大原櫻子、“サクの日”に5周年記念イベント開幕 ファンとハイタッチ

【大原櫻子/モデルプレス=3月10日】歌手で女優の大原櫻子が9日、6日発売のベストアルバム「CAM ON!~5th Anniversary Best~」の発売記念イベントを東京・ららぽーと豊洲 シーサイドデッキメインステージで行った。
大原櫻子/撮影:Shinichi Kawashima
大原櫻子/撮影:Shinichi Kawashima

大原櫻子、デビュー5周年記念ベスト発売記念イベント

このイベントは発売記念であり、デビュー5周年を感謝するイベントで、フリーライブにプラスして会場でCDを購入した方を対象にハイタッチ会、更には抽選で5名様とサイン会も行うボリューム満点のイベント。しかも、この日はファンが毎年「サクの日」として盛り上がる3月9日。そのため、多数のファンが約1000名の優先エリアに入るために早朝から人が並び、大勢の観客で溢れかえった。

大原櫻子/撮影:Shinichi Kawashima
大原櫻子/撮影:Shinichi Kawashima
大原櫻子/撮影:Shinichi Kawashima
大原櫻子/撮影:Shinichi Kawashima
イベントがスタートして本人が登場すると「5周年おめでとう!」というメッセージを中心として割れんばかりの歓声が沸き起こった。本人は登場して「5周年記念という事で各地回らせて頂きます。今日は初日東京よろしくお願いします」と挨拶をし、1曲目はデビューシングル「明日も」のベストアルバム用に新録したReprise version(リプリーズバージョン)からスタート。オリジナルとは違った、アコースティックテイストなアレンジと躍動感あふれる歌唱に会場は盛り上がり、春を感じされる日差しの中で躍動する大原のパフォーマンスに大きな拍手も。「今日は皆さん、朝早くから沢山の方に並んで頂いたとの事で。ありがとうございます」「お陰様で5周年を迎える事ができました」と感謝を伝え、会場との掛け合いトークなども行い2曲目へ。

こちらもReprise versionの「ちっぽけな愛のうた」。ファンの中でも屈指の人気を誇るこのバラードナンバーをデビュー当時とはとは違った力強い歌唱で披露し、より歌詞を聴かせるパフォーマンスとなり会場では感激のあまり涙ぐむファンも。3曲目はこの季節に合うReprise versionの「卒業」を赤いタンバリンを持ち、ステージを駆け回って大きく盛り上げて歌唱は終了となった。

イベントの様子/撮影:Shinichi Kawashima
イベントの様子/撮影:Shinichi Kawashima
各フリーライブ後に5周年に因んだ5名様サイン会用の抽選をステージ上で行い、更には自身のSNS用に会場のお客さんをバックに観客と「サク(3/9)の日!」の合唱を動画撮影してステージは終了。フリーライブ終了後は会場でハイタッチ会を行い、イベント全体が終了となった。

この後、10日に大阪、16日の福岡、17日の名古屋、20日の札幌と感謝イベントが続いていく。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 大原櫻子、“サクの日”に5周年記念イベント開幕 ファンとハイタッチ
今読んだ記事

大原櫻子、“サクの日”に5周年記念イベント開幕 ファンとハイタ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事