of Light』のテーマとは・・・
    WWS channel
  3. 【何観る週末シネマ】親世代の不祥事が子世代にもたらす影響をサイコスリラー風味で描いた『マッチング』
    【何観る週末シネマ】親世代の不祥事が子世代にもたらす影響をサイコスリラー風味で描いた『マッチング』
    ENTAME next
  4. SHINee、集大成かつ新たな一歩を踏み出した6年ぶりの東京ドーム公演レポート「SHINeeただいまー!」
    SHINee、集大成かつ新たな一歩を踏み出した6年ぶりの東京ドーム公演レポート「SHINeeただいまー!」
    WEBザテレビジョン
  5. 乃木坂46のデビューを祝う「乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE」が「Lemino」にて生配信決定
    乃木坂46のデビューを祝う「乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE」が「Lemino」にて生配信決定
    WEBザテレビジョン
  6. いい人に出会ったけど居心地が悪い、婚活の悩みはつきない『婚活1000本ノック』
    いい人に出会ったけど居心地が悪い、婚活の悩みはつきない『婚活1000本ノック』
    ENTAME next
  7. ME:I、デビューシングルは「MIRAI」に決定 アー写&ジャケ写も解禁
    ME:I、デビューシングルは「MIRAI」に決定 アー写&ジャケ写も解禁
    モデルプレス
  8. ももいろクローバーZ、「オダイバ!!超次元音楽祭 フユフェス2024」で大トリを務める
    ももいろクローバーZ、「オダイバ!!超次元音楽祭 フユフェス2024」で大トリを務める
    WEBザテレビジョン
  9. INI、初の単独ドーム開催で7万人を動員 ⻄洸⼈「僕たちに出会ったことを後悔させないよう幸せに導きます」
    INI、初の単独ドーム開催で7万人を動員 ⻄洸⼈「僕たちに出会ったことを後悔させないよう幸せに導きます」
    WEBザテレビジョン

あなたにおすすめの記事